アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「生活」のブログ記事

みんなの「生活」ブログ

タイトル 日 時
夏山フェスタ
 かねてからの予定通り、今日は夏山フェスタに行ってきた。例年梅雨時の手持無沙汰に冷やかす感じになることが多いのだけれど、今年はそれなりに有益な情報を入手することができたので良かった。ただ、諸般の事情により土日の二日にわたって足を運ぶことになったのはなんとなく間抜けである。セミナーを除けば、出展ブースが変わることはないので、両日様子を覗くことにさしたるメリットはない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 21:00
晴れの梅雨
 梅雨だというのに晴れの日が続く。悪いことではない。いや、盛夏に水不足になる恐れが出てくるので手放しで歓迎はできないのだけれど、やっぱり心のどこかに「雨の日が続くよりは…」と言う感覚がある。もっとも、梅雨入りの頃には雨が降ることに対して諦めの気持ちがあったのも事実なので、今度の週末は遠出する計画を立てていなかった。代わりに、毎年恒例の夏山フェスタに出かけようと思っていた関係もあるにはある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/15 21:40
定例・かなでチャレンジ
 毎年のことなのだけれど、この時期には都のかなでというイベントに応募するのが年中行事となっている。10月くらいに上賀茂神社で開かれるクラシックのコンサートのことで、JR東海が催している。本来京都はJR西日本のシマなのだが、この種の対外的に観光客を呼べるイベントごとは東海が力を入れており、西の存在感は希薄な感じがする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 20:03
少年ジャンプ的世界
少年ジャンプ的世界  ゴールデンウィークというのはもともと映画業界の用語らしい。今日は御池岳に行く予定だったのだけれど、寒気が流れ込んでくる関係で天候は不安定、場合により雷雨に見舞われる可能性ありということだったので、ワイスピの新作を見に行ってきた。昨日の金ローで放送された「スカイミッション」は途中で寝落ちしてしまったが、ブルーレイで過去の全7作を見ているので大過はない。どうも、テレビではいつものようにラストシーンをカットしてきたため、ツイッター界隈を中心に軽く炎上したようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/29 19:39
【大都会】名古屋でPCを買う
 先代機の故障後、旧PCで急場をしのいではいたものの、さすがに辛くなってきたので新しいものを買いに行くことにした。今となってはさほど高性能は必要としていない。使い道となれば基本的にはネットを見てメールを取るくらいのものである。なので、安い機種で十分だろうとたかをくくって市内の主だった店を冷やかしにかかる。    最近は、「丸い緑の名城線」のヨドバシカメラの使い勝手が良いので足しげく通っている。今回も、まずはヨドバシに行ってみたのだけれど、意外にPCは安くない。星が丘のヤマダ電機はもっと安かっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/17 21:27
土は土に、灰は灰に、忌まわしき人形は歯車に
土は土に、灰は灰に、忌まわしき人形は歯車に  一昨日、家に帰ってPCを起動しようとしたが、うまくいかなかった。うんともすんとも言わない。電源が入らない。コンセントが抜けているのではないかと思い、プラグ周りをごちゃごちゃといじったのだけれど、状態は改善しない。以前使っていた別機のアダプタを使っても状況に変化はない。電気系統に不具合があるわけでもなさそうで、旧式機の方で二つのアダプタを試行してみると、両方とも生きているのがわかる。ついに来るべきものが来たのだと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 22:57
愛の国セントレア
愛の国セントレア  この夏、北海道の奥地まで足を運び、日本国内に残されたフロンティア両翼のうち、片方には肉薄することができた。しかしその一方、未だ全く足を踏み入れたことの無い県が一県だけある。沖縄県だ。鉄道が通じていないので、18きっぷシーズンに同期する必要はないのだけれど、冬のボーナスを原資に沖縄旅に行ってみようかと思い、その足掛かりとするため、中部国際空港の見学に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/04 22:00
五月雨をあつめて早し付喪神
 最果てを目指す北への旅を前にして、カメラが壊れた。今調べてみると、2008年の正月頃から使っているものらしい。思った以上に長い。8年余りも使ったのだから、潮時と言えるのだろう。最近では、スマホやタブレットのカメラ機能も向上している。今後はこれらで代替することも考えたが、取り回しが悪いのと、長旅の中でこれらのデバイスに撮影機材としての役割を集約してしまうと、バッテリーの管理がさらに厳しいことになってくる。痛い出費だが、新しいカメラを買うことにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/10 21:58
【大都会】名古屋の釣り銭を熱く語る
 私の帰宅時間は、大体決まっている。よほどのことが無い限り、残業などしないからだ。残業するのが偉いのか、しないのが偉いのか、それは未だによく分からないのだけれど、毎日同じような時間帯に家路につくのだから、同じような人と行き会うことになるのも、別に珍しいことではないのだろう。ただそこはそれ、大都会名古屋に暮らす者のことである。東京ほどのことはないにせよ、人が多過ぎ、会う人会う人の顔など、いちいち覚えていられるはずもない。彼を除けば。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/18 21:38
洗濯機の逝く日
 そんな調子で、中山道腰抜けハイキングウォーキングは終わりを迎えたのだけれど、その時あれほど恐れていた寒波の到来は、東海地方においてはさほどの被害をもたらさなかった。いや、正確にはこの地方では滅多にない極低温を記録したのだけれど、都市機能がマヒするほどの大雪と言ったものはなかった。今となっては、旧中山道歩き自体は、さほどの問題もなく、し遂げられたような気がしてならない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/27 22:10
白と黒のその間に無限の色が広がってる
 贈り物を求めて、星が丘テラスにある星が丘LUSH店に行く。テラスに行くこと自体は無いわけではないのだけれど、せいぜい無印良品かユニクロ、ABCマートに行く程度のものだ。LUSHは、その存在こそ知っていたが、まあこの店に行くことは一生ないだろうなと思っていた。そんな店に足を踏み入れることになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/25 20:42
中部ネイチャープロジェクトのこと
 「金とく」のことは、以前に話題にしたことがある。BHKのローカル番組のことだ。中部地方のNHK各局が週替わりで番組を制作し、内容にはほぼ一貫性がなく、各局の地力の差みたいなものが透けて見えて悲しくなることもある。つまり、回によってかなり当たり外れのある番組なのだが、山に登る人の間では、夏場に山のシリーズが放送されることで良く知られている。何と言っても、日本アルプスのうち、北アルプスと中央アルプスは中部圏として良いエリアにあるのが強みだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/25 22:38
機種変更をする
 今まで使ってきたスマホが、いろんな意味で限界を迎えつつあったので、ついに機種変更した。最近のドコモショップは予約制になっているらしく、マイショップ登録している店舗からのメールもしきりにそのことをPRしていたのだけれど、土日は基本的に予約でいっぱいになっていることが多く、確信犯的に予約なしで店に行ってみたところ、結果として所期の目的は達することができた。が、終わってみれば諸々の手続きに3時間近くかかっており、下手なタイミングに予約しなくてよかったと思う次第である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/23 22:37
暇人の業
暇人の業  「うしおととら」が深夜帯でアニメ化されたらしい。キー局はTOKYO MX。地方在住者にとっては、テレ東と同義、つまり愛知県だとテレビ愛知で放送されているのだけれど、放送時間がよろしくない。キー局なら金曜の22:30という視聴しやすい時間帯に流されているものが、月曜の26:35から放送されることになる。ここ数年来、録画装置と言うか録画環境を持っていない。「ジョジョ」ですら視聴していなかったし、今回もリアルタイムで見ることはないだろう。ちなみにTOKYO MXは東京の地方局なので千葉・神奈川あたり... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/12 20:47
流れ弾
 京都駅で、たまに「まんが王国とっとり」と書かれた列車が止まっているのを見かける。あれがスーパーはくとなのだろうか。よく分からない。ちなみに気動車である。ラッピング列車と言うにはいささか地味なこの列車、「○○モデル」と言うようなことが書かれている。○○はたぶん、作家名だ。しかしいつも気になるのは、この○○さんをまったく知らないことだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 22:31
あのね、ベイマックスが使えないの
 前回のツムツム記事に書き足しても良かったのだが、ポコパン部が長いところに追記していくと、なんだかわけのわからないことになりそうだったので、別立てにする。その後に引き当てたツム寸評。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/06 21:44
ツムツムを始めた
 遅まきながら、周りで「ツムツム」が流行りはじめたので、何となくその不毛なスコア争いに参加する今日この頃である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/25 19:32
【大都会】名古屋で住むならこんな区は?
 今の場所に引っ越してきて、今年で6年目となる。差し迫って引越しをする必要性には迫られていないが、そろそろ次を考えても良い時期なのかもしれない。といった所で、数か月前からつらつらと次の引っ越し先を考えるための分析を進めてきたのだが、今のまま行ってもものにはならなさそうなので、ここでその書き溜めてきた概論的なものをリリースして、新たな方向性を探ろうかと思っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/20 23:03
夢は枯野を
 京都行の時から気になっていた風邪の症状は、いつまで経っても回復には向かわず、むしろ重症化しながら8月の終わりを迎えてしまった。近くの町医者に行って風邪薬をもらいはするものの、もらえるのはいわゆる風邪薬でしかない。風邪は要するに症候群なので、似たような症状が出ていたとしても人により病原体は千差万別で、その意味で特効薬もなく、確立された治療法もない。結局は栄養と休息を取るくらいしか対処のしようもないと言われるが、これがまずかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/07 16:10
違う意味で悪霊にとりつかれた男
 最近、伏見界隈の広小路通りを歩いていると、名古屋市科学館のバナー広告が出ている。最近掲出されているのが企画展「ドラゴンボールで科学する」に関するものだ。私は常々、生命体を通して発せられるエネルギーで星を一つ消し飛ばそうとするとどのような化学反応が必要なのかが気になっていたので、そういうものを解明する展示なのかと思ったら、もう少しまっとうな科学展示らしい。サイヤ人などはいわゆる普通の食べ物を食べてそれだけの膨大なエネルギーを生み出している。彼らは大食いの設定ではあるが、食べ物を普通に消化して得た... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/14 22:30
さよならヤマトンガー
 名古屋では、週末になると右翼の街宣車が良く走っている。我が家の近くにもやってくる。正直騒々しいことこの上ないのだけれど、デモの類が近所で行われることは少ない。それがどうしたわけか、今日はうちの近くにまでやってきていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/08 20:50
この一生だけでは辿り着けないとしても
 NHKの中部地方ローカルの番組で「金とく」というのがある。中部地方各局が持ち回りで制作する番組である。実は明確にジャンル分けできるスタイルの番組でもなく、回によってドキュメンタリーだったり、討論みたいなことをしていたり、きつい内容のコントだったりする。が、特に最近評判になっているのが、「やっほー! 日本アルプス」シリーズらしく、これを視聴できない他地域の山マニアが切歯扼腕で悔しがっているとも聞く。最近2回は「西穂高岳 冬物語 〜知られざる雪山の世界〜」「立山 1300年の祈り 〜早春の芦峅寺集... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 22:23
宿敵
 前回の同ネタからだいぶ時間が経ったが、最近になってようやく「if」のアキラルートをクリアした。もともとの予定では年末あたり、悪い子にしていたハザマ少年のところにサタンさんとして破滅を届けに行く予定だったのに、ブラフマーストラの入手とか仲間メンバーの充実に時間をかけていたため、年をまたぐことになってしまった。最終戦に参加した仲魔は、シヴァ、スサノオ、ノルン、ケルベロスである。破壊神大好き、従っていつもCHAOSになる私のパーティーではレギュラーとはなりえなかったものの、「if」には近作に登場して... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/23 21:14
ポイント・オブ・ノー・リターン
前回までのあらすじ  「ZIP!deポン!」の枡アナは味わい深いが、曽田ちゃんやがんばりーなが踊っていないと物足りないと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/15 21:25
晩秋の蛍
 スタジオジブリがかぐや姫物の映画を公開するとかで、季節はずれに「火垂るの墓」が放送されていた。終戦ムードのない季節はずれの放送だったが為か、今まで気にも留めなかったシーンが気になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/23 20:00
おとなになれなかった中年たちに…
 「if」のレイコルートが終わった。最終的にアタックチームに参加させた仲魔は、ルシファー、シヴァ、イシュタル、ケルベロスだった。スサノオは作らなかった。ルシファー、シヴァがアタッカー、イシュタルが回復役と言う役割分担をしていたため、さらに攻撃一辺倒のスサノオを加えると、補助魔法担当が不在となるためだった。レイコのガーディアンを育てきれば、玲子が回復役となり、空いたイシュタルの枠にスサノオを入れるという選択肢もあったはずだし、基本遊びがちであったイシュタルがタルカジャでも継承していれば、ケルベロス... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/21 22:57
妖獣チェフェイ 弱いまま倒すか、強くして倒すか
 女神転生シリーズに概ね共通するシステムとして、敵とのレベル差により獲得経験値が増減すると言う物がある。自分より高レベルの敵からはより多く、低レベルの敵からはより少なく経験値を獲得することになる。従って、LVカンストを狙おうとする際などには、非常に厳しい経験値稼ぎに挑まなければならない。カンスト狙いとまでは行かずとも、道中にとどまって経験値を稼ぎ続けるのは、非効率になるシステムだ。プレイヤーのレベルが、製作側の予期の範囲から大きく逸脱し、想定されたゲームバランスを大きく崩さないようにするため、当... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 20:54
なんでレイコすぐ死んでしまうん?
 というわけで、「真・女神転生if...」をはじめた。選んだパートナーにより、ストーリー展開に差が出てくる本作、すべてにおいてスタンダードとなるユミルート、シナリオが短いせいでラスボス戦突入時のレベルが低くなるため最終盤の難度が高くクリア後が苦めの後味となるチャーリールート、敵首魁の背景が見えると共に重い余韻のあるレイコルート、そして他三者とは全く別の展開を見せレイコルートとは違う意味で物語の裏側が見えると共に、ゲームバランスの調整を放棄したかのような難易度を誇るアキラルートの、4ルートがある。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/05 21:51
二つのP
 2ヶ月くらい前のペルソナ回で、「真女神転生if…」のことを書いたら、無性にプレイしたくなってしまった。今を去ること十数年前、旧友である津具君(仮名)の家でプレイ画面を見たのが最初で最後なのだが、アキラルートの戦闘BGMに浮かされてしまった。もちろんSFC版の入手など無理だし、仮に手に入ってもプラットフォームがないため、PS版を探したのだけれど、もともとSFC版のマイナーリメイク品であるため、発売当時でも数が出ていないらしく、中古PSゲーム市場が極小規模まで縮小した現在では非常に厳しい戦いとなっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/26 22:01
ポコパンをはじめた
 西穂登山に出かけたのだけれど、前夜の宿でやることがあまりにもなかったので、暇つぶしかたがた、先日からはじめた「ポコパン」の研究をしていた。ネットで検索してみると、攻略サイトを自称するブログの類は結構あるのだけれど、良くある攻略サイトのように、凝り性の人たちが真剣になって解析や研究を進めていると言った性質のものではなくて、アフィリエイトや広告目的らしい、さほど有用ではないサイトが多かったためだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/16 23:05
鬼籍の人
 この2日ほど、どういうわけか恍惚の人読書感想文へのトラフィックが増加していた。久しぶりにこの記事を読んでいて気がついたのだが、感想文を書いている時点では、まだ片方の祖父が存命だったようだ。何しろ8年前の話である。前回の主題からは外れていた明治末年生まれの祖父の方だが、記事を書いてから3年ほど経ったころに亡くなった。大往生だった。折りしも終戦記念日である。今回はそれにちなんで、激動の中を生きたらしいこの祖父の半生記を書き残しておこうかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/15 22:09
図書館蝉噪
 どうも私の部屋は片付いていない。物が多すぎる。特に本が多すぎる。幾分かはコレクション的な意味合いもあって本を買い集めているため、仕方がないところはあるのだが、処分を考えるときにはここが悩ましい。名古屋市の場合、本をゴミとして処分しようとすると、基本は廃品回収に出すか、古紙回収業者に持ち込むことになると思う。ごく少量なら燃えるゴミでも良いかもしれない。容器包装リサイクル法に言う包装ではないので、紙資源ではない。ただ現実には、よほど状態の悪い本でもない限り、割と多くの人がブックオフあたりに売り払っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/12 21:34
人は誰も道に迷い傷ついて
 どういうわけか6月から7月にかけて、もう今後会うことが無いかもしれないという感じのお別れが多かった。仕事がらみでは、業務上多少の接点がある程度だったが亡くなってしまった人もいたし、現在の職場での1年先輩が退職する出来事もあった。性格傾向の違いもあって、入社当初は厳しくしつけられたとは言え、歳はあちらの方が5つ下だったので、仕事を辞めるという職務経験を度外視できる内容については、人生の先輩面をして語ることもできる。が、どうも悲しいところのある話ではある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/11 20:35
三十路の人の魂の戦い
三十路の人の魂の戦い  古いゲームだが、ペルソナ4をクリアした。よくできたゲームだったと思う。思えば第1作女神異聞録のプレイが大学生の時。さらにその源流をたどるならば、高校生の時の「真・女神転生if…」がすべての始まりだったと思うが、基本的には人が淡々と死んでいき、世界が簡単に滅亡するメガテンのシビアな世界観を引きずっていた「if」から始まったジュブナイル路線が、こういった形で結実したのはとても感慨深い。感慨深いといえば、シリーズタイトルとなった「女神転生」は、第1作の原作小説のヒロイン、弓子がイザナミの転生にちなむ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/02 20:37
明け方の街 桜木町で
 よくよくの放浪癖がある私だが、頻繁に出かける街とそうでない街の間に、移動距離による差はそれほどにないように思う。例えば、遠いわりに良く行く街としては、福岡・広島などは年1〜2回ペースで出かけている。九州の旅は福岡に始まり福岡に終わることが多いし、広島も山陽・山陰のベースキャンプ状態になっている。反面、都道府県レベルで見れば隣の隣の県であるにもかかわらず、思ったほどには行かない街というのもある。新潟だ。まあ、隣の隣とはいっても、間にあるのが「信濃の国は十州に境連ぬる国にして」の長野県なので、決し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/01 21:02
【大都会】名古屋のとある洋食屋を熱く語る
 私は基本的に、瀟洒な店で、一人で食事をするのが苦手である。平時、自炊が多いのもそのためだし、旅先での食事が高確率で吉野家や王将、ラーメンとなるのもそのためだ。どういうわけか蕎麦屋は、わりと小洒落ていても平気なのだが、何であれ外食の傾向は偏ってくる。いわゆる洋食との縁は遠い。ファミレスでさえも何となく敷居が高い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/18 20:20
星になったゴウト
星になったゴウト  この一ヶ月ほどをかけて、「葛葉ライドウ対超力兵団」をクリアした。デビルサマナーシリーズに連なる一作だが、ぶっ飛んだタイトルと、登場悪魔の少なさ、さらに私のお気に入りであるシヴァが登場しないことなど、マイナス要因が多かったため、最近まで手が伸びず、発売から五年越しのクリアとなったものだ。とは言え、隠しボス的扱いであったベルゼブブを先に倒し、かつ仲魔に加えてドーピングをしまくった上でスタメン起用し、最終戦に臨んだため、ラスボスは思いのほかに、あっけなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/30 21:23
宮崎から愛知へ、ヨーグルッペ
宮崎から愛知へ、ヨーグルッペ  ここのところの「秘密のケンミンショー」は、少し盛り過ぎているような気がして残念に思っているのだが、以前のもっと良心的だった時代に、宮崎県ローカルの乳飲料・ヨーグルッペを紹介していた記憶がある。あるいは別の番組だったかもしれない。いずれにせよ、ヨーグルッペそのものは、基本的には宮城県を中心とする九州南部にしか流通していないことは事実である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/21 22:28
万福丸に花束を
 一昨年の大河ドラマ「天地人」は大した破壊力を持ったドラマだった。私はこのドラマのおかげで、もともとは好もしい印象を持っていたはずの直江兼続という人物を、嫌いになりかけたほどである。たかがドラマの影響で、歴史上実在した人物への評価を変えるのもご本人に申し訳ない気がしたので、その後はどうにか持ち直したのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/23 21:46
たたりじゃ、エコ神様のたたりじゃ
 全国何処のスーパーでもやっているわけではないのだろうが、少なくとも名古屋市内のイオン系列ショッピングセンターの食料品売り場では、清算の際にレジ袋購入の意思を示す手段として、専用のカードを買い物かごに投入する方式が採用されている。袋がほしい場合はカードを入れておき、これをバーコードリーダーで読み取ると、袋の代金として金五円也が代金に加算され、かごの中に袋が入れられるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/04/17 23:29
続・ポンポコラーメン
続・ポンポコラーメン  三河と尾張を隔てるのは一本の川である。その名を「境川」と言う。名古屋の住人たちは、境川を渡って新天地に暮らすことになるのを「都落ち」と感じるようだ。そしてその名古屋人の感覚で言うと、中京世界の果てに位置する東三河で受け継がれてきた即席ラーメンがある。それがポンポコラーメンだ。中京地区以外では「名古屋のB級グルメ」とされる事もあるが、辺境のラーメンなので、多くの名古屋人はその名前すら知らない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/28 21:11
引っ越しました…そして明日は旅立ちます
 本来なら昨日のエントリーであるべき話だが、ついに引っ越した。天白区民から千種区民へ。八事は八事でも山すその方の八事から、やっぱり山がちな本山界隈へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/20 21:38
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(黒川編)
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(黒川編)  聞くところによると、今年は秋にもゴールデンウィークがあるのだという。祝日の並びがどうなってそれほどの連休になるのか良く分からないのだが、引越しはその辺りにしようか。ということで引越しネタの第三回目。第一回・第二回と千種区が続いたし、最右翼本山が車なしで暮らすには少々不便そうな気配も漂ってきたので、今回は毛色の違う北区黒川を検証してみようと思う。まあ、その後の調べて本山駅近くにコープ(生協)があるらしいことが分かったので、若干本山が盛り返してきてはいるのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/03 21:41
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(本山編)
 【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(本山編)  前回同じネタで記事を書いたのが2ヶ月ほども前のことになるのだけれど、引越し先検討の第二弾である。今回は、数ある候補の中でも最右翼と言える本山の地について検討してみる。駅で言えば自由が丘の一つ隣なのだが、街の様子は随分違う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/21 22:08
ボルジャーノンに花束を
 「ガンダムVSガンダム」がやりたくてPSPを買おうと思ったのがつい先日の話。しかし、今日何気なく「ガンダムVSガンダム」の公式サイトを見たところ、間もなく「ガンダムVSガンダムNEXT」がリリースされるのだという。もちろん、全国津々浦々のゲームセンターに導入されるという話なのだが、つまりは間もなく家庭用ゲーム機でもNEXTが発売されるということなのだろう。NEXTではターン]が参戦する他、百式も登場するらしく、シャア専用ザクから失われて久しい飛び蹴りが復活する可能性もある。なら、PSP買うのは... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/10 22:46
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(自由ヶ丘編)
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(自由ヶ丘編)  今住んでいるマンションは、築年数はそれなりに古いのだけれど、だからと言って部屋のどこかの具合が悪くなっているということもなく、部屋がそこそこ広いわりに家賃も安いので、結構長いこと住んでいる。が、最近少々不満を感じる部分が出てきてしまった。住人層の悪さである。近くに名城大学があるし、前述の通り家賃も高くないのでそこの学生が入居していると思われるのだが、やつらのマナーが悪い。ゴミの分別はしないし、廊下で弁当を食ったりタバコを吸ったりして、挙句そのゴミをその場に放置して行ったりする。結局大家さんがそ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/08 22:36
堕落
 成海璃子という人は、以前はもっとシャープな顔立ちをしていたような気がする。ところが最近はどうだろう。ドコモのCMでよく顔を見掛けるようになったが、ひところに比べればずいぶん丸くなった印象だ。別の言い方をすれば「太った」と言うことになろうが、彼女の場合は元がかなり細かったと思われるので、別に今だって不健康にブクブクと肥満している風情ではない。しかし私は内心ショックを受けている。別に成海嬢のファンと言うわけではない。ただ、人間太る時は一気に太ると言う事実をまざまざ見せ付けられている気がして慄然とす... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/30 23:24
【大都会】名古屋の駅西に再びドアラがやって来た
 相変わらずスポーツの話に暗い私だが、最近またYahooのトップページで気になるニュースを目にした。名古屋にはドアラというマスコットキャラクターで有名なドラゴンズというプロ野球チームがいるのだけれど、そのドラゴンズがCSというのに出るのだという。CSとは何のことだろう。「グレイト!」のアレしか思い当たらないのだが、本能的に感じるところがあり、記事を読むこともせずに尾張名古屋の駅西に行ってみた。すると思ったとおり、再びあのコアラの子が出てきて、何やらセールを展開しているではないか。その傍らに踊る「... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/05 23:05
無題
 しばらくブログの方をほったらかしにしていた。生業が忙しかったのと、空いてる時間をくだんのお城スコープDBの整備に時間を費やしていたのと、まあそんなところなのだが、ブログに書くような日記風の文章と言うのは、ダラダラ書いていれば事足りるようでいて実はなかなか形にするのが難しい。何か流れとか勢いのようなものがあって、毎日の習慣のようになっていればどうということもないのだろうが、間が開いてしまうとなかなか筆が進まないものなのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/13 23:03
株を買おう
 私はこれまで貯金通帳を満足に管理していなかった。何しろ預金残高がどれほどのものなのか把握していないというほどの杜撰な有様だったのだが、最近その残高を知って、わが目を疑った。何でこんなに貯まっているのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/20 21:53
男は一生父と戦う
 年末年始に実家に帰った。すると、どうしたわけだか父親が城めぐりに凝っていた。気がつけば書棚にも城関係の書籍が何冊か収納されている。ちょっと気の利いた書店で良く見かける城郭ムックなどが主だったものの、中には「史跡散策 愛知の城」なんてのもある。名古屋市の図書館では西図書館と鶴舞中央図書館に収蔵されている事になっている本だが、鶴舞では見かけたことないし、西図書館は遠いしで、ほとんど中を見たことのない珍本である。「ここまで揃えたか」と感心しつつ、「定本 日本城郭事典」は持っていないようだったので、そ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 22:32
デミトリ
 昨日何気なく病院にいったところ、思いがけず採血検査をすることになった。私の血液は普通の人に輸血すれればめまいや平衡感覚の異常などを引き起こす可能性があると言う一種の毒血なので、献血お断りの対象にされており、検査以外で採血されることはまずない。随分前、献血募集係の人たっての頼みで献血しようかと思いアンケートに答えたまでは良かったが、「お前の血は使えない」と言われた曰くつきの血なのだ。おそらく今後一生、輸血される事はあっても献血することはないという人生を過ごす事になるだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/17 22:44
カードでお買い物
 なんだかもうえらく昔の話のような気がするが、掲示板の方でRodney Daleという人物の名前が挙がったことがある。海の向こうで都市伝説の研究をしているとか何とか、そんな流れだったはずである。実際には都市伝説専門というわけでもなさそうだが、その時にDale著の都市伝説本がAmazonで売りに出されている事を知った。興味を惹かれつつもその時は買わず、そのまま今日に至っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/13 22:47
裏の裏をかかれた
 仕事の途中抜け出して、近くのローソンへ行く。そして飲むヨーグルトを買って来る。現在の職場はそういったところ自由である。服装も自由。毎日ジーンズにTシャツというまぎれもなきフリーランスのターのようなファッションで出勤している。仕事中にヘッドホンを着けていてもOK。つまり仕事中に「土用波」とか「泣かないでアマテラス」とかを聞いていても誰かに咎められる事がない。ちょうど、ホリエモンのせいですっかり印象が悪くなったITベンチャーのようだが、まさしくそういう感じの職場環境の中で仕事をしている。現在のとこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/06 22:45
マリコの部屋へ電話をかけて
 男と遊んでる芝居続けてきたけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/24 22:31
ゾディアック
 ちょっと面白い現象だと思うのだが、2ちゃんねるのニュース系板の場合、何の脈絡も無く事件の当事者の姓名判断結果が貼られる事がある。で、その結果を元にもっともらしい後講釈をするのだ。肴にされるのは犯罪者だったり、芸能ゴシップの主人公だったりすることが常だが、まあ基本的には好ましくない事件記事に名前を連ねてしまった人であることが多い。たまたまニュース系板の住人にそういうのが好きな人がいて、そういったものを貼り付けて回っているだけなのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/17 23:02
【大都会】名古屋にダリがやって来た……で
 あんまり新鮮味のない話題なのだけれど、現在名古屋市美術館でダリ展をやっている。サルバドール・ダリはシュルレアリスムを代表する画家の一人として有名だ。シュルレアリスムの画家ということは、まあミもフタも無い言い方をしてしまえば抽象的でわけの分からない絵を描く画家ということだ。少なくとも私の認識ではそうなのだが、ダリの絵の場合はそのわけの分からなさに魅力を感じてしまうのだから芸術とは偉大である。ダリ展の会期が7月11日までのようなのでそろそろ見に行かなければならないと思いつつ、なかなか出かけて見る機... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/08 22:28
今週のインパクト
 紺野美沙子は南野陽子に毒団子(推定)を食わそうとしていたが、池脇千鶴は新人女優に怪しげな白酒を飲まされそうになっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/20 21:04
キューピー道遥かなり
 「名古屋 ホワイトデー」でググると、昨年己で書いた駄文が上位ヒットしてきて、とても傍ら痛い気分になる(自分でやった事だけど)。名古屋デパート業界のホワイトデー商戦は昨年と大して変わらず、高島屋と丸栄は比較的目に付きやすいところにホワイトデーコーナーを設置していておっさんにもとっつきやすい。ただ、高島屋は人が多すぎるし、丸栄はコーナーの規模が小さい。対して三越は何をやっているのかわからん。総合的に見て一番ホワイトデー商戦に力を入れているように見えるのは松坂屋のような気がする。ただし、各テナントが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/05 22:33
人は殺されるけどセックスシーンがほとんどないので小学生にも安心の読み物
 内田康夫という推理作家の書く小説の主人公に、浅見光彦なる人物がいる。CXやTBSの2時間ドラマ枠に時々登場するし、彼を主人公にしたシリーズの新刊本が出れば書店に平積みされることが多いので知名度は低くないはずだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/28 23:01
三日月さんにもう一度会える
 今からそう遠くない昔、テレ朝系の金曜深夜枠で「時効警察」と言うドラマが放送されていた。オダギリジョー演じる警察官(ドラマの設定には詳しくないが、普段の業務内容からして刑事ではなさそうだ)が、趣味で時効事件を解決するという筋立てのドラマだ。終わった事件に解決もないような気がするが、まあとにかく事件の謎を解くわけだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/24 21:14
義元興行
 NHKの戦国大河頼みはもはや明白になっている。信長・秀吉は言うに及ばず、織豊系大名の主だったところ(と言うより二線級まで)を動員して16世紀後半から17世紀初頭の日本を舞台にしたドラマを連作してきた。そのため、ドラマ中で起こる大きな出来事は大体いつもおんなじである。最近ではここに家庭の事情を挟み込むのが常道化しているけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/19 22:57
かつてフライパンしかなくともパスタを茹でた男がいた
 その男も俺の中に生きている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/30 00:02
美穂って誰?
 「AERA」を見て、「美穂の旅」というネットサービスがあるのを知った。結構昔からあるものらしいが、ホームページに行って無料のユーザー登録を済ませて自分の分身を設定すると、この分身が世界各地を旅しつつ行く先々からメールを送ってくるというものである。もちろん分身が旅をするといっても設定だけの話なのだけれど、世界に一つ自分だけの旅行メルマガみたいなものなのかも知れない。最近本体が旅行どころではないため、物は試しでデジタルデータの分身に夢を託してみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/07 21:35
パンを食べながら思うこと
 私は味覚が未発達らしく、子供の好みそうな食べ物が好きである。未だにハンバーグカレーが御馳走ランキングの上位に位置づけられ、甘いもの(特にチョコレート)が好きで、そのくせ酒の味は分からないと来ている。それでも最近はブロックの肉よりも魚を食べたいと思うことが多くなってきたのではあるけれど、そういうのは成長というのか老化というのか良く分からん。間を取って多少耳ざわりの良さそうな老成という事にしておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/03 22:39
愛車復活
 自転車のタイヤが擦り切れた。小洒落て横文字で言うと「バースト」なのだが、そんな格好の良いものではなく、使いすぎて磨耗しきったタイヤがさらにその極限を超えたとき、中のタイヤチューブに穴が開き、「プシッ」という情けない音がしたかと思うとみるみる空気が抜けていったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/28 21:48
俺の設計とお前の調整能力のコラボレーションが相乗効果的にクリエイティブな力
 未だにハセキョーさんの戦争ドラマを見ていない。それどころか今になって「あの時ビデオに録るのは『結婚できない男』にしておくべきだったなあ」と痛切に後悔している。あの日放送されたのは、ケンさんが信介の家にやってくる回だったはずだからなおさらだ。まあいずれDVDが発売されるだろうからそれを買おうと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/06 21:37
麗しの長谷川嬢が教えてくれた
 この間ハセキョーさんが99サイズで告知していた沖縄戦を描くドラマ、「最後のナイチンゲール」をとりあえずで録画したのだけれど、用意できた120分のVHSテープでは全編を録ることができなかったため(全部で2時間30分ほどのドラマだったのだ)、とりあえずラスト30分をリアルタイムで見ることになった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/23 21:10
PC不調
 あのブルースクリーンと言うやつは、一目見ただけの人間にでも強烈に不吉な予感を抱かせるものだ。そんなものを朝起き抜けに見せ付けられたならたまったものではないが、今朝の私はあの縁起でもない青画面を真っ先に拝まされることになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/04 21:23
なんとなく、座右
 何をいまさらと言うような話だけれど、ホリエモンが逮捕された時には独特の感慨があった。目的達成のためにはなりふり構わない・手段を選ばない、そういうアグレッシブさというかハングリーさがとかくもてはやされがちな昨今の風潮だけれど、「やはりそれだけではだめなのだ」と。それをあまねく世の中に知らしめただけでも、堀江貴文なる人物の存在に意味はあったのかもしれない。いわゆる「反面教師」と言うやつだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/03 23:26
ハンカチ最終決戦
 まだまだ引っ張るホワイトデーの話題だが、そろそろこの話にもケリをつけなければならない時期がやって来ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/08 22:41
行き場の無い瞑い情熱
 いつだったか、ジム通いを始めたと書いた。その習慣は今も続いている。休日、ジムへ行く前にゲーセンに行き、「北斗の拳」をプレイして、我がサウザーがラオウにボッコボコにされるのを見ながらモチベーションを高めてから、ゴリゴリと筋トレに励む流れである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/25 08:18
ホワイトデーのお返しを真剣に考えてみる
 予想していた通り、バレンタイン当日には一つのチョコももらえなかったのだけれど、今日になり予想に反して時期遅れのチョコレートをもらうことになった。かくなる上は、日ごろお世話になっているお礼として、また伊達男ぶりを誇示する手段として、さっそくお返しを考えなければ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/18 21:38
大学へ戻る可能性
 私が学生だった頃、学内で「国立大学の法人化はけしからん!」と息巻いていた連中がいたのだけれど、どうやら国立大学法人化はつつがなく完了していたらしい。仕官先を求めて未だ浪人の身の私は、国立大学法人等職員募集の要項を入手してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/05 21:39
たった0.05ミリ合成ゴムの隔たりをその日僕は嫌がった
 と始めるとものすごく横柄かつ自分勝手な男みたいだが、今回は少し前に購入したニュー自転車の話。それにしてもニュー自転車というのはいまいち呼びにくい。そうだな…「地中海沿岸に吹く熱風!」という意味の白っコというのはどうかな! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/10 22:54
愛車との別れ
 長らくの間、文字通り私の脚となって活躍してきた自転車がついに壊れた。客観的にはパンクしただけなのだけれど、すでに後タイヤの磨耗状態は甚だしいものとなっており、タイヤゴムの下にある繊維質の部分までが露出してしまった。しかも長年の無理がたたって車体全体にひずみが発生してしまっているらしく、以前のパンク時に自転車屋へ持ち込んだ際には、問題の後輪のがたつきは直しようがないと宣告されている。その時以来、次に何かしらの故障にみまわれたら買い換えようと覚悟していた。ついに来るべき時が来たのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/13 21:33
「BIGLOBEカフェの長谷川れな」さん
 メインページのURLを見れば一目瞭然なのだけれど、私が契約しているプロバイダはBIGLOBEだ。他のところもみんなそうなのかどうかは分からないが、BIGLOBE側からの通知は専らメールによって行われる。そもそもがそういう会社なのでそのことに不審はないのだけれど、実は「おまけ」のメルマガも大量に送られてくる。もちろん、自分で送信してくるように話をつけた結果なのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/28 21:40
ザンギエフ
 名古屋の夏は暑い。全国の天気予報を見ていると、最高気温が那覇のそれを越えていることも珍しくはない。梅雨が明けるか明けないかのこの時期ならば、まだまだ暑さもおとなしいのだけれど、夏本番となれば33度とか34度とかいう狂気じみた予報も飛び出してくることだろう。恐ろしいことにそういった数字は、気象庁の出先機関か何かの、芝生敷きの庭あたりに設置された百葉箱の中の、わりと「マトモな」環境下にある温度計をもとにはじき出されているのだ。大いなる田舎都市とは言え、名古屋にだってコンクリートジャングルは存在する... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/10 22:02
マスターどうでしょう?
 最近では新卒採用から数年目の社員がどの程度の給料をもっているのかについて、出身大学ごとの相場をランキング化したものがあるようだ。とある雑誌の記事でたまたま目にすることがあったので我が母校のところを見ると、入社5年目程度で、驚いたことに年収450〜500(単位:万円)もらっていることになっている。旧帝大のなりそこない大学である(法令レベルでは帝大への昇格が決まっていたのだけれど、日本の戦時体制突入で実現しなかったのだそうな)。私の中の認識では限りなく駅弁に近い、あの大学が?そんなばかな。狐につま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/18 08:38
「義経」が意外と見られる
 最後にマトモに大河を見たのは、あの「利家とまつ」である。織豊政権期は、大河枠だけでも耳タコならぬ目タコになるほどドラマ化されてきたので仕方がない面もあるのかもしれないが、山岡荘八徳川家康とは違った意味で戦国ドラマの新機軸を打ち出してしまった、あの「利家とまつ」である。トシマツは最低限維持すべき戦国ムードすら希釈してしまっていためにあまりにもふにゃふにゃしていて、「大河でこんなことやらないでくれよ」となんとも情けない気分になったものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/05 21:26
サガット
 いつぞや少しばかりネタにした「タイガー&ドラゴン」を見るに付け、常々不思議に思っていたことがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/28 22:53
矢田ちゃんがお嫁に行ってしまう
 オリコンと言う会社は私が思っていた以上にいろいろなことをやっている会社のようだ。実はCDセールスのランキングで金を儲けるばかりだと思っていたのだけれど、ドラマの満足度ランキングなるもの(http://www.oricon.co.jp/music/business/050516/res_01.html)もつくっていて、それがYahooニュースの記事で取り上げられていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/21 23:32
私は猫になりたい
 私の想い人は電話帳を抱えていた。何が始まるのかと訊ねてみたら、猫の病院を探すのだと言う。猫もそろそろ発情期で、さかりのついた猫は一日中うるさく鳴き続けるので、そうならないよう去勢をするのだそうだ。普通、猫を抱えて地下鉄やバスなんぞには乗れない。自宅から動物病院まではタクシー利用になるので、移動だけでも高くつく可能性がある。そこで、名古屋出身でもないのにいつしか市内の地理に詳しくなった私が、電話帳に記載の住所などから判断して適当そうな病院をアドバイスすることになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/30 23:42
穴を掘るにも資格は必要
 名古屋市博物館は、実は結構いい仕事をしている。常設展の方はまだ見たことがないのだが、企画展がふるっているのだ。下之一色の時は見に行ったし、熊野古道の時も行きたかったのだが、結局は行けなかった。現在は、ルーブルの収蔵品の展示か何かをやっているはずである。ルーブル・スーパーヒーローズなのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/18 23:02
ある教員の記
 都市伝説としては古典の範疇に属するものの中に、「死体洗いのアルバイト」がある。大学病院なんかの地下にホルマリン漬けの解剖用遺体があって、それの保守管理を担当する高額バイトがあるという、アレだ。うわさそのままのバイトなどは存在しないということでほぼ決着はついているが、似たようなものが存在してもいるので、それをもって「事実である」と主張する人たちもいる。個人的には、その「似たようなもの」と長らく語り続けられてきた死体洗いバイトに同一性を見出すのは難しいと思っているし(共通する要素もあるという意味で... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/27 22:03
破滅の誘因か、未来への曙光か
 現在、小さな会社の事務のアルバイトをしている。内容的には大したものではない。エクセルシート化されたデータを元に別のファイルを作るという、言ってみればただそれだけのバイトである。なるほど、職務経験も何も必要のない単純作業中の単純作業で、バイトを雇って人海戦術で片付けていくに相応しい仕事内容といえる。一事務バイトとして見立てる限り、当面作業の残り工数は、10人日といったところだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/03/20 20:34
意外にも読んでいる人が多いらしい
【前回までのあらすじ】  応仁の乱より始まった諸国の動乱は、ますます拡大の様相を呈した。実父・信虎を追放して家督を継いだ武田晴信(信玄)。油売りから一代で美濃一国を手に入れた斎藤道三。すでに駿河・遠江を領し、三河の松平家を傘下に置く今川義元。多くの戦国大名が各地で覇を唱え名乗りを上げる中、尾張では織田信秀の嫡男・吉法師が元服、信長と名乗る。戦国乱世のただ中に生まれた一陣の風が、戦乱に終止符を打つべく烈しく吹き始めた。同じ頃みちのくでは、そよ風が吹き始めていたりいなかったり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/03/19 22:58
わたしの不健康自慢
 気がつけば前回の更新から一週間が経とうとしている様だが、そんなことはブログ開設当初からの想定の範囲内である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/03/12 22:16
「日曜劇場」と出そうとしたら「日曜激情」と変換された日曜劣情
 TBS系で日曜の21時に概ね好評を博しながら放送されているらしい『Mの悲劇』なるドラマがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/03/06 22:18
大崎義隆という大名がいる
 『信長の野望』シリーズは、プレイヤーが日本全国にひしめき合う戦国大名の一人となって天下の統一を目指すゲームだ。シリーズも最新作の『天下創世』をもって10作を数えるに至ったが、各作品ごとのゲームシステムの変更が甚だしく、同シリーズのファンであってもそれぞれにお気に入りの作品が大きく異なる。私が持っているのは『覇王伝(PS版)』、『将星録(PC版)』、『烈風伝パワーアップキット(PC版)』、『嵐世記(PC版)』、『蒼天録(PS2版)』であるが(漫然と買い続けてきたが、指折り数えてみるとこれまでにリ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2005/03/05 20:59
越乃フラメンコ
 最近、杜氏という人たちに興味を持っている。農閑期に、酒どころまで出張していって酒の仕込みを行うという、あの杜氏である。もともと私には「職人フェチ」的な気質があるらしい。「職人気質」よりも使いまわしの悪そうな「職人フェチ的気質」を持ち合わせてしまう辺り、この世の中のままならなさを象徴しているようであるが、とにかく、シーズンの到来と共にやってきて、仕事を終えたら故郷へ帰るというこの職能者集団は、モロに「職人フェチ」のストライクゾーンなのである。杜氏、かっこいい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/03/02 18:54
側頭葉がやられただけだ・改(後編)
 そんなこんなで3、4回通ったところで、再度の脳波検査。やはり医療の世界も1回目2回目は地ならしということなのだろう。いきなり親密な関係になるわけではないらしい。そして検査の結果、「側頭葉てんかん」が見つかる。頭の両側から変な波が出ているというのだ。この「側頭葉」という部位は、ググって見てもまず「側頭葉てんかん」しかヒットしない。てんかん以外では見向きもされてなさそうだ。特別な働きをしているのではなく、大脳、いわゆる脳味噌を前後左右に分割した時の左右両側部分という以上の意味は無いのではあるまいか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/03/02 18:45
側頭葉をやられただけだ・改(前編)
 国道421号線レポートには写真がほとんど無い。このことを話題にするたびに「諸般の事情により」と紋切り型の説明をしてきたが、なぜそうなったのか端的に言えば、事故ったのである。そのドサクサでカメラを無くした。421号のお約束である車がコンクリートブロックの間から頭を突き出した状態の写真も撮影したし、421号おにぎりも撮った。永源寺ダムはじめ、酷道区間以外の写真も撮った。実は酷道区間で事故ったのではない。京都まで出かけて、事故った。ちょっと足を伸ばしてみようと、これがいけなかった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/02 18:44

トップへ | みんなの「生活」ブログ

ディープ・ダンジョン〜夕庵〜 生活のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる