ディープ・ダンジョン〜夕庵〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Iron Horse , Iron Terror・その5

<<   作成日時 : 2018/05/15 21:41   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 初日より二日目、二日目より三日目と、この旅の起床時間はどんどん狂気じみて早くなっていく。しかしゴールデンウィークの旅において周囲の機先を制しようとするならば、どうしてもそういう方向にもっていかざるを得ない。今日は上高地に行く。それだけなら別に早起きする必要はないのだけれど、その後、名古屋まで低廉に移動しようとすると高山本線を鈍行で南下するか、さもなくば高速バスを使うかの選択を迫られることになる。別に高山本線がダメと言うわけではないけれど、高速バスなら東海北陸道から長良川鉄道の多くの駅を集められるので高速バスの方が良い。高速バスを使うなら、早い時間帯に移動を済ませないと渋滞につかまるというわけで、早朝4時前の起床となった。

画像


 今回はいつもと趣向を変え、大正池でバスを降りた。ここから梓川沿いをのんびりと歩き、合羽橋のあたりまで向かう。河童橋スタートで明神まで行く、あるいは肉の味を倍にするニリンソウが生えているという徳澤まで行く、山登りのクロスロード横尾まで行くというのも考えないではなかったが、明神より奥まで行くのは時間がかかりすぎる割に変化が乏しく、かといって明神まで行って帰ってくるのはいつもと同じなので面白みに欠けるので、大正池スタートとなった。

画像


画像


 なんだかんだで30〜40分ほどの散歩を済ませ、河童橋に到着。ここからだと、奥穂高が正面に見える。今年の夏山のメインには白馬岳を据えたい。昨年からの宿題である。が、まずいことに奥穂高に興味を持ち始めてしまっている。槍に登った今ならわかるが、一見険しそうな槍よりも、奥穂高の方がさらに険しい道のりを強いられることになる。割と一般的に使われるグラードコロッセオとかそんな感じの道もしばしば死亡滑落事故が発生するようなところらしく、危険度ランクで言うと槍より奥穂の方がワンランク上である。なので二の足を踏む気持ちがないわけではない。それに今夏は北海道に行きたいのだが、北海道旅行は安くは済まない。そこに二度の夏山遠征を乗せるのは出費的にはかなりの負担感を伴う。朝の光の中、白く輝く奥穂の峰を見ながら、「さてさてどうしたもんかね」と考えをめぐらす。できれば奥穂も行ってみたいところではあるけれど。

 じっと動かないまま思案を巡らせていたら体が冷えてきてしまった。私の訪問後数日の上高地では時ならぬ雪だかみぞれだかが降ったということだが、そこまで行かないにはせよ、この時期の早朝の上高地はかなり冷える。昨日の日中は暑さにへばりそうになったが、その一方でバックパックには山用の防寒着を忍ばせていた。それを羽織ってさえ、なお寒い。この季節特有の難しさなのかもしれない。何か温かいものを食べたいと思い、バスターミナル近くの土産物屋でおやきを買った。大人気漫画「山と食欲の私」で、上高地でおやきを買ったというくだりがあるのでそういう店があるのかと思って探したのが功を奏した形だ。温かいおやきは買えたが、店員のお兄ちゃんは愛想が悪く、そちらはむしろ寒々しかった。

画像


 バスで高山まで戻る。なんだかんだで時刻はいつの間にか10時近くになっている。まずは濃飛バスセンターで帰りのバスを押さえられそうか確認してみると、11:30の便に空きがあるという。これに乗れば、14時過ぎには名古屋に戻れるので帰りの足はこれで確定した。残り1時間半と言うのは、微妙な時間だ。最初から目的をもってその一事にまい進すれば、何か一つは用事を片付けられそうではあるけれど、今回はそういったコアになりそうなプランが思い当たらない。ちょっと気になっていた飛騨物産館(高山グリーンホテルの付属の土産物屋みたいなもんである)を冷やかした後、三之町に行き、牛串を買ったりして適当に時間をつぶした。つまり夏山帰りとやっていることは大して変わらないのだが、気候が良いので漫然と散歩しようという気になるのはこの季節ならではと言ったところか。次に高山に来たときは、藤井美術民芸館や飛騨民族考古館、日下部民芸館、平田記念館と言ったところを押さえようか。

 やがてバスの時間がやって来た。まだ本格的な混雑が始まらないうちに、高山の街を後にした。ゴールデンウィークの前半はひとまずこれで終了である。忙しい前半戦だったが、後半は今のところノープランだ。さて…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Iron Horse , Iron Terror・その4
 この次が問題である。氷見線制覇は成し遂げたので、次は万葉線に向かうことになるのだが、高岡駅まで戻る時間的余裕はないので、途中の能町駅から新能町駅へと乗り換えなければならない。万葉線の停車場は、一般には新能町駅というか新能町電停とすべきところなのかもしれないが、とにかく地図上これがどう見ても能町駅に近接してある感じではない。乗り換えとなれば200m〜300mほどは歩くことになりそうなのに、乗り換えに使える時間は5分程度。某乗り換えサイトでは、一応可能な乗り換えとして表示されはするものの、な... ...続きを見る
ディープ・ダンジョン〜夕庵〜
2018/05/15 21:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Iron Horse , Iron Terror・その5 ディープ・ダンジョン〜夕庵〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる