アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「名古屋」のブログ記事

みんなの「名古屋」ブログ

タイトル 日 時
夏山フェスタ
 かねてからの予定通り、今日は夏山フェスタに行ってきた。例年梅雨時の手持無沙汰に冷やかす感じになることが多いのだけれど、今年はそれなりに有益な情報を入手することができたので良かった。ただ、諸般の事情により土日の二日にわたって足を運ぶことになったのはなんとなく間抜けである。セミナーを除けば、出展ブースが変わることはないので、両日様子を覗くことにさしたるメリットはない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 21:00
【大都会】名古屋でPCを買う
 先代機の故障後、旧PCで急場をしのいではいたものの、さすがに辛くなってきたので新しいものを買いに行くことにした。今となってはさほど高性能は必要としていない。使い道となれば基本的にはネットを見てメールを取るくらいのものである。なので、安い機種で十分だろうとたかをくくって市内の主だった店を冷やかしにかかる。    最近は、「丸い緑の名城線」のヨドバシカメラの使い勝手が良いので足しげく通っている。今回も、まずはヨドバシに行ってみたのだけれど、意外にPCは安くない。星が丘のヤマダ電機はもっと安かっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/17 21:27
失われた時を求めて
 ひょんなことから始まる物語は駄作と言われているが、ひょんなことから名古屋市役所の改善事例研究を発表する催しに参加した。そうしたところ、河村たかし市長が、審査員として出席していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/27 21:27
紅葉狩
紅葉狩  タイミングが良いのか悪いのか、名古屋市が全国の主要8都市(札幌、東京23区、横浜、京都、大阪、神戸、福岡)のうち、行ってみたい都市の最下位にランクされたというニュースが流れていた。結果自体は至極真っ当なものだと思う。よく分からないのは、ネットでその詳細を後追いしようと思っても、調査自体が夏場に行われたものと言う情報しかヒットしないことで、それがなぜ今になって報じられたのかと言う部分だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/29 22:00
【大都会】名古屋の暮らしやすさ指標を作ろう(鶴舞線編)
 前回の暮らしやすさ指標作成から、はや一年余りが過ぎようとしている。今回は、鶴舞線沿線の評価をしてみる。路線としての特徴を指摘するならば、一応の端末駅となる上小田井・赤池駅ともが名鉄路線に接続しており、実際に相互乗り入れも行っているため、場合によってはそれぞれ犬山や豊田まで乗り換えなしで移動することができる。反面、名古屋駅や栄周辺など、市内中心部へはダイレクトに到達できない路線でもある。また、かつての東海豪雨の際に、甚大な被害を受けたエリアが散見されるのも特徴だろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/06 22:50
旅とポケモン
 北岳の失敗以降、不完全燃焼の日々が続いている。要するに代償行動として、美ヶ原や谷川岳には登ってみたけれど、どうも代償価が低い。そこでと興味を持ち始めているのが鹿島槍ヶ岳なのだが今の私の山力で通用するのかどうか、不安を覚えるところもある。段階を踏む意味で、そもそも北岳への準備のつもりで挑もうとしていた武奈ヶ岳に再度挑もうと考えるも、関西地方の天気がさえないらしいので今日は見送ることになった。久々に名古屋で過ごす休日となりはしたが、何らかの鍛錬要素を入れるべく、戸田川緑地までサイクリングしてみるこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/03 22:18
穂高は濁らない
穂高は濁らない  ここ数年、この時期に「夏山フェスタ」と言うのが開かれている。時あたかも梅雨時。ちゃんとした登山者の生理として梅雨が明けたらアルプスとかその辺に繰り出すのだろうし、天気が悪いこの時期は手持無沙汰になるだろうから、その時期を当て込んで開催しているのだと思う。全般に、すごく目を見張るほどのものではなく、長野・岐阜・山梨界隈の観光協会の類や、名古屋市内に店舗のある山道具屋などがブースを構えては来場者に情報を提供している体のものだが、山分野の著名人の講演も開かれたりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/12 20:47
【大都会】名古屋のレオニダスを熱く語る
 3月には例の白い日がある。おとなしくその辺のデパートなんかで適当なお菓子を買っても良かったのだけれど、それでは何となく面白くないような気がして、近所にあるレオニダスに行ってみた。何でもベルギー系高級チョコの店らしいのだが、近所のは雑居ビルみたいなところの1階テナントに入っており、あんまりおしゃれな感じではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/08 22:59
【大都会】名古屋の駅で迷う
 春の青春18きっぷシーズンがやって来たので、これを購入するために名古屋駅へ出かけた。別に大曽根駅でも千種駅でも良かったのだけれど、窓口の来客処理能力が低いし、第一、印字される発券場所がマイナー駅となるのも、なんだかパッとしない。そこで名古屋駅に足を運んだのだが、移動には珍しく桜通線を使った。珍しく利用する程度なので、どうすれば目的の場所にたどり着けるのかよく分からなかった。手探りで進むうちに、怪我の功名的に、山服ストリートを突っ切ったものの、もう一度同じ場所にはたどり着けないだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/02 22:12
【大都会】名古屋の釣り銭を熱く語る
 私の帰宅時間は、大体決まっている。よほどのことが無い限り、残業などしないからだ。残業するのが偉いのか、しないのが偉いのか、それは未だによく分からないのだけれど、毎日同じような時間帯に家路につくのだから、同じような人と行き会うことになるのも、別に珍しいことではないのだろう。ただそこはそれ、大都会名古屋に暮らす者のことである。東京ほどのことはないにせよ、人が多過ぎ、会う人会う人の顔など、いちいち覚えていられるはずもない。彼を除けば。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/18 21:38
忘却とは忘れ去る事なり
 前回も似たようなパターンだったけれど「PS純金」を見ていたら、またしても名古屋住みたい街ランキングをやっていた。今回は、1位星が丘、2位覚王山、3位本山と言うような内容だった。5位くらいまでは順位付けを行っていたが、4位より下は覚えていない。そして今回、穴場だと思う街ランキングも合わせて放送していたが、またしても住まない方が良い地域がランクインしていたのに閉口した。上小田井、大曽根、新瑞橋である。理由は簡単、前から書いている通り、名古屋で唯一気を付けるべき天災、豪雨災害に対し明らかに弱い地域だ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/13 19:55
【大都会】名古屋のビルヂングの駐輪場を熱く語る
 知る人ぞ知る先代の大名古屋ビルヂングは、今を去ること3年ほど前には解体が澄んでいたらしく、二代目の工事は同時期から進められていたらしい。正直、「もう3年にもなるのか」と言う感じはするが、その跡目を襲う二代目のビルが完成した。その独特のネーミングがしばしば話題となった同ビルは、もともとビルのオーナーだった三菱地所のセンスで名づけられたものだったが、聞くところによると、二代目については地元サイドからの要請でもって、先代の名前を継承することになったのだそうな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/11/07 22:03
【大都会】名古屋の暮らしやすさ指標を作ろう(東山線編)
 例の引っ越し道楽の虫が騒ぎだしてきた。向こう1年や2年は引っ越しを考えていないが、次の準備を進めておこうかと思い、今回は市内の地下鉄駅周辺を網羅的に検討して行こうかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/21 22:37
螺旋の穴
 以前は東海地方でも「笑神様は突然に…」が放送されていた。何も考えずにヘラヘラと見ているのにちょうど良い番組だったのに、春の改編で無くなってしまった。後には、東海地方ローカルの番組が入った。もともと、日テレが今で言う「デスノート」の枠でドラマの放送を開始したために、以前からその時間に放送されていたローカル番組が引っ越してきたものだが、同じタイミングで「笑神様」がローカルセールス枠となり、全国ネットに対応しなくなったと言う事情があるので、啐啄同時の結果と言えなくもない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/11 22:01
丸善新生
 5月の連休前後のことだったはずだから、もうすでに1か月余りが過ぎたことになる。栄に丸善の新店舗がオープンした。これでギャル栄の中にあった店舗とは別に、さらに旧店舗以来のビル一棟型の店舗を構える形になった。新しくオープンした方が名古屋本店、丸栄の中にある方が栄店と言う位置付らしい。一応、若干は内容が異なっていて、本店はコミックの販売を行っていない一方、栄店に比べて規模が大きい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/18 22:30
コンクリート塊
 文化の香りみたいなものに触れたくなって、名古屋大学で催された講演会に出席してきた。お題目となったのは、東山公園にあるコンクリート製の恐竜像。4人の演者がそれぞれ、恐竜研究、東山公園の沿革、恐竜像の構造性能評価、恐竜像の内部調査をテーマに講演を行った。残念ながら、平日昼間の講演であることから時間的に折り合いがつかず、「恐竜研究の始まり −オーエン卿の恐竜像−」と題された最初の講演を聴講することができなかった。会場に到着した時点で、プログラムは「東山動植物園の歴史文化的施設」の中途、ゾウ列車の話に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/05 22:37
【大都会】名古屋で住むならこんな区は?
 今の場所に引っ越してきて、今年で6年目となる。差し迫って引越しをする必要性には迫られていないが、そろそろ次を考えても良い時期なのかもしれない。といった所で、数か月前からつらつらと次の引っ越し先を考えるための分析を進めてきたのだが、今のまま行ってもものにはならなさそうなので、ここでその書き溜めてきた概論的なものをリリースして、新たな方向性を探ろうかと思っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/20 23:03
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(名古屋市科学館・プラネタリウム編 with 特撮博物館)
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(名古屋市科学館・プラネタリウム編 with 特撮博物館)  久しぶりで病院に行った。それ自体は面白くもなんともない、数週間に一度程度の習慣なのだけれど、昼前の時間帯に伏見にいることができたので、ふと思い立って科学館に行ってみた。目当ては、長らくの懸案となっているプラネタリウムと、特別展「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」である。特別展の方はともかく、休日のプラネタリウムは下手をするとプラチナチケット化するところなのだけれど、今回は運よく13:50からの上映に入場することができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/13 23:10
【大都会】名古屋の地縛霊を熱く語る
【大都会】名古屋の地縛霊を熱く語る  例年10月の土日は鉄道の日記念旅に出ていることが多く、時期を同じくして開催される名古屋まつりを見物する機会と言うのは、思ったほどには多くない。しかし、今年はたまたま仕事で祭に絡まざるを得なくなり、久しぶりにその様子を見ることになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/19 20:31
【大都会】名古屋のごったがえしを熱く語る
 ダンターグの攻撃で怖いのはぶちかまし、今朝の本山駅を見舞ったのはごったがえしである。毎日新聞のweb版は、「一部区間が不通になり、大勢の通勤通学客でごったがえす市営地下鉄東山線本山駅=名古屋市千種区で2014年9月25日午前9時25分、鮫島弘樹撮影(毎日新聞)」と言うキャプションをつけて、その様子を伝える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/25 20:41
【大都会】名古屋の今はなき牛乳を熱く語る
【大都会】名古屋の今はなき牛乳を熱く語る  最近見つけた見慣れないパッケージ。「名古屋牛乳」とある。「商品名にある名古屋は生乳の原産地を示すものではありません。」という表記もされている。名古屋市内で酪農をやっているところなど聞いたことがなく、あったとしてもブランドとして成立させるほどの生産規模であるとは思えないので、原産地云々の話はまあ理解できるのだが、それにしても聞きなれない商品名ではある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/21 20:25
違う意味で悪霊にとりつかれた男
 最近、伏見界隈の広小路通りを歩いていると、名古屋市科学館のバナー広告が出ている。最近掲出されているのが企画展「ドラゴンボールで科学する」に関するものだ。私は常々、生命体を通して発せられるエネルギーで星を一つ消し飛ばそうとするとどのような化学反応が必要なのかが気になっていたので、そういうものを解明する展示なのかと思ったら、もう少しまっとうな科学展示らしい。サイヤ人などはいわゆる普通の食べ物を食べてそれだけの膨大なエネルギーを生み出している。彼らは大食いの設定ではあるが、食べ物を普通に消化して得た... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/14 22:30
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(名古屋市博物館・幽霊・妖怪画大全集)
 今日は夕方近くまで部屋でグダグダしていたのだけれど、一念発起して名古屋市博物館へ出かけた。つまりは企画展「幽霊・妖怪画大全集」を見に行くためだ。前回、浮世絵を見に行ったときから気になっていたのだけれど、とっつきやすくて良かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/21 22:43
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(名古屋市博物館・大浮世絵展)
前回までのあらすじ  失われた大原美術館のお土産を探す決意をかためた私は、ついにグレコを発掘するのに成功した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/29 22:14
蒲焼く!古地名大賞
蒲焼く!古地名大賞  今から10年ほども前の話になるが、メインサイトで「中村遊郭探訪」というシリーズを書いていたことがある。中村区の、今で言う中村日赤やピアゴの周辺が、一時は日本国内屈指の遊郭(赤線)だったのを知ったことから始めた企画だ。その中で、名古屋の遊里の歴史を紐解いたのだけれど、「蒲焼町」と言う耳慣れない地名に行き当たった。名古屋城下以前からの古い地名で、どうしても連想はうなぎの蒲焼に向かうが、一説によると樹皮細工の職人が集まり住んだことにちなむ「樺焼き」なのだとも言う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/31 21:33
【大都会】名古屋 新生活シーズン・どうせ住むならこんな街は避けたい
 先週ぐらいのローカル番組で、今名古屋で住みたい街ランキングみたいなのを紹介していた。確か、星が丘、覚王山、上前津、円頓寺、南大高がランクインしていた。順位ははっきり覚えていない。星が丘は、アッパーミドル憧れの土地として、古くから定評がある。覚王山については、私も買っている(不動産を、ではなく)。円頓寺は少し毛色が違うものの、名古屋駅前エリアとして再開発が進んでおり、需要はあるだろう。上前津も、都心部に近いので、円頓寺と同じような層に訴えかけるものがあるかもしれない。微妙なのが南大高である。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/23 20:34
七間町通の暗がりに
 「月曜から夜ふかし」は、嫌いな番組ではないのだけれど、番組タイトルに偽りなく、月曜の深夜に放送されているため、リアルタイムで見たことはない。改変期の21時ころからスペシャルが放送されていれば見るし、あるいは土曜の夕方なんかに再放送されていれば見る程度である。そんな「夜ふかし」で、わりと最近名古屋問題が取り上げられたのだと言う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/19 21:41
愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)に乗って
 ほとんど思い付きみたいなもので、瀬戸市郊外の物見山に登ってみることにした。愛知万博のときに話題になった、海上(かいしょ)の森を裾野に従える低山で、「愛知の130山」では、愛知環状鉄道の山口駅からスタートするコースガイドがなされているが、名古屋から向かう場合はリニモの終点八草駅で降りて、そこから歩けない距離ではない。と言うか、どうせ山歩きをするなら八草駅から始めても山口駅からはじめても、誤差の範囲みたいなものである。そのくらい気楽に出発したため、かえって不首尾に終わった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/15 23:43
自転車は難しい
 自転車が加害者となる死亡事故で、4700万円の賠償命令が下された件について報じられた。ニュースになるほどだから、各方面である種の衝撃をもって受け入れられるような事実なのだろう。最近では自転車の重大事故に重い判決が下されることも珍しくなくなりつつあるが、一般に自転車事故と言うと軽く見られがちだし、私もそういった感覚はある。しかし、相手を死なせたと言う結果それ自体については、加害者が自動車だろうと自転車だろうと変わるところがない。よくよく考えれば、そうなって当然というものなのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/30 22:07
天文館無邪気
天文館無邪気  名古屋市科学館で、チョコレート展をやっていたので行って来た。年末くらいからの特別展だったので気がつかなかったのだけれど、どうもバレンタインを視野に入れてのイベントのような気がする。ちょうど高島屋では、全国の有名チョコレート店が集結し、まさにバレンタイン向けにチョコレートを売りさばくイベントが開催されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/26 20:10
【大都会】名古屋のあったか鳥鍋をせめて熱く語る
 職場の人に誘われ、現在久屋大通公園で行われている社会実験「あったか鳥鍋 だんらん」に行ってみた。その実態は公園に仮設テントを立てて、そこで飲んだり食べたりができるというイベントである。夏にビアガーデンっぽいことをやっていたことの冬版と言って良いだろう。市長肝いりの減税により税収が減る中、公園を使って地域の賑わいを創出すると共に、増収をも図れないかというところを模索する催しのようである。社会実験という大義名分を掲げることで、ある種超法規的措置によって実現した物とも聞く。一般に、公園敷地内での火気... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/20 22:08
自由ヶ丘に消ゆ
 先だっての夜、東山通沿いを徘徊していたところ、通りすがりのおっさんに道を尋ねられた。もちろん私もおっさんだが、私よりももっとおっさんのおっさんに「国立がんセンターに行きたい」と聞かれた。近所の酒屋に聞いてみたが、オープンしたてのこの店の主に土地勘がなかったのか、良く分からなかったので私に聞く羽目になったらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/12 21:52
【大都会】名古屋の桶狭間古戦場を熱く語る
【大都会】名古屋の桶狭間古戦場を熱く語る  主に愛知県の郷土本を出版している風媒社という出版社から「東海戦国武将ウォーキング」という本が出ている。近場で何か面白い史跡はないかと思って読んでみたが、大半知っているし行った事のあるところばかりだった。その中で、桶狭間に関する章の内容が少しばかり気になった。桶狭間古戦場の所在については、その名の有名さほどに詳細がわかっていない。要するに、現在の豊明市内だったか、名古屋市緑区内だったかに議論がある。緑区側が桶狭間の合戦場と認識されるようになってきたのは江戸時代に入ってからのことと推定される一方、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/05 19:46
愚か者は宴に集う
 前回の記事ではあんなことを書いたが、繁忙期の3000m峰は危険なところである。ガイド本の類を見ると、木曽駒、乗鞍とも6月下旬は適期の入口のような扱いにはなっているが、同時に残雪期の終わりでもある。6月の終わりに二座のどちらかとは言ってみたものの、本当に登れるものなのかと思っていたら、予定日にこんなものが催されれるという。「第1回 夏山フェスタ」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 22:42
【大都会】名古屋の本山交差点を熱く語る
 もうかれこれ一週間くらいになると思うが、本山交差点角のドトールの営業休止状態が続いている。夜中に車が突っ込んできて、外装を含め、店を壊されたためだ。店側にしてみればいい面の皮だろう。事故の発生が日中ならば、血の雨が降っていたかもしれない。休みの期間が長く、壊れた店舗の修繕は事故車側の保険が効くとしても、膨大な額になると思われる営業保障までカバーされるものなのか、人事ながら気になるところではある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/10 21:17
【大都会】名古屋にもあった(できた)キタとミナミ
 正直言って得意な分野ではないのだが、最近宴会のセッティングのようなものをすることが多い。得意としていないだけに、そういった時にあてにするのがホットペッパーとかぐるなびとかなのだが、妙ちくりんな記述を見つけた。栄キタ・栄ミナミという表記である。その指示する範囲は、それぞれこれまで錦、栄と呼ばれてきたエリアらしい。もう少し具体的には、中区の繁華街を錦通りで南北に区切ったもの、ということになる。ちなみに、伏見や東新町もミナミに含まれるらしい。実質は、「キタ=錦・ミナミ=それ以外」ということか。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/10 22:04
本山、わが町
 このブログではっきりと書いたことは無かったような気がするが、引っ越してからずいぶん経った。何だかんだと言って本山に引っ越したわけだが、その結果について、引越し前に検討した視点から一度評価を明らかにしておこうかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/17 21:51
【大都会】名古屋のとある洋食屋を熱く語る
 私は基本的に、瀟洒な店で、一人で食事をするのが苦手である。平時、自炊が多いのもそのためだし、旅先での食事が高確率で吉野家や王将、ラーメンとなるのもそのためだ。どういうわけか蕎麦屋は、わりと小洒落ていても平気なのだが、何であれ外食の傾向は偏ってくる。いわゆる洋食との縁は遠い。ファミレスでさえも何となく敷居が高い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/18 20:20
丸善復活
 台風の近づく中、大エルミタージュ美術館展に行って来た。前々から気にはなっていたが、いつ行っても長蛇の列が出来ていたため、その度に見送ってきた。そんなことをしているうちに今日の最終日を迎えたのだが、台風が来ると言うのに美術館へ出かける物好きも多くはなかろうと、そういった読みのもとの行動だった。果たして、最終日であるにもかかわらず来場者は少なく、比較的落ち着いた雰囲気の中で堪能することが出来た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/30 21:54
丸善閉店
 昼前の東海テレビのニュースで、丸善が今日6月24日(日)をもって、とりあえず閉店することが報じられていた。店舗の入っているビルの老朽化によるものである。秋には、隣り合っている丸栄のフロアで新装開店することも含め、もとよりその話は知っていたのだが、ニュースの締めくくりに、在庫処分の特売をやっているようなニュアンスのことを言っていた。それでなくても旧店舗の最終日には顔を出そうかと思っていたのだが、その特売ニュースにせきたてられるようにして現地に足を伸ばしたところ、文具・洋書の安売りはしていたのだけ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/24 22:01
【大都会】名古屋外伝 生首の落ちた地で
【大都会】名古屋外伝 生首の落ちた地で  メディアなどで名古屋市内の珍スポットが取り上げられる際、丹八山(たんぱちやま)は、一体どの程度の頻度で登場するのだろうか。おそらく、その出番はそれほど多くないと思われる。極めてマイナーあるいはレアだからと言うのではない。見た目にパンチがないのである。とは言え、妙なスポットであることについては折り紙つきで、最近になって人づてにその話を聞いたこともあり、今日になって丹八山を探訪してみた。ちなみに、存在そのものは随分前から知っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 21:23
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(名古屋市科学館)
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(名古屋市科学館)  今日、仕事を休んで健康診断に行ったついでに、名古屋市科学館に行ってみようと思い立った。お目当ては月並みに、現時点では世界最大だと言うプラネタリウムである。ところが、健康診断の場所を、他愛ない思い付きで守山区にしてしまったため、当初の目論みは崩れることになった。「こんな機会でもなければ守山区に行くこともないから」と思ったのだが、これが良くなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/16 21:54
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(リニア・鉄道館)
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(リニア・鉄道館)  去る金曜日、平日中に暇が出来たため、ここ最近の懸案事項だったリニア・鉄道館に出かけてきた。名古屋市内の施設とは言え、同館が建っているのは伊勢湾に面する金城埠頭。名古屋港の一画と言えなくもないが、水族館のあるガーデン埠頭近辺からもかなり隔たりがあり、我が家からの直線距離で言えば、高蔵寺辺りに出かけるのと大差がない遠さである。前に一度自転車で金城埠頭へ行ったこともあるが、片道で2時間近くかかる、僻遠の地であった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/30 20:39
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(東山動植物園)
【大都会】名古屋の博物館を熱く語る(東山動植物園)  色々あったものの、どうにか霊仙登山という目標は果たせた。それはそれで良かったのだが、自覚していた以上にハードな行程だったようで、帰ってきてから足の裏の皮がボロボロになっているのが発覚した。筋肉痛はさほどでもなかったのだが、出歩くのが億劫である。ゴールデンウィークも終わりが見えてきたというのに、こんな自堕落なことではいかん、どこかに出かけようと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/12 22:16
【大都会】名古屋の朝日さす夕日輝く郵便伝説あるいはピクシー・レッド
【大都会】名古屋の朝日さす夕日輝く郵便伝説あるいはピクシー・レッド  今年に入ってはじめての本格的低山ハイクは、宇連山が舞台となった。すでに攻略済みの山なのだが、今回も前回と同じルートに入ったのだが、歩行時間は長めで高低差もある、なかなか歯ごたえのある山歩きである。とは言え今回は、前回に比べれば余裕を持って踏破できた。成長の証なのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/07 21:47
【大都会】名古屋のキヨ子とキヨ美の素性に意表を衝かれる
【大都会】名古屋のキヨ子とキヨ美の素性に意表を衝かれる  冬の旅には夏のそれとはベクトルの違う大変さが伴う。極端な気候ゆえの苦労はもちろんなのだが、なんと言っても雪が降るのがいけない。雪が降ったら山城は厳しい。勢い、冬は雪の降らない地域を目指すことになり、大抵は九州か四国へ行く。そんなわけで、この年末は四国を目指す。高知県を中心に、長宗我部元親がらみの城を中心に攻める、「キャプテン元親〜土佐のライバルたち(仮)」を企画している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/23 21:32
吉根のブログ
 春日井市にある神領駅は、小さな駅である。しかし、おそらく車両基地に隣接している関係で、6時前という早朝時間帯に神領駅始発の列車が存在している。そして名古屋周辺を本拠地としているJR企画きっぱーにとって、神領始発松本行き中央西線の存在は、やはり看過できないものがあるようだ。ずいぶん前に、実にどうでも良い取り上げ方をしたことのある列車だが、いまだに検索でその時の記事を捜し当ててくる人がいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/01 22:19
たたりじゃ、エコ神様のたたりじゃ
 全国何処のスーパーでもやっているわけではないのだろうが、少なくとも名古屋市内のイオン系列ショッピングセンターの食料品売り場では、清算の際にレジ袋購入の意思を示す手段として、専用のカードを買い物かごに投入する方式が採用されている。袋がほしい場合はカードを入れておき、これをバーコードリーダーで読み取ると、袋の代金として金五円也が代金に加算され、かごの中に袋が入れられるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/04/17 23:29
フランテのある街
 東京には白金台というなんだか高級住宅地っぽい町があり、そこに住む、言ってみれば富裕層の女性を、「シロガネーゼ」と呼ぶのだそうだ。実は名古屋には白金台と語呂や字面が近い白壁と言う地域があり、そこに住む女性を「シラカベーゼ」と呼ぶ軽薄な風潮がある。一応、白壁もアッパークラスの住む町である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/31 22:21
キラキラ星ヶ丘
キラキラ星ヶ丘  仕事終りに星が丘を通って家に帰った。この時期の星ヶ丘界隈はイルミネーションでキラキラしている。イルミネーションだけなら、名古屋駅にも栄駅にもあるが、星ヶ丘のそれはちょっと趣が異なっている。仰々しく飾り立てた感がないというか、控えめで上品な感じがする。都会の雑踏の中にあるのではないから、そのように感じるのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/08 22:17
千の種に住んで
 名古屋市千種区。読みは「ちぐさ」ではなく「ちくさ」。その歴史は昭和12年(1937)まで遡り、東区から派生する形で誕生している。現在の人口はおよそ16万人。地理的に見たとき、名古屋市の中心部からやや北東寄りに位置していると言う事ができる。西端はJR中央線、東端は東山丘陵の頂上部に概ね一致し、北端はおおよそ県道215号田籾名古屋線(出来町通・茶屋坂通)、南端は名古屋高速東山線とそこから突出する地域によって形作られる。南北よりは東西がやや長い、いくらか扁平な形をしている。地上部の東山通とその地下を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/19 21:31
冬場の名古屋駅は光る2009
 昨日11月13日の金曜日から、今冬のタワーズライツが始まった。おそらく名古屋の地場ブログでは、格好のネタとして、昨日から今日にかけて取り上げられているのだろう。一面ではどうでも良くなってきているのだが、ここ4年と言うもの、この時期になるとこれで1本記事を書いており、すでに恒例のネタともなっているため、変な義務感に駆られ、写真を2、3枚写して来た。なお、名古屋駅に行ってきた目的自体は別のところにあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/14 20:40
【大都会】名古屋の地下鉄車内放送を熱く語る
 ジョアンと言うパン屋があって、時々ここでパンを買う。基本的に三越百貨店内に店を開いているらしく、全国に17店舗展開しているうちの2軒が、名古屋に存在している。言うまでもなく、栄三越と星ヶ丘三越に、である。これまでは専ら栄ジョアン店でパンを買っていたのだが、最近の引越しで星が丘も近くなったので、今日は星が丘の方へ買いに行って来た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/11 21:15
【大都会】名古屋に暮らすタヌキを熱く語る
 さっきテレビニュースで見たのだが、港区から熱田区にかけての地域にサルが出没しているらしい。街中に現れるサルというと、つい先日の東山動植物園から逃げ出したサルのことが記憶に新しいが、今回ニュースになっているサルも、東山の時と同じニホンザルらしい。一般にあまり危険なイメージは持たれていないようなのだけれど、日本の山野にいる動物に関して言えば、サルより大型の獣とは努めて戦わない方が良い。もし奴らと戦うのなら、耳や鼻を食いちぎられる程度の覚悟は必要である。ニュースの中に出ていた、周辺住民に注意を呼びか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/08 21:53
【大都会】名古屋の名チャリを熱く語る
 これまでこのブログで再三書いてきたように、私の生活は自転車依存率が非常に高い。すなはち自転車への関心も高いということなのだが、そんな自転車乗りの一人として、注目すべき社会実験が名古屋で行われている。「名チャリプロジェクト」と名づけられたそれは、平たく言えば放置自転車をリサイクルして、会員の間で好きな時に好きなように自転車を利用できるよう融通し合おう言うシステムである。マスコットキャラクターは、やっぱりしゃちほこの「シャチフライ」だ。調査の主体はいつぞやのロードプライジングの時と同じく名古屋大学... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/03 22:23
山登ってみよう【東谷山】
 石川県出身の作家、深田久弥は自著「日本百名山」の白山の章にこう記している。「日本人は大ていふるさとの山を持っている。山の大小遠近はあっても、ふるさとの守護神のような山を持っている。そしてその山を眺めながら育ち、成人してふるさとを離れても、その山の姿は心に残っている。どんなに世相が変わっても、その山だけは昔のままで、あたたかく帰郷の人を迎えてくれる」。名古屋市民にとって、ふるさとの山と言えば東谷山だろう。都合によりとりあえず、そう言う事にしておきたい。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2009/10/30 22:25
【大都会】名古屋のラブリーパブリーを熱く語る
 「ラブリーパブリー」はその名の通り、中京テレビで放送されているパブリシティ番組である。基本的には魔女の扮装をした異様にテンションの高い女の子・パブリ(海川ひとみ)が、中京地区の店舗等の宣伝を行うというのがその内容なのだが、あまりにパンチのある内容のためか、単なる販促の枠を超えてコント番組化の著しいのが特徴と言える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/26 21:26
【大都会】名古屋の都市伝説イベント等を冷え冷えと語る
 名前を聞いても内容にピンと来ないのだけれど、9月の頭頃までオアシス21で「最恐!都市伝説ホラーハウスあきらII」と言うのをやっているのだそうだ。「都市伝説」とは銘打っているものの、実際に主題としているのは、個人的に昔からちょっと距離を置いている、いわゆる心霊スポットが主である。ざっくりイベントの性格を説明すると、東海地方の心霊スポットを模したお化け屋敷ということのようだ。あきら君というのは、都市伝説に深入りしすぎて行方不明になった大学生のことらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 22:11
三河の食性、名古屋の食性
 いわゆる名古屋飯にカテゴライズされる食品の中に台湾ラーメンというのもあるが、名古屋でラーメンと言えばスガキヤラーメンである。ソウルフードのようなものであろう。台湾ラーメンは、どちらかと言うと外向きPRに使われる料理と言うニュアンスが強い。が、スガキヤのラーメンが愛知県全土を席巻しているかと言えばそうでもなく、三河地方、分けても東三河にはポンポコラーメンと言う郷土の味がある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/03 21:41
ゴミの値打ち
 この期に及んでスクウェアの旧作ロマサガ2を始めた。バッテリーが未だ生きていたこともそうなのだが、プレイ内容も実にロマンシングな展開を迎えてしまったたため、この10日間ほどは実に非生産的な時間を過ごしている。漫然と術法のレベルを上げるために戦闘を繰り返していたところ、その過程で若かりし日の私がついに極められなかった不動剣と千手観音を閃いてしまったのである。そこで欲をかいて、(高難度)技のコンプリートも目論み始めているのだが、たまにはブログでも書いてみようかと思いPCに向かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/02 20:24
【大都会】名古屋の本丸御殿復元計画の先行きを熱く危惧する
 さっきニュースで見たのだが、今日、名古屋城の本丸御殿復元計画は是か非かを問う討論会が催されたらしい。賛成派と反対派の代表、同数でチームを編成し、その様子を見ていた聴講者が討論終了後に賛成か反対かのアンケートに答えるという催しである。討論の展開やアンケートの詳しい質問内容はわからないし、アンケート結果の具体的な数字も忘れたが、意外にも賛成派が優勢だったようだ。全体の半数弱は賛成だったと記憶している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/14 22:31
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(黒川編)
 聞くところによると、今年は秋にもゴールデンウィークがあるのだという。祝日の並びがどうなってそれほどの連休になるのか良く分からないのだが、引越しはその辺りにしようか。ということで引越しネタの第三回目。第一回・第二回と千種区が続いたし、最右翼本山が車なしで暮らすには少々不便そうな気配も漂ってきたので、今回は毛色の違う北区黒川を検証してみようと思う。まあ、その後の調べて本山駅近くにコープ(生協)があるらしいことが分かったので、若干本山が盛り返してきてはいるのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/03 21:41
けいちゃんエクスプロージョン
 ちょうど2年ほど前のことだったようだが、名古屋のスーパーで売っているあんかけスパゲティ用のソースの話を書いたことがある。名古屋スーパーの食品売り場では時々変わったものを売っている。地元の特産、と言うのではないのだが地方色の強い食品である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/28 22:36
せいしょこたんブログ
 「お城スコープ」で、武将銅像物のコンテンツをやろうと思い立つ。現在のところ日本全国約60ヶ所、三十余名の武将&姫君の写真があるのだが、意外なことに中村公園にある日吉丸像が見当たらなかったので、今日はその写真撮影かたがた、中村方面に出かけてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/23 23:19
【大都会】等身大の名古屋弁について熱く語る
 名古屋の新市長は、概ね人気のようである。得票率は高かったし、就任から日も浅いし、当然と言えば当然だろう。しかし、私の周りではインテリ層を中心に、不興を買っているのも事実である。彼らが指弾しているのは、ある種欺瞞的な「市民税10%減税」というマニフェストと、市長の使う不自然な名古屋弁である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/11 22:13
白川天星
 あまり有意義に過ごせたとはいえないゴールデンウィークだったけれど、今日ついに、名古屋市科学館に行ってきた。現地に着くまでは隣接する美術館と天秤にかけていたのだけれど、美術館は相変わらず混み合っていたので科学館の方に逃げた次第である。それに、当の名古屋市民にはあまり知られていないけれど、科学館内にあるプラネタリウムの評価は全国的にも高いらしく、そちらにも興味があった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/06 22:22
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(本山編)
 前回同じネタで記事を書いたのが2ヶ月ほども前のことになるのだけれど、引越し先検討の第二弾である。今回は、数ある候補の中でも最右翼と言える本山の地について検討してみる。駅で言えば自由が丘の一つ隣なのだが、街の様子は随分違う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/21 22:08
白川公園は招くよ
 以前、名古屋市美術館にダリ展を見に行こうとしたことを書いた。もちろん、結局のところ行っていない。半年ぐらい前の話だったかしらんと思っていたら、実際には2年近く前のエントリーだったことに愕然とした。歳をとるほどに時間の経過が早くなる。この調子だと、そのうち「寝て起きたら死んでいた」というようなことにもなりかねない。恐ろしいことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/19 21:29
【大都会】名古屋の朝日さす夕日輝くタクシー伝説
 岐阜の山奥に帰雲城埋没地といわれる地がある。埋蔵金伝説の伝わる場所なのだが、実証的な根拠に乏しいため、城の実在そのものも少なからず疑われている。とは言え、埋蔵金伝説という言葉には、何か心を浮き立たせる響きがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/12 21:08
【大都会】名古屋に暮らす動物たちに会いに行く
 暇をもてあましたので、いつぞやの阿部ちゃんではないが、自己啓発の意味もこめて名古屋の市内観光をしてみた。普段自分が住んでいる街の観光というのはなかなかしないものである。前々からちょっと興味を持っていたのが「メーグル」というゴールドの車体カラーがまぶしい観光ルートバスなのだが、今回はとりあえず自前の自転車で東山動植物園とミッドランドスクエアを見てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/17 23:08
珍スポ行と隠れ偉人
 昔、名古屋には「名古屋タイムズ」という夕刊紙が存在していた。2008年10月に休刊したので、現在これを読もうとするのはなかなか困難だと思われるのだが、決してお堅くはなく、わりとフランクな感じの新聞だったらしい。で、その中で連載されていた東海地方の珍スポット探訪記をまとめた本が、最近になって出版された。その名も「東海珍名所九十九ヶ所巡り」。筆者は大竹敏之氏。丸善の店頭に平積みされているのを見かけるや、思わず手に取り購入してしまった。筆者氏には遠く及ばないだろうが、私も同好の士・Bマニ(B級スポッ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/22 22:09
【大都会】名古屋で本気の引越し先を探す(自由ヶ丘編)
 今住んでいるマンションは、築年数はそれなりに古いのだけれど、だからと言って部屋のどこかの具合が悪くなっているということもなく、部屋がそこそこ広いわりに家賃も安いので、結構長いこと住んでいる。が、最近少々不満を感じる部分が出てきてしまった。住人層の悪さである。近くに名城大学があるし、前述の通り家賃も高くないのでそこの学生が入居していると思われるのだが、やつらのマナーが悪い。ゴミの分別はしないし、廊下で弁当を食ったりタバコを吸ったりして、挙句そのゴミをその場に放置して行ったりする。結局大家さんがそ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/08 22:36
【大都会】名古屋のゴブリンに思いをはせる
 某女子大のお膝元、裏鬼門を東山道植物園に守られた星が丘の地、星が丘テラスにゴブリンカフェというイタリアンレストランがある。ゴブリンとは、かのファイナルファンタジーシリーズにも最弱クラスの敵として登場する、薄暗い森の中でゴブゴブ言っている連中のことで、その容貌はたいてい醜く描かれる。とは言うものの、おしゃれ結界に守られた星が丘テラスのこと、ゴブリンカフェにゴブリンみたいなおっさんが一人でいることはまずない。そこが困る。それこそ女子大生連れならどうにか入れるのだが、女子大生を用立てるのはなかなか難... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/05 22:56
【大都会】名古屋の活断層を震えて語る
 わりと最近、テレビで活断層地図なるものを製作している研究者の取り組みが放送されていた。ながら見だったので何だか記憶は乏しい。具体的にいつのことだったのかとか、どの局だったのかとか、番組の詳しい内容なども思い出せない。ただし、一つだけ印象に残っていることがある。どうもくだんの活断層地図はインターネットで無料公開されていて、誰もが簡単に閲覧できるものらしいと言うことだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/22 22:01
【大都会】名古屋の無人農産物直売所を訪ねて
 天白区の国道153号線に、植田一本松と言う名前の交差点がある。どうということも無い交差点だが、名前にわりとパンチがあるので、意外と人々の記憶には残りやすいようだ。なぜ一本松か、いつもなら地名ネタでもぶち上げるところだが、今回は何の調べもしていないのでそういう報告には持って行けない。まあ多分、松があったのだろう。もちろん一本だけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/25 23:36
【大都会】名古屋に集う人々
 2008年12月20日付日刊ゲンダイの報じるところによると、名古屋の歓楽街のスラム化が進んでいるのだと言う。不透明さを増す昨今の経済情勢の中、職を失った若者が大量に流入して、盛り場が異様な雰囲気に包まれているのだと言う。全く奇遇なことだが、私も記事に出てくるのと同名の町に住んでおり、こちらの名古屋は今のところ平静を保っているが、先行きには少々不安も感じている。何と言っても、この街の屋台骨を支えるトヨタがコケたのがよろしくなく、ちょっと前には地元紙であるところの中日新聞にこんな記事も出てくる始末... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/23 22:23
【大都会】名古屋のスカート丈を恥らいながら語る 付太陽黒点活動
 低俗ながら露骨な下ネタは少ないと言う妄念に取り憑かれながら執筆しているこのブログにしては珍しく、下世話な話から入る。名古屋の女子高生はスカート丈が短い。多分短いと思う。短いんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/15 22:46
飛ぶ飛ぶ詐欺には騙されまい
 今日青春18きっぷを1枚購入した。そこで特に脈絡もなくふと思いついたのだが、九州旅行へ行くにあたり、昼間の行動可能時間を長くするためには、名古屋から鹿児島まで新幹線を使わなくても、前日から高速バスで広島まで移動し、広島からあらためて新幹線を使った方が良いのではないか。そこで、JR東海バスの広島行き夜行のダイヤを調べてみたところ、広島駅着は7:31となっている。名古屋駅から朝一番ののぞみに乗ったところで7時半では大阪に着くのが関の山。まかり間違っても広島駅まで到達できるとは思えず、時間の有効利用... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/07 22:36
堕落
 成海璃子という人は、以前はもっとシャープな顔立ちをしていたような気がする。ところが最近はどうだろう。ドコモのCMでよく顔を見掛けるようになったが、ひところに比べればずいぶん丸くなった印象だ。別の言い方をすれば「太った」と言うことになろうが、彼女の場合は元がかなり細かったと思われるので、別に今だって不健康にブクブクと肥満している風情ではない。しかし私は内心ショックを受けている。別に成海嬢のファンと言うわけではない。ただ、人間太る時は一気に太ると言う事実をまざまざ見せ付けられている気がして慄然とす... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/30 23:24
ハッチー
 このブログでも再三再四取り上げているが、名古屋には「ハッチー」というしゃちほこを模したキャラクターがいる。名古屋市交通局のキャラクターで、ハッチーという名前は、名古屋市章が丸に八の字であることに由来しているものだと思うが、意外にも公募の形をとってつけられた名前であると言う。名古屋市営交通事業80周年を記念して、平成14年に誕生した。比較的近年になって呱々の声を上げたハッチーであるが、ちょうど私が名古屋に引っ越してきた時期と重なるため、ずっと昔から名古屋にいたような錯覚を覚える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/16 20:45
【大都会】名古屋で休日診療をしている総合病院を探し当てたのだけれど…
 西洋の方では、医者と弁護士と牧師を知り合いに持っておくと良いと言われているのだそうだ。私の場合、親戚筋に医療関係者と弁護士がいる。近しいところに弁護士がいると言うのは、よもやの法律トラブルなどの時を思えば心強いのだけれど、まだ自分自身が比較的若いこともあって「医者の知り合いはそれほど用がないかな」などと漠然と思っていた。が、今日になってその認識を改めることになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/15 23:49
冬場の名古屋駅は光る2008
 気がつくと名古屋の冬の風物詩・タワーズライツが始まっていた。大して興味はないのだけれど、これが始まったとなると、拙ブログの冬の風物詩とも言える「冬場の名古屋駅は光る」の2008年度版を上梓せねばなるまい。まあ本当に惰性で書いている感は否めないが、伝統と言うのは往々にしてそのように生まれるものなのだから、続けることに意義があるのだろうと思い直すことにする。ちなみに、今回は久しぶりに先代のデジカメで撮影。だからどうだと言うわけでもないが、最近の写真と画素数の差を感じることがあったとしたら、それが原... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/14 23:50
餡の青春
 紅葉のシーズンと言うことで、伊吹山に行ってきた。10月下旬から今日まで、伊吹山は紅葉祭りだったのだと言う。何年か前の、ちょうど今ぐらいのシーズンに伊吹山に登り、経験はしていたはずなのだけれど、この時期の伊吹山頂は寒い。その経験があり、それなりに暖かい格好をしていったつもりなのだけれど、それでも寒く、自分の学習の能力のなさが恨めしくもあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/09 20:49
はじまりの中村へ
 「中村遊郭探訪」は、パクられている。問題のサイトのテキストは、「中村遊郭」のそれを換骨奪胎して構成されていた。本来、私が自作した地図についていてこそ意味のある注意書きを、意味も分からずに取り込んだために寸法のおかしなことになっていたりもする。また、ページのデザインも「中村遊郭」から剽窃しているらしかった。目に見える配色ぐらいは変えているのだが、メタタグなんかはそのまま残っている。さらに、「あゝ下之一色」のしょーもない駄洒落までパクってくれている。悲しいのは、先方サイトの主がそれなりの年配者らし... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/11/05 23:17
ジュンちゃんに誘われ
 シャチのジュンちゃんは、名古屋の環境問題をつかさどるシャチキャラだ。拙ブログへの初登場は「逆襲のシャチ」の回のはずだが、日常生活への密着度の差もあって、総登場回数では運輸交通シャチであるところのハッチーの後塵を拝していると思われる。最近、そのジュンちゃんを目にする機会が俄かに増えてきた。10月4日から、名古屋市の東部7区でスーパーのレジ袋が有料化され、また来年4月4日から残りの8区も有料化されるのを受け、マイバッグを持参するようジュンちゃんが市民の啓蒙に当たっているのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/04 23:00
【大都会】名古屋の地下鉄桜通線野並行きの接近メロディを聞いていると不思議に不安を掻き立てられる
 JR東日本のシマに行くと、同社のICカード・Suicaのマスコットキャラクターであるペンギンが良く目に付く。西日本のシマでは、同じくICOCAマスコット、「カモノハシのイコちゃん」を見かける。場合によっては彼らが手を取り合う絵柄も見掛けるのだけれど、東と西の間である東海にも似たようなカードTOICAがあって、これのキャラクターは二羽のヒヨコである。大きいのと小さいのがいるので、最近までヒヨコの親子だと思っていたのだけれど、公式には兄弟らしい。意外にもこの種のキャラクターで正式な名づけが行われて... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/01 21:47
【大都会】名古屋・栄光の安土桃山時代
 名古屋まつりは、例年10月の中旬に行われる祭りだ。今年は来る11日・12日に開かれる。その歴史については、源流は江戸時代にあるとする主張から戦後に始まった商業祭りに過ぎないとする主張まで諸説頻々であるが、少なくとも現況は、良くある商業祭りの体を想像してもらえばおよそ間違いはない。そんな名古屋まつりの、一つのクライマックスが「郷土英傑行列」だ。名古屋が生んだ織田信長と豊臣秀吉、名古屋が生んだかのように扱われる徳川家康ら三人の天下人を筆頭にした行列が練り歩く催しである。三河出身者としては、徳川家康... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/06 23:23
【大都会】名古屋の駅西に再びドアラがやって来た
 相変わらずスポーツの話に暗い私だが、最近またYahooのトップページで気になるニュースを目にした。名古屋にはドアラというマスコットキャラクターで有名なドラゴンズというプロ野球チームがいるのだけれど、そのドラゴンズがCSというのに出るのだという。CSとは何のことだろう。「グレイト!」のアレしか思い当たらないのだが、本能的に感じるところがあり、記事を読むこともせずに尾張名古屋の駅西に行ってみた。すると思ったとおり、再びあのコアラの子が出てきて、何やらセールを展開しているではないか。その傍らに踊る「... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/05 23:05
【大都会】名古屋の「ジョージアカフェオレ」(コカ社製品)などをグダグダに語る
 私は特別にコーヒーが好きというわけではないのだけれど、缶コーヒーは良く飲む。違いが分かるコーヒー好きは、缶コーヒーと本コーヒーは別物だと言うが、まったくその通りで、私も豆から挽いて淹れたコーヒーがうまいと思うことは余り無い反面、甘ったるい缶コーヒーは好んで飲む。昨今の「甘さ控えめ」とか「微糖」「無糖」が流行る風潮など知ったことか。特に好んで飲むのが、ジョージアのカフェオレ(250ml缶のやつ)である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/01 22:33
月下暇人
 来週の土日、鶴舞公園でムーンライトステージ2008が催される。例年この時期に開かれているイベントである。最近気づいたのだが、鉄道の日記念きっぷでの旅行は、長野方面に行くことが多いような気がする。まあ、そういう旅行をするようになって今年で3年目、うち1回は鳥取へ行った記録が残っているのだから、確率で言えば3分の2の話だから、その事実をもって「長野方面へ行くことが多い」などと言えたものではないかも知れないが、とにかく件のきっぷで鶴舞駅から中央線を使った旅行に出かけ、その帰りがけに鶴舞公園のイベント... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/27 22:43
守山区へ行こう
 名古屋は乾いた街だ。東京や大阪辺りと違って街中を流れる大河川がない。あるのは人造川や暗渠ばかりである。名古屋市を流れる最大の河川と言える庄内川は、他市町との境界を形作り、あくまで外れの川に過ぎない。そんな中、庄内川に注ぎ込む矢田川は比較的大きな川と言える。そしてその矢田川により、名古屋市の中心部から隔てられる形になっているのが守山区である。そういう区域になっているのは、もともと守山市として独立していたものが、昭和38年(1963)に名古屋市により吸収合併されたことによる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/23 22:46
ストリート嫗
 おそらく女性にはまったく関係のない話だと思われる。名古屋駅西、ビックカメラから少し裏手に入ると、いつも暇そうに突っ立っているおばさんが二人ばかりいる。昼だろうと夜だろうと関係ない。あまり顔をまじまじと見たことはないのだけれど、確実に五十路は超えている。このおばさん方、男が目の前を通ると、十中八九は声をかけてくる。私が通っても声をかけてくる。まともに取り合った事はなく、いつも無視して通り過ぎる。大体の男がそうする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/17 22:01
J氏の残したもの
 ここ1ヶ月ほどの間、名古屋も含め、愛知県内に深く静かに浸透していった怪情報があった。「9月13日に岡崎市を巨大地震が襲う」。私の身近なところでは大体の人が知っていた。もちろん、9月16日現在においてそのような事実は無い。岡崎市では、史上まれに見る集中豪雨のために死者まで出る惨事になったのだけれど、地震そのものは発生していないのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/16 22:16
名古屋の地名・「隼人町」(昭和区隼人町)
 隼人池は国道153号線飯田街道沿いにある人工池だ。このあたりの飯田街道の下の地中には、地下鉄鶴舞線が走っているのだけれど、隼人池は地下鉄駅で言うと、いりなかと八事の間にある。池の名前は、正保三年(1646年)にこの池を掘らせた尾張藩の御附家老で犬山城主であった成瀬隼人正正成にちなむ。また、現在池周辺の町名となっているが、この町名も池の名にちなんだもので、元をただせば成瀬隼人にたどり着く。今回の主題は地名の話とほとんど関係がないのだけれど、隼人池にはちなんでいるので一応地名シリーズとしてエントリ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/15 22:29
【大都会】名古屋の「どまつり」に今一つなじめない
 8月中旬以降、名古屋市中心部では大きなイベントが連続する。先週末に催されたのが広小路夏祭り、今度の週末にあるのがにっぽんど真ん中祭り、通称「どまつり」である。地元の人間でもなんとなく語感が汚く感じてしまうが、尾張・三河エリアの方言では、程度が甚だしい事をあらわす時に「ど」という接頭辞がつくことが多いので、そういった背景もあって「どまつり」という通称になっているのだと思う。広小路夏祭りはともかく、問題は「どまつり」の方だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/26 22:39
栄の竪琴
 1年以上前、丸の内・伏見・国際センターエリアに出没する謎の男「伏見太郎」のことを書いた。素性はわからないのだが、ホームレスとも何ともつかない、身なりの小汚いおっさんのことである。最近のホームレスは垢じみたなりであってもさほどぼろは着ていないので、単に身なりに頓着がないだけのオヤジと区別がつきにくくなっているのだが、最近栄で見かけた男は違った。もはや元が服であったとも想像しにくいボロ布をまとったその姿は、インドあたりの苦行僧を髣髴とさせ、また、昔見た「ビルマの竪琴」のイメージとオーバーラップする... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/14 21:26
【大都会】名古屋の最高気温が観測される場所を見に行く
 ここ1週間ほど、名古屋の最高気温が体温超えをすることが多くなっているらしい。天気予報などを見ていると36度とか37度とかいった気温が良く耳に入ってくる。言うまでもなく、こういう場合の最高気温は気象庁によって公表されているもので、名古屋の気温は名古屋地方気象台で観測されている。もっとも、ニュースで伝えられる数字はある種の欺瞞と言える。街中は、天気予報の数字以上に暑い。人間の活動に伴う種々の排熱の他、道路やビルからの照り返し等、ただでさえ暑い気温をさらに上昇させる要因で満ち溢れている。それに比べれ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/09 23:39
名古屋の地名・「御器所」(昭和区御器所1〜4丁目、同御器所町、同御器所通1〜3丁目)
 御器所(ごきそ)と言う地名は、難読地名の部類に入ると思う。無心に読んでもかなり正解に近いところまでは行けると思うが、初見でズバリ正解するのはなかなかに難しいだろう。反面、名古屋市やその近郊に住んでいれば、必ずどこかで耳にするメジャー地名のはずだ。市営地下鉄鶴舞線と桜通線の交差する駅の名が、他ならぬ御器所駅だからである。御器所駅は現在も御器所の町名を残す地域からは離れているが、もともと御器所というのは村名であり、現昭和区の発足時には新区名を御器所区にしようとする案もあったほど広域をあらわす名前だ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/04 21:57
【大都会】名古屋の酷暑と海を渡ったキラー扇風機伝説
 今日の名古屋は暑かった。NHKの言うことにゃ、35度を超える猛暑日だったのだそうだ。この街は、冬寒く、夏暑い。さすが日本で最も暑い都市として埼玉県は熊谷市と双璧をなし、日本のバスラとごく一部で(と言うかもっぱら私だけによって)呼ばれるだけの事はある。ちなみに名古屋周辺に限ってみても、実際には名古屋より多治見の方が暑い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/13 21:54
私の大事なお客様
 ついに「名古屋今昔写真集」の第U巻を買った。購入がこの時期になったことに深い意味はない。強いて言うなら、丸善に平積みされていた第2巻・第3巻が少しずつ減っていくのを見て、そろそろ買わなければ店頭から在庫が無くなってしまうというあせりがあった。すでに第1巻は見かけなくなった。もっとも、値段が値段なだけなかなか出て行かない本であるのも事実らしく、レジに持って言ったらものすごく丁重に扱われたのに面食らった。何しろ、丁重に袋詰めしてくれた後、レジカウンターの外にまで出てきて袋を手渡し、さらには深々と頭... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/28 23:09
さよなら振甫プール
 今年2月に地名ネタで振甫町に触れた時、振甫プールの名前を出したことがある。その振甫プールが今年度末には廃止される方向らしい。今までただの一度も行ったことのないプールなのだけれど、営々と続けられてきたものが終わりを迎えると聞かされては、格別の思い入れはなくとも寂しくもなるではないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/22 21:41
【大都会】名古屋の当り屋伝説と愛知県警の沽券
 古くから、といってもこの20〜30年ほどの間のことだが、当り屋FAXというのが出回っている。「当り屋のグループが長征して来ているから気をつけろ」「以下に問題の当り屋の車のナンバーをリストアップするからこのナンバーを見かけたら気をつけろ」「できればこのFAXをコピーして知人に広めろ」。FAXの主張するのはそんなところである。それの本物が、ついに私の身近に回ってきた。はっきり言ってその内容なぞほとんど信用していない。文面では一見親切を装ってはいるが、その伝えようとしている情報は甚だ怪しいものだとい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/17 21:52
【大都会】名古屋のみんな、東山動植物園もいいところだぞー
 昨日今日と東山動植物園は無料開園していたらしい。何でも「ドイツのボンで開催されていました、生物多様性条約第9回締約国会議(COP9)にて、次回2010年の第10回会議(COP10)が愛知・名古屋で開催されることが決定しました。これを祝して6月14日(土)・15日(日)の2日間、無料開園します!」なのだそうだ。そうとは知らず昨日出かけてみたら、「無料開園!」とかやっていたものだから、しめしめとばかりにもみ手しつつ、大手を振って、それでいて入園料は払わずに動植物園に潜入した。なお、普段なら用もない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/15 22:23
海は死にますか 山は死にますか 風はどうですか 空もそうですか
 それを書き起こしたのがいつのことだったのか、あまり記憶にないのだけれど、以前にメインサイトで「中村遊郭探訪」という企画を連載していたことがある。「うわごとのとなり」にある「カーネルサンダースの呪い」とはある意味で兄弟分に当たるような記事なのだが、カーネルの方が2003年9月の日付で公開されているから、それに近い時期から動いていたのだろう。同系列の企画として、「漁港哀史・あゝ下之一色」というのもやった。こちらは、名古屋市博物館で下之一色の企画展をやっていたのに触発されて書いた。タイトルはもちろん... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/12 22:21
【大都会】名古屋ではあの伝説的なお城本の一部巻が比較的簡単に入手できるかもしれない
 先だって購入した「日本城郭大系」は、まことにもって恐れ入った本である。表紙には「いま甦る郷土の山城―各地で発掘される成果を吸収した城郭研究の決定版!!」という謳い文句が踊る。別に山城ばかりを紹介した本とも思えないのだが、「各地で発掘される成果を吸収した」と言うのはまさにそのとおりだと思う。たとえマイナーな城についてであっても、この本にはかなりまとまった量の情報が所収されている。昨今、お城関係の出版物は多いし、お城サイトもかなりの数があるのだけれど、残念ながら結局そこから得られる情報は似たり寄っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/11 21:41
【大都会】名古屋の古本屋事情を熱く語る
 ここ最近の仕事先からさほど遠くないところにブックオフがある。昼休みなんかに足を伸ばしてみて、実際本も数冊買った。「ドーベルマンに何があったの?」「迷信・ジンクス雑学辞典」「最強の都市伝説」といったタイトルである。ブルンヴァンの都市伝説本は廉価版である。ハードカバーをやめ若干安くなっているはずだが、「ドーベルマン」の場合は改題もされているため一層初版からの時代の流れを感じる。「ドーベルマン」はともかく、他2冊は新書として一般書店に並んでいても、手を出さなかったかもしれない代物だが、古本なりの低価... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/25 21:09
【大都会】名古屋の近鉄を熱く語る
 鶴舞の歩道橋から高架を眺めるときや、千種の跨線橋から見下ろすとき、中央線の線路が東京まで続いているのをしみじみ感じることがある。同じく東京まで続いているはずの東海道線を見ていてもあまりそうは思わないし、中央線にしたって厳密には中央東線と中央西線に分かれるため、始点の東京から終点の名古屋までの直通列車がないのはもちろん、軌道上を行きかう列車は結構ぶつ切りされた区間を往復しているのでさほどの連続性もないのかもしれないけれど、ちょっと前に鈍行で1日のうちに東京から名古屋まで中央線で移動したものだから... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/18 22:09
【大都会】名古屋城本丸御殿の影の薄さにやきもきする
 城を象徴するものと言えば、何と言っても天守閣である。もっともあれは基本的には戦時の大本営となるべく築かれた建物であって、日常生活をする上ではあまり都合の良い建物とはではない。例えば階段なんかが急である。従って、普段の政務や来賓客の供応などはもっと実用的な、平屋(と言うと、妙に所帯じみているが)の建物で行うことが多かった。これが現在では「城郭御殿」などと呼ばれているものだ。そして、以前に名古屋城の本丸御殿を復元しようとする動きについて書いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/13 21:29
【大都会】名古屋にようこそいらっしゃいまっし、チャンカレ
 わざわざ説明しなおすのも面倒なので、以前書いたテキストを再掲する。金沢はじめ石川県には、チャンピオンカレーという名のカレー屋がある。蟹や高級加賀料理とは一線を画すジャンクフード(あるいはジョークフード)そのものだが、もはや石川のソウルフードと化しているといっても過言ではない。通称はチャンカレ。スパイシーと言うより薬っぽい味のする具の無いルーの上にあまり高そうでない固く脂身の多いトンカツとキャベツをのせ、ソースをかけて食べるという大味極まりないLカツカレーが名物で、いかにも金の無い学生がありがた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/04 21:48
【大都会】名古屋駅周辺の駐輪場が有料化されました
 久しぶりに名古屋のネタで書く。チャンピオンカレーの名古屋出店を知ってしまった話とか、ネタはいろいろあるのだけれど、チャンカレの話は次回以降にとっておくとして、今回の話題は名古屋駅周辺の駐輪場が5月1日から有料になったという話。ここのところ地元のテレビ局などがこの件を報じているが、こういった施策自体はもっと前から分かっていたことで、それを施行後になって騒ぎ立てるのは報道のための報道という気がしないでもない。インフラ整備に少なからぬ金を投入した後から騒ぎ立てられても時すでに遅しなのだ。社会の木鐸と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/03 21:12
城にまつわるエトセトラ
 新生お城スコープがどうにか形になった。一時は名前をどうしようかとあれこれ思案していたのだけれど、結局従来どおりお城スコープで行くことにした。今後の運用でいろいろバグが出てくることもあるだろうが、どうせ個人が趣味でやっているようなサイトである。バグがクリティカルな辞退につながることもあるまいて、まあぼちぼちやっていこうかと思う。ところで、城といえば最近気になっているのが、名古屋城本丸御殿復元計画である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/18 21:58
【大都会】名古屋の市内総生産は12兆円らしいよ
 北海道夕張市が財政再建団体に認定された一件は記憶に新しい。当初はマスコミ報道も盛んだったが、所詮は地方の小さな街のこと、日を追うごとにその近況は報道されなくなっていった。ところが現実には夕張市の一歩手前程度に財政が逼迫している地方自治体はかなりの数に及ぶのだという。最近府知事選のあった大阪府もその一例で、財政の建て直しが新知事にとって急務の一つになっているというし、実は東京なんかもそんなに悠長に構えていられないという。とは言え、愛知県は名古屋市に暮らす私にとって、とりあえず東京や大阪の話は他人... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/20 22:35
石油も高くなってきたし
 半年ほど前にこのブログで名古屋の自転車道をネタにしたことがある。その時の記事によれば、当時の名古屋市内の自転車道の総延長は36.3kmだったようだが、近々この数字は更新される事になりそうだ。というのも、国道19号線伏見界隈(伏見通り)に自転車走行レーンが新設されたからである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/17 21:53
ふらふらふらふらあるいてゐるのだ
 そういう縛りを設けて誰が得をするというわけでもないのだが、このブログにアップする記事は、質的にはともかくも、量はそれなりのものにしようという思いがある。まあ、下らんこだわりである。しかし実害は多く、何となく見つけた話の種をうまく育てられない=そこそこのボリュームに膨らませられないがために、せっかくのネタをいつまでも自分の頭の中にだけとっておくことになる。こういうパターンは過去取り上げた話題の後日談に多い。と言うわけで今日は、あまり広げられそうにない東方端の神木と御器所を歩くブタのその後を、二つ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/11 22:22
名古屋の地名「振甫町」(千種区振甫町1〜4丁目)
 千種区に「振甫プール」というのがあるらしい。実物を見たことはない。路線バスの行き先として表示されているのを見かけたことがある程度だ。今調べてみたところ、名古屋市教育スポーツ振興事業団の管理下にある施設らしい。要は名古屋市の外郭団体に当たる組織だと思うが、ここの管理しているプールだとすると、あまりレジャー向けのプールではないのかもしれない。「練習用プールが9コースもある大きなプール」と説明されているので、やはり硬派なプールなのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/10 22:32
【大都会】名古屋に雪が積もったよ
 学生時代は金沢に住んでいた。雪国である。だから今さら雪など珍しくもなんともない。そればかりかむしろ、雪に対して憎悪の念にも似た気持ちを持っている。出かけるのに不便になるばかりではないか、と。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/10 00:00
赤味噌香る街角から、鹿の都や奥飛騨の小京都へ
 最近、木曜日の夜に綾瀬はるか嬢が奈良の名所を解説するドラマが放映されている。大抵は言われるまでもなく知っている話なのだが、えらくマニアックなネタなのがツボにはまってしまい、見ていると妙に奈良へ行きたくなってしまう。名古屋から奈良まで、JRなら新幹線利用で1時間30分だ。反面、近鉄を利用すると時間は倍近くかかるものの、かなり安上がりに移動できる。いずれにせよ、名古屋と奈良の間はかなり近いのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/07 23:04
【大都会】名古屋のたんたんたぬき
 ビックカメラの歌といえば、「不思議な不思議な池袋 東は西武で西東武 高く聳えるサンシャイン ビックビックビックビックカメラ」である。名古屋駅西店も、開店当初こそ池袋の不思議を歌っていたが、現在では公募を経て(だったと思うが)、自前のテーマソングを用意している。「尾張名古屋の駅西に みんなで揃って行こまいか どえらい安さと品揃え(以下同文)」ってなもんである。とは言え、大阪梅田や京都のそれが同じような歌を持っているのかどうかは寡聞にして知らず、日本全国津々浦々のビックが同様の事をしているのかどう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/03 21:55
【大都会】名古屋にリニアがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
 夢のスーパーエクスプレス、のぞみ号の速いことと言ったらない。大阪以西では、比較的小さな規模の駅(ただし、地方交通のハブ駅である)にもぽんぽこ止まるのでさほどではないように感じるのだけれど、大阪以東は横浜の次が名古屋という無茶な走り方をして、恐るべき表定速度をたたき出している。東京-名古屋間を1時間40分ほどで走ってしまうのだ。名古屋から大阪までは1時間強だ。つまり東京-大阪間を3時間程度で走ってしまうということだが、名古屋人は決して忘れないだろう。初期ののぞみは実質的な東京-大阪直通列車で、名... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/14 23:12
悪知恵喫茶
 条文そのものを見たことはないが、性風俗営業には条例等でさまざまな縛りが加えられている。名古屋においても同様で、やりたい放題に店舗を展開しているように見える風俗店も、実はいろいろな制限を受けているのだという。例えば客引きの類は処罰の対象になるし、市内のソープランドは大々的な広告を打つことができないというような話を聞いたことがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/30 22:46
その手に星を
 どうやら2007年のクリスマスも大過なく終了したようであるが、クリスマスがらみの騒動は、やはりあるところにはあるものらしく、12月24日付の東京新聞のweb版でおかしな記事を見かけた。騒ぎの舞台になったのは、餃子の名産地として全国にその名を知られる北関東の町・宇都宮である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/26 22:51
【大都会】名古屋の109に熱くなる
 名古屋で運河と言えば中川運河である。ハノーヴァーで運河と言えばミッテルランド運河である。名古屋にはミッドランドスクエアというビルがある。過去にこのブログでも取り上げたことがあるが、名古屋で一番高いビルである。先日、ついにミッドランドに足を踏み入れた。オープン直後など、好奇心旺盛な人たちが我も我もと押しかけ、中にはブログでその様子をレポートする事もあったろうが、今となってはさほどの新味もなくなったミッドランドネタ、満を持して拙ブログでも放出である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/10 22:44
名古屋テスト
 いささか古い話だが、観光都市京都が「京都・観光文化検定試験(京都検定)」なる試験をはじめたのだそうだ。最近では趣味のものとも実用のためのものともつかない有象無象の検定試験が泡沫のように現れては消えしているが、ここまで検定試験流行りの風潮が蔓延すると、ちょっとばかり食傷気味である。余りにも度が過ぎているため、もはや○○試験と言った字面を見ただけで忌避の気持ちが頭をもたげてきてしまう。人間、学生時代には試験を嫌っておきながら、なぜこうも試験の類が好きなのか。まったくもって理解できない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/09 20:49
冬場の名古屋駅は光る2007
 このネタで記事を書いているブログなど、おそらく掃いて捨てるほどあるだろうが、昨年一昨年ともタワーズライツのことを記事にしており、何となくシリーズものの体になりつつあるような気がしたので、とりあえず今年もタワーズ写真を紹介しておこうと思う。書いてる当人も興味を失いつつあるのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/20 23:14
マナハウス閉店
 まったく、静岡にさえ行っていなければこんな失態は犯さずに済んだのだが、マナハウスが11月いっぱいで閉店するのだそうな。普段なら昼休みや勤め帰りに用もなく立ち寄るのだけれど、ここのところ静岡にばかり行っていたので閉店の告知に気付くチャンスがほとんどなかったのだ。奇しくも、昨年の今頃にはマナハウスの行く末を案じていたこともある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/18 22:43
青いコアラの子がいざなう安売りへの道
 今年のセ・リーグ優勝したのは巨人のはずである。それが一体どうしたことか、中日が日本シリーズに出場することになったと、この週末の名古屋の大型店舗は応援セールに余念がなかった。狐につままれたような気分である。私の記憶が確かなら、日本シリーズはリーグ優勝したもの同士が戦うシリーズではなかったか。一つ間違いなかったのは、行きつけのジャスコがいつまでもドラゴンズ応援セールを続けていたのは、単なる販促用ポップのしまい忘れではなかったらしいということだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/21 22:39
【大都会】名古屋の福
 以前に「ええじゃないか」とその前後に見られた降札のことを話題にした時、記事のタイトルに窮して赤福のCMをパクったことがある。最近、検索を介してのその記事に対するアクセスが微増している。十中八九、赤福社の偽装表示問題に関連した動向だろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/17 22:55
シェルターが無くなってた
 名古屋には、東京や大阪に存在するいわゆる「ドヤ街」と言うようなものがない。始発電車に乗るためとかで、早朝に中ハローワークの隣を通り過ぎようとするとそれに近い状態になっていることはあるのだが、あの空気が恒常化した街というのはないのである。ただし、wikiによれば昔はちょうど笹島あたりがそうだったともある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/30 22:39
【大都会】名古屋のアリ地獄のようなもの
 ニュースとしては一ヶ月前の話だが、このブログでもちょっと前に話題にした神宮前の踏切が廃止されるのだそうだ(2007年8月12日付中日新聞)。名古屋市は、2010年度中に歩道橋を作り、車を通れなくする心積もりのよう。確かに、あの踏切を東から西へと突っ切っても熱田神宮に突き当たるだけで、歩行者はともかく車が通り抜ける意味はさほどにないような気がする。車は他へ回り道した方が便が良い。逆行する時も同様。それでもあの踏切を渡ろうとして、5分とか10分とか遮断機の前に捕まっている車は一体どういう車なのだろ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/27 23:22
高い買い物
 最近、やや堅め書店に行くと名古屋物の写真集の予約を募っているのを良く見かける。「名古屋今昔写真集」と言う本だ。タイトルそのまんまだが、名古屋の昔の写真と今の写真を収録した本らしい。1冊9,800円也の3冊セット。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/26 23:09
【大都会】名古屋市立博物館と大須商店街の華麗なるコラボ!
 ここ2、3年毎年のように見に行こう見に行こうと思っていながら、未だに見に行けていないのが大須大道町人祭だ。第30回を迎える2007年は、10月19日金曜日にお鍬祭り、20日土曜と21日日曜が本番だと言う事である。お鍬祭りとはなんぞやと思って調べてみたら、60年に一度程度のスパンでお伊勢さんからやって来る豊穣祭なのだそうだ。本当に60年に一度の祭なら大変なレアものなのだが、今のところ私のお目当ては花魁道中である。花魁役の娘さんはどういう素性の人で、何歳ぐらいなのだろう? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/25 23:17
月に吠える
 京都の三大祭と言えば葵祭、祇園祭、時代祭である。対する名古屋の、三大地味だけど意外に見所のある秋の催し物と言えば、鶴舞公園ムーンライトステージと大須大道町人祭と名古屋城菊人形だ。もっとも、菊人形に関してはわりと有名だし、「犬神家の一族」みたいで昔から怖かったしで、このブログではネタにしない。今回は、別に何の義理もないのに例年何度か告知している鶴舞公園ムーンライトステージの話。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/24 23:11
今週のインパクト
 阿由地通近くではブタが散歩している!それも今流行のミニブタではなく本ブタが! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/09/23 21:59
【大都会】名古屋の古地図を買い求める
 金曜日に丸善に行ったら、名古屋の古地図フェアをやっていた。フェアの内容は説明するまでもなかろうが、売っているのはもちろん原本などではなくて複製品である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/02 23:07
【大都会】名古屋といったらスガキヤラーメン 世界の果てまでスガキヤラーメン
 名古屋人の知的水準の高さ故か、それとも金をかけずに時間をつぶせるのが経済観念に訴えかけるものかどうかは定かではないが、休日ともなると名古屋市内の図書館は結構な人手だ。それが愛知県図書館であると、名古屋市立図書館であるとを問わずである。そんな情報を知っている私ももちろん休日には図書館に通っているクチだが、私が図書館へ行く理由が前者なのかそれとも後者なのかについては、読者諸氏のご賢察に任せたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/01 23:07
殺伐
 個人的な体験からは蓋し真理の様な気もする言い回しだが、「新聞はインテリが書きヤクザが売るを地で行く話だなあ」とでも始めたくなるような事件が発生してしまった。朝日新聞の販売員他二名が名古屋市千種区の路上で女性を誘拐後に殺害、七万円ばかりのはした金を奪って山中に捨てたのだそうだ。事件の発生現場は自由ヶ丘だという話で、町名だけ聞いてもどのあたりかをイメージできないのだけれど、大体において「がおか」とつく地名は山の手であり、どちらかと言えば治安の良いイメージがあるのだがなあなどと思いながら地図を繰って... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/27 23:24
【大都会】名古屋の咎首晒しを熱く検証する
 一遍ネタにしたためか、国道41号線の「崇りの木」(大クスノキ)に関する情報が割と集まりやすくなった。これまでの経緯は別にまとめてあるのでそちらを参照のこと。最近知った情報の中で比較的よくまとまっていたのがここにあげる2件。こちらには、以前私が入手した情報とほぼ同じ事が書かれている。あのクスノキは崇りがあるから残されたのではない説を整然と述べている。興味を惹かれるのは、それとは対極に位置するような内容が記述されているこちら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/23 23:48
道路こそ名古屋の顔です心です
 毎度おなじみ、「ちょっと前の『AERA』」のお話。このブログは、ネタを適当に書き溜めておいて機を見ながらアップする形式を基本としているので、タイムラグが生じるのは仕方がない。そんなことはどうでも良いのだが、7月16日号で「エコに優しい自転車邪魔か」という特集が組まれていた。論旨は、30年ぶりかで法律(たぶん道交法だろう)が改正されるに当たって、自転車の意義を見直そうというようなものだった。要するに、「自転車はそこそこ機動力があるし、有害な排気ガスも出さないから環境に優しい乗り物だよね、ここらで... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/25 22:35
【大都会】名古屋は何のための街か?
 日本で行ってみたいところ、1位は東京、2位北海道、そして3位が、あろうことか名古屋なのだという。以下、4位大阪、5位広島と続く。中国で行ったアンケートの結果なのだそうだ。このニュースは、例によって例のごとく「2ちゃんねる」で拾ってきた。どうもこの情報の出元は「中国情報局」らしい。聞いたことのない組織だが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/24 22:47
【大都会】名古屋と加藤
 名古屋には加藤姓の人が多い。有名人では、加藤あい、加藤高明、加藤晴彦、かとうかず子、加藤清正などが名古屋近隣出身の加藤さんである。余談だが、名古屋市内にはまともな織田信長像とか豊臣秀吉像はないのだが、清正像は私が知っているだけで三体もある。そう言えば以前に「加藤家へいらっしゃい」という名古屋の上流階級によくある風景を描いたドラマが放送されていたが、主人公一家が加藤なのもたぶん偶然ではあるまい。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2007/07/19 22:08
名古屋の地名「吹上」(千種区吹上1丁目、昭和区吹上町1・2丁目、同吹上)
 名古屋に暮らし始めて6年になるが、千種とか吹上の周辺は町並みの変遷が結構大きかったようなイメージがある。中央線線路の東側、若宮大通よりも北側が千種、南側が吹上である。冷静に考えてみればサッポロビールの工場跡がイオンのショッピングセンターに変わったのが強く印象に残っているだけで、この地区全体には、特に吹上側にはこれという変化も無かったのだが、100年規模で見ると、吹上周辺エリアの土地利用の変転はかなり大きい。ずーっと市街地だったわけでもなければ、原野があるとき宅地造成され、それがそのまま今につな... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/01 22:35
読みにくいったら読みにくい
 出版は、東京一極集中がもっとも顕著な業種の一つである。日本の出版社の90%以上は東京にあると聞いたこともある。東京の次に多いと言われるのが京都らしいが、それ以外となるとどこの地域でも大同小異だろう。ただその中でも、名古屋には比較的多くの出版社がある。雑誌では地域密着型の情報誌やファッション誌を出版している他、郷土史本や名古屋文化を研究した「名古屋本」もわりと多い。時に「名古屋人は名古屋人論の本が好き」と言われるが、それもある程度地場の出版社が存在するからこその傾向だろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/25 22:54
おっさん伝説・伏見太郎(とおっさん怪談)
 ここの記事は何気に広島の話が多いが、また広島の話から始める。広島には「広島太郎」の名で呼ばれるホームレスがいるのだそうだ。こうやって現在進行形で書くと、事情を知る広島市民からは怪訝に思われるかもしれない。有名な広島太郎は当地の顔役ホームレスだったものの、最近では姿が見られなくなった。実は結構な資産家だったとか、ある種の貴種流離譚のようなものを背負わされた人物だったようだが詳細は不明である。現在は、一部から二代目広島太郎認定された人物がいるのだそうだ。もっとも、伝説的人物だった初代と違い、彼の認... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/23 21:41
名古屋の地名・「南区」
 これまで基本的に名古屋市内の町名を中心に取り上げてきた「名古屋の地名」シリーズだが、今回初めて「区」の話を書いてみる。南区はその名の通り名古屋市の真南にある区で、地名の由来そのものにはこれというひねりも無い。その南区が来年百周年を迎えると風の噂に聞いたのだが、その話はちょっと待った。名古屋の南は、時代によってかなりの変遷がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/18 22:42
伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ 尾張名古屋は城でもつ
 錯覚かもしれないが、日曜の夜にはよくこのブログをアップしているような気がする。さらに気のせいかもしれないが、日曜の話題は大河か旅行計画である場合が極めて多いような気がしてならない。恐ろしい事に、今日もともとアップを予定していた記事は、大河がらみで旅行計画という有様である。そういうパターンが出来てしまうのも面白くないので、ちと別の話題について書いてみる事にする。名古屋市博物館について。これも定期的に出てくるネタだが。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/10 22:41
【大都会】名古屋にダリがやって来た……で
 あんまり新鮮味のない話題なのだけれど、現在名古屋市美術館でダリ展をやっている。サルバドール・ダリはシュルレアリスムを代表する画家の一人として有名だ。シュルレアリスムの画家ということは、まあミもフタも無い言い方をしてしまえば抽象的でわけの分からない絵を描く画家ということだ。少なくとも私の認識ではそうなのだが、ダリの絵の場合はそのわけの分からなさに魅力を感じてしまうのだから芸術とは偉大である。ダリ展の会期が7月11日までのようなのでそろそろ見に行かなければならないと思いつつ、なかなか出かけて見る機... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/08 22:28
名古屋の地名・「上前津」(中区上前津1・2丁目)
 上前津という地名には、地下鉄名城線と鶴舞線の交差する駅がイメージがつきまとう。大須の南東にある上前津駅の利用者は多かろうが、上前津エリアそのものには部外者を呼び寄せるようなスポットはこれと言ってないので、地元の人以外にはどうしても地下鉄駅の印象が強いのではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/04 23:06
名古屋の地名・「月見坂」(千種区観月町1・2丁目、同月見坂町1・2丁目)
さやけしな 秋の夜ごとの 月見坂 高峰をかへて いつる光は ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/03 21:56
【寺ホーミング】ハ見寺
 昨夜、麻生久美子のハジケぶりにびっくりしていた時(もともとガッツのある女優さんのようではあるが)、一種のショック療法なのかもしれないが、唐突に重要な事を思い出した。危うく今日という日を漫然と過ごす事になるところだった。せっかくの発見を忘れないよう眠りに付き、朝になってカーテンを開けてみる。自室がマンションの上層会にあるため別に窓の外に桔梗の紋の旗がひしめいているということもなく、至って普通の朝だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/02 21:19
Scavenger C
 名古屋のゴミ収集日は、大体町内会単位で決まっているらしい。では市内には一体いくつの町内会があるのか、数えた事もないけれど、大変な数である事は間違いない。それらの地区が入れ替わり立ち代りにゴミを排出するのだから、平日朝の名古屋を徘徊すれば、必ずどこかでゴミの収集を行っているはずである。自転車で通勤していると、道端にゴミ袋が放っぽり出されているのを見かけるのが常だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/31 22:07
コノハけいぶも泣いている…のか
 実を言えばもともとあまり注目してはいなかった長久手の立て篭もり事件。今日になって過去一週間分の週刊誌による事件記事を洗ってみたところ、案の定愛知県警の手際の悪さに対する批判が噴出していた。事件発生から一夜明け、SAT隊員から死者が出たというニュースを聞きながら家を出たとき、帰宅する頃には犯人が射殺されて事件が終息しているのではないかと観測を立てたが、実際にはこれという進展もない膠着状態を続けていたのを知った時、驚きと若干の失望を覚えたものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/27 22:23
【大都会】名古屋の治安を熱く語る
 長久手は、名古屋のベッドタウンである。その長久手で発生した拳銃立てこもり事件はしかし、警官が二人死傷するほどの大事件に発展しながらも、私の周りの名古屋人の関心をさほどには集めなかったようである。せいぜいが「最近は物騒な世の中になりましたわね〜」という有閑マダムの井戸端会議(有閑マダムはあまり井戸端で会議はしないような気もするが)程度の会話にしかつながらなかったが、ちょっとだけ彼らの意表をついたのは、事件の発生場所が長久手だったということらしい。名古屋に隣接する小規模な町はいくつかあるが、長久手... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/25 23:51
名古屋の中心で餡をかける
 今年のはじめごろにちょっとした引越しをしたのだが、その時にカレー皿を割ってしまった。あいにくとカレー皿と言いながらスパゲティなどの料理を盛るときにも使っていたので、この皿が割れていろいろ不都合な思いをしていたのだが、とにかく何でもかんでもどんぶりに盛る事で急場をしのいでいた。パスタもどんぶりに盛ってしまうと、ソースというよりたれをかける風情になるのが不思議だったが、そんな状況下にも変にマッチしていたのが、いつのまにやら名古屋名物になっていたあんかけソースである。あんかけソースだがね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/21 22:34
【大都会】名古屋近郊サイクリングに出かけよう
 つらつらと考えてみるに、ここのところ自転車を飛ばして遠出するということをしていない。そろそろ季節も良くなってきたしサイクリングなんぞに出かけて見ようかと思い始めた今日この頃である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/17 21:56
【大都会】名古屋にもあった!開かず踏切の恐怖
 信長の野望が一段落したので、今日から再び「大都会」名古屋の日常について記して行こうと思う。こういう作業というのは往々にして、いったん間が開いてしまうと再びペースをつかむまでに結構な時間と労力を費やす事になるものだが、一見素っ頓狂なだけの駄ブログのようであっても、何年かしたら山科言継の日記のように21世紀初頭の名古屋の記録として利用されるかも知れないのでがんばってみようじゃないか。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/13 21:48
【大都会】名古屋でスティール・ボール・ランレース体験
 かつて私は、日本の多くの少年がそうしていたように週刊少年ジャンプを読んでいた。もはや少年という年でもないのに、大学に入ってまで読んでいた。いつまで週刊少年ジャンプを読み続けるのかと考えるとき、「ジョジョ」が終わるまでということにした。その昔、ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポンでウンナンの二人が「今週のジャンプ」をよくフリートークのネタにしていたのだが、リスナーから「二人はいつまでジャンプを読み続けるのか」と質問され、ウッチャンが「ジョジョが終わるまで」と答えていたのに倣ったものでもある... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/14 21:38
【大都会】名古屋の史跡表札をおおよそで語る
 名古屋市内をうろうろしていると、至る所で写真のような案内板を目にする。名古屋市の教育委員会が設置しているもので、おそらくその全てが何かしらの史跡に設置されているのだと思う。もっとも、史跡と言ってもピンキリだろうが。こうした表札が、殺伐とした名古屋人の日常生活の中で一服の清涼剤になっていないとは誰が言い切れるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/06 23:20
私立高校の何がそんなに良いのか
 ゆとり教育の弊害が叫ばれるようになって久しい。そのあおりを受け、世間では私立校が人気だという事になっている。特に高校選びは大学受験に直結するため、関心度も群を抜いて高いようだが、私立高校とはそんなに良いものなのだろうか。私が高校時代を過ごしていた田舎では、私立高校は主に中の下レベルの子が通う学校だった。今もそういう頭がある。最底辺校こそ僻地の県立高校やつぶしのきかない県立専科高校だったりしたが、私立高校に進学するのも大学進学を狙うのにはかなり不利だと言われたものである。私立からの大学進学を考え... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/28 22:28
【大都会】名古屋駄菓子の迷宮に踏み惑う
 クリスマスに長靴をもらった。子供向けの、お菓子入りのやつだ。ショートケーキがみっしり詰まっていたりするとさらにうれしいのだけど、よくあるように中身は駄菓子である。これがなかなか消費できないのだけれど、春の観光のお供に持ち出したりして、少しずつ減らしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/27 22:05
名古屋の地名・「金山」(中区金山1丁目〜5丁目・同金山町1丁目、熱田区金山1丁目・同金山町1・2丁目
 名古屋の地下鉄には1号から7号まで、連番の路線番号が振られている。1号線はもちろん最古参の東山線。7号線は逆に最後発の上飯田線。名城線・名港線が2号・4号、鶴舞線が3号、桜通線が6号だ。お気づきだろうか。5号線が抜けている。影の薄い5号線の路線名は、金山線。あまり重要性を認められないため、構想だけは出来上がっているものの具体的な整備の動きにはつながっていない線だ。計画によると、近鉄戸田駅から路線名になっている金山駅を通り、名古屋空港まで通す事になっているらしい。戸田−金山間はよく分からないが、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/26 22:00
ロバのパン屋は今いずこ
 ちょっと前に中京圏ローカルのスポット番組で放送していたのだが、四日市にはまだロバのパン屋がいるらしい。ロバのパン屋。私は実物を見た事がないのだけれど、それでもこの言葉にはすごくノスタルジックな響きを感じ、気にはしていた。表題の歌も、なぜか冒頭の部分だけは歌える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/24 21:51
【大都会】名古屋で鯨を食う
 少し前、高知の方で迷いクジラを救出しようとした漁師が暴れたクジラによって海に投げ出され、死亡するという事故があった。後になって事故発生まさにその時の映像を見たのだけれど、小さな船外機付のボート2台によってでかいクジラを引っ張り出そうとしていたものだから驚いた。海についてもクジラについても私なんぞより遥かに熟知している人たちのこと、考え無しの行動ではなかったのだろうが、しかしあれは素人目にも無謀に見えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/21 21:34
ありがとう松坂屋
 つまらない事でも検索はしてみるもので、この間の「I LOVE SAKAE」について調べてみたところ、これはどうやら松坂屋他、三越、丸栄(いわゆる「3M」)が合同で行っているキャンペーンにちなんだフレーズだったらしい。私がもらった紙袋も三店舗共通で使用されているもので、三店のどこで買い物をしても出されるチャンスがあるらしい。が、サイズバリエーションがないようで、大きすぎず、さりとて小さすぎずの商品を買わないと、各店固有の袋を支給される可能性が高くなる。ま、万人からそうまでして欲しがられるものでは... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/16 22:09
名古屋の地名・「栄」(中区栄1丁目〜5丁目)
 先だって栄の松坂屋本店で買い物をしたところ、「I LOVE SAKAE」とプリントされた紙袋に商品を入れて渡された。なるほど、松坂屋は栄のデパートというイメージが強いし、実際本店は栄にある。最近では名古屋駅前の台頭も目覚しいが、依然栄は名古屋の中心地であり、松坂屋が栄とともにあることを強調するのもブランドイメージのアップにつながるという算段なのかもしれない。愛知県内各所と東京周辺に展開している系列他店が同じような袋を用意しているかどうかは定かではないが、やや気になるところだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/11 21:43
【大都会】名古屋でためされるのは遠慮したい
 中区は橘一丁目の一角にある橘公園には、「おためし場」というちょっと聞いただけでは何のことだかよく分からない史跡の標識が立っている。よく見ると、「おためし場」というどこかのんきな単語の後に「腑分けの跡」と続けられており、何となく「おためし」の意味するところがただならぬものであろうことが想像できるようになる。「腑分け」は要するに解剖の事。明和8年(1771)、杉田玄白が江戸の小塚原刑場で刑死者の解剖を行ったのが日本で最初の人体解剖だとされているが、ここ名古屋の橘でもおよそ同じような事が行われたので... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/10 23:48
キューピー道遥かなり
 「名古屋 ホワイトデー」でググると、昨年己で書いた駄文が上位ヒットしてきて、とても傍ら痛い気分になる(自分でやった事だけど)。名古屋デパート業界のホワイトデー商戦は昨年と大して変わらず、高島屋と丸栄は比較的目に付きやすいところにホワイトデーコーナーを設置していておっさんにもとっつきやすい。ただ、高島屋は人が多すぎるし、丸栄はコーナーの規模が小さい。対して三越は何をやっているのかわからん。総合的に見て一番ホワイトデー商戦に力を入れているように見えるのは松坂屋のような気がする。ただし、各テナントが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/05 22:33
【大都会】名古屋の片隅で一匹の猫が死んだ
 近鉄パッセの裏手に屋根付の駐輪場がある。多分、「椿第3駐輪場」というれっきとした名前もある。屋根付とは言っても電車が通る高架下に駐輪スペースを作っているだけの話なのだが、その辺の路上駐輪場に置いとくよりはいくらか気が利いているように思えるので、名古屋駅に用がある時は大抵ここを使う事にしている。極端に早い時間帯・遅い時間帯は入り口が閉鎖されているのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/04 21:56
がんばれ県図書
 現在愛知県立図書館は長の整理休館に入っている。この間、名古屋市図書館は愛知県立図書館と比べて利用者サービスに力が入っているような事を書いたが、名古屋市図書館は名古屋市図書館、県立図書館は県立図書館、お互い図書館とは言えそれぞれに持ち味があり、どちらかがどちらかを完全に代替できるというものでもない。たとえば名古屋市図書館はある種のレクリエーション施設としては及第点をあげられるが、調査とか勉強とかいったものを考えると県立図書館よりも見劣りがする。県図書にはまだまだがんばってもらわなければならない。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/01 22:49
【大都会】名古屋の鉄をも腐食させる潮風を熱く語る
 このブログではテーマ「名古屋」の記事を書く場合、物によってはさらに区によるカテゴライズを行っている。名古屋16区のどこかと特に縁付く記事よりは名古屋一般の話題の方が多いが、区毎の記事数では中区の記事が多い。以下、千種区、東区と私の行動範囲を考えれば順当と思える顔ぶれが続く。北区がそれなりに多くてダークホースなのだが、未だ熱田区、緑区、守山区、港区、天白区、瑞穂区の記事がない。熱田区なら熱田神宮や名古屋市内最高層分譲マンション(ザ・シーンは知らぬ間に王座から転落していたのだ)、瑞穂区ならおっぱい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/27 22:25
驚異の!!竜神伝説!!
前回までのあらすじ:東山動物園のホームページを腐した「私」は、やがて東山動物園に宿る神の存在を確信するようになり、慄然とする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/26 22:38
アニミズムあるいは東山動物園の罰
 私はかつて、名古屋市職員の前で東山動物園のホームページを痛罵したことがある。みすぼらしいと言ったかもしれない。あるいは自分が造った方がましだぐらいは言ったかもしれない。そのホームページは今でこそサボンとかパオンとかもいて面目を一新しているが、当時は200万都市の、コアラもいる動物園のそれとは思えないような、ホームページビルダーで「newpage*」と言う名前のファイルを大量生産してしまうレベルの個人が趣味でやっているホームページの如き佇まいをしていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/21 23:12
【大都会】名古屋で自転車に乗っているとしばしば尋問される
 これまでにも何度か話題にしたが、私は名古屋市内の移動であればほぼ100%自転車を使うことにしている。意気込みとしては1日100km以内の移動であれば自転車を使うことにしているのだが、じゃあそれほどの距離を移動する機会が頻繁にあるかと言えばそうでもない。通勤のためなどに往復2時間ほど自転車に乗るのがごく日常的なパターンだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/13 23:23
【大都会】名古屋で博物館実習受け入れを行っている博物館を熱く探す
 かなり前に学芸員資格を取ろうか取るまいかというようなことを書いた。この資格を取るために一番手軽な方法は大学在学中に所定の単位をそろえることで、それをしないとなかなか厄介な試験を受けるか、長期戦で無試験認定を受ける条件を満たすしかない。私の場合は学生時代に学芸員関係の授業をつまみ食いした記憶があるので、必要単位をそろえるのが最良の作戦だと思われた。そこで卒業大学に成績証明書の送付を依頼した。これが半年以上前の話である。しかしつい最近まで届いた成績証明に目を通していなかった。「就職活動のため」など... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/12 21:24
【大都会】名古屋の出会い喫茶を熱く語る
 最近繁華街で「出会い喫茶」の看板を掲げた店を見かける。あんまり普通に見かけるものだから、どこにでもとは言わないまでも、東京他の大都市部なら珍しくもないものだと思っていた。しかし、昨年11月頃の週刊新潮を読んだところではどうやらそうでもないらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/07 22:19
【大都会】名古屋市立図書館の頑張りを熱く評価する
 愛知県図書館は、困った事に祝日を休みたがる悪癖がある。市民に利用されてナンボの公営文化施設は、月曜日と祝日がかち合うと、月曜休みを返上して翌火曜日を休館日にする。これが愛知県図書館の場合は事情が違う。例えば私の方が月曜祝日を返上して仕事に出たりして、「しめしめ、図書館休館日を仕事でやり過ごして平日の人出の少ない図書館を満喫できるわい」とばかりに火曜朝の県立図書館に出かけると、月曜の定期休館を消化した上でさらに振り替え休日を謳歌していたりする。もうちょっとユーザーフレンドリーになって欲しい。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/03 23:31
名古屋の地名・「富士見町」(中区)
 中区上前津の南、メ〜テレのはす向かいの区画に富士見町という町名が存在する。表通りはともかく、少し奥に入り込むと普通の民家しかないような何の変哲もない町だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/01 23:34
【大都会】名古屋の香港進出について熱く語る
 名古屋はそこそこ大都会だ。しかし上には上がいるもので、香港は極めて大都会である。大都会度合いに関しては、名古屋はトリプルスコアくらいで香港に負けている。香港に出かける機会があり、そう思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/31 23:36
名古屋の地名・「丸の内」(中区丸の内」
 中区主要部の町名はそっけない。碁盤割の上に「錦○丁目」とか「栄○丁目」と言った具合の町名が振られている。強いて面白い点を上げるとすれば、現在「丸の内○丁目」と呼ばれている地区の多くが、歴史的には名古屋城の丸の内だったことがないことか。現町名で言う本丸、二の丸、三の丸が名古屋城本来の丸の内である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/31 00:42
【寺ホーミング】建中寺
 現在の名古屋市中心部は都市計画に基づいて碁盤目状に仕切られた街になっているが、名古屋は江戸時代の初めに造営された城下町の頃かられっきとした計画都市だった。南北は現在の広小路から外堀通りまで、東西は久屋大通から堀川の東端までが碁盤割の町人町とされた。城に仕える中流以下の武士階級は、町人たちの住む町のさらに東側に暮らした。町人町の南側と城の東側には寺院が多く集められた。建中寺は、その東寺町の一角にある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/28 19:57
猪子石神社は亥年に脚光を浴びるか
 2006年もいよいよ大詰めとなった今日この頃である。あまり実感はないのだけれど、戌年の後にやってくる2007年は亥年なのだそうだ。昔読んだ「帝都物語」には、亥年には大きな凶事が起こりがちだというような事が書かれていたが(関東大震災、そして12年前の阪神大震災や地下鉄サリン事件は亥年の出来事である)、来年は安閑とした年になりますように。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2006/12/23 23:31
シャチホコ県にあらず
 シャチまみれ名古屋の呆れた体質は今後も追及していかなければならないと思う今日この頃だが、名古屋も所属している愛知県が寄る辺としているキャラクターは何か。実際問題、対外的には愛知=名古屋のイメージで語られることが多く、結局シャチホコが愛知の象徴のごとく扱われることも珍しくない。地元企業であるはずのトヨタでさえ自社純正のカーナビでは、愛知県に入った時にシャチホコの絵と共に「愛知県に入りました」とアナウンスさせたりしている。分かりやすさを優先すると畢竟そうなるのだ。ちなみに同じカーナビでは、岐阜は鵜... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/17 22:47
【大都会】名古屋の向学心に燃える大学生
 名古屋には名古屋大学という国立の大学がある。地元では「めーだい」と呼ばれ、人びとから親しまれている。明治大学はあくまで明治大学だ。一応旧帝大なのだが、東海地方では全国区の大学というよりは地元の良い大学と認識されている。レベルもべらぼうに高いわけではなく、入学は比較的容易なので地元民の入学が多いかと思われる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/09 20:11
美しいものがきらいな人がいて?
 2年ほど前、伏見のカフェ。携帯に向かって熱っぽく語る女性の姿を見かけたことがある。声のトーンは高く、聞き耳を立てる気はなくても話の内容が耳に入ってしまう。どうやら彼女は街を行く女の子たちが皆かわいいと、褒めているらしい。特にファッションセンスをべた褒めしている。話を聞いていてピンと来た。彼女はきっとファッション誌の編集者なのだ。ただし「スパイガール」のような地元誌ではなく、在京の全国誌の関係者で、当時流行っていた「名古屋嬢」の特集でもやろうと思って名古屋に来ていたのだろう。ああいうブームを創ろ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/05 22:39
【大都会】名古屋の書店事情を熱く語る
 幸いなことに、名古屋にはそこそこの規模の書店がいくつかある。私が良く行くのはタワーズの三省堂、その駅前にあるジュンク堂、栄の丸善、そしてマナハウスと言ったところである。書店などどこでも似たようなもののように思われるかもしれないが、「実用書が多い」「趣味の本が充実している」「学術書に強い」等々、店舗ごとの特色と言うのはあるものだ。買いたいタイトルが最初から決まっているのでもなければ、欲しい本の方向性が漠然としている場合には、各書店の性格を参考に店選びをしている。もっとも、結局は目ぼしい書店を全部... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/04 22:14
逆襲のシャチ
 井上章一という人がいる。白木屋ズロース伝説を耳にして「もともと局部むき出しの恥辱から女性を守るバリアーだったはずのパンツが、いつからそれ自体恥じらいの対象とされていったのか」という点に興味を持ったり、面白い着眼点で民俗の研究をしている人だ。ちなみに氏の綿密な検証によれば、白木屋伝説は所詮伝説でしかないという線が濃厚である。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/01 23:18
【寺ホーミング】聖徳寺
 織田信長の正室・帰蝶(通称濃姫)の父親は言わずと知れた斎藤道三である。もともと濃尾の斉藤家と織田家の間柄は険悪で、信長の嫁取りは両家の関係改善のために行われた政略結婚だった。この結婚は奏功し、両家の間はひとまず安定を見る。そんな折の天文22年(1553)、信長は舅・道三と濃尾国境近くにある富田村正徳寺で会見を行うことになったのだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/29 23:06
冬場の名古屋駅は光る2006
 なんだか年を追うごとに評価が下がっていく、もとい見る側の目が肥えて評価が辛くなっていくような気がするタワーズライツだが、私の周囲ではやっぱり2006年版の評価がイマイチ芳しくない。今年のものはタワーズの壁面を飾るイルミネーションが簡素化されて(というか工夫がなくなって)いるのが低評価につながっていると思われる。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/28 23:09
【大都会】名古屋の河川管理者を熱く語る
 先日夕方のテレビニュースで言っていたのだけれど、名古屋市内を流れる川のいくつかについて、その管理権が愛知県から名古屋市に移るらしい。政令指定都市に与えられた権限は基本的に都道府県に相当である。市民生活に直接的に影響してくる範囲で言えば、名古屋市に暮らす住人は警察以外のほとんど全ての行政サービスを名古屋市から受けていると言ってしまっても良い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/22 20:52
我々は一匹のオオサンショウウオを失った
 つい先だって、名古屋堀川で一匹のオオサンショウウオが天に召された。熱田にある東海道七里の渡し近くに流れ着いたその亡骸は、ちょうど1年ほど前に話題になったオオサンショウウオ(瀬戸出身)の屍なのではないかと言われている。両者が同一のものであるとする決定的な証拠は何もないが、何せ堀川はドブ川であるから、清流を好むといわれるオオサンショウウオが何匹も生息しているとは思えず、同じ個体だと考える方が無理がなかろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/19 23:34
【寺ホーミング】傳光院
 にわかには信じられない話なのだが、「続・街道への誘い」という本によれば、現在では名古屋市都心部ということになっている栄エリアに、昔々のその昔、一筋の川が流れていたらしい。大正時代に編纂された名古屋市史にはそういう記述があるという。川の名前は紫川。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/17 22:36
名古屋の地名・「尼ヶ坂・坊ヶ坂」(東区芳野)
 中区・東区と北区の境界線は名古屋台地の北端部とほぼ一致しており、このラインを南北に移動すると坂道に突き当たることが多い。尼ヶ坂も坊ヶ坂も共にそれらの坂の中の一つだ。どちらも幹線道路からは外れたところにある、はっきり言って地味な坂なのだが、尼ヶ坂に関しては名鉄瀬戸線の駅にもなっており、知名度はかなり高いだろう。そして地名の由来もまた、悲しい昔話と共にそこそこに有名だと思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/12 22:43
交差点は語る
 北区に「城東園北」という名前の交差点がある。環状線の若葉通2交差点から市立工芸高に向かう途中の交差点だ。城はもちろん名古屋城のこと。地図で見て分かるとおり、この交差点は名古屋城の東北東に位置し、交差点名から逆説的に言えばこの交差点の南あたり、文字通り名古屋城の真東あたりが「城東園」という事になる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/07 21:34
適当に撮った写真の価値
 上はメインサイトで使っている写真。納屋橋の様子である。もちろん加工処理は施してあり、プレーンな状態ではない。撮ったままの画像がハードディスクのどこかに眠っているはずだが、探してもなかなか見つけられない。残念ながら撮影時期も分からない。下は、同じポイントから比較的似たような構図で撮影した写真(機会があったらもう少し旧写真に似せた構図で撮影してみようと思う)。アングルの差異などは別にしても、かなり趣が違う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/31 22:11
【寺ホーミング】林泉寺
 上杉輝虎入道謙信は、もともと越後守護代長尾為景の子として生まれた。嫡男ではなかったので子供のうちから城下の林泉寺に入れられたが、兄で嫡男の晴景は当主としての器量に欠け、結局は当時景虎と名乗っていた謙信が長尾氏を継ぐことになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/29 21:45
自転車に乗って
 北区は辻町にあるアピタ名古屋北店の裏手に、別小江神社という神社がある。いつぞやの羊神社からもさほど遠くない。読み方が分からなかったのだが、どうやら「わけおえじんじゃ」と読むのが正しいらしい。規模としては並み程度のもので、さほど特徴的な神社でもない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/22 21:20
「部落」のこと、知ってどうするの?
 ウェブリブログが標準装備(?)しているアクセス解析によると、最近「名古屋 部落」というようなキーワードを検索してこのブログにやってくる人が増えている。「名古屋」の部分は「中村区」とか「中川区」とかいった具合に、より範囲を狭められることもある。「『部落』のことなんて書いたかな」と思っていたのだが、私も知らぬ間に記事につけられていたコメントの中に「部落」という単語があり、それが検索に引っかかるらしい。ちなみにそのコメントに言う「部落」は、いわゆる「部落」のことを指すものではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/22 08:48
道徳の背徳
 さて、道徳公園の石クジラについて色々調べていたら、面白いことに気が付いた。遊郭・赤線跡めぐりを趣味とする人は意外と多いようで、そういう趣味がある程度高じると、地図を見て独特の形状を描く街区を見ただけで「ここは昔そういう場所だったんじゃないか」と想像をめぐらせる様になるらしいのだが、確かに自然発生的に生じたとは思えない街路というのは時々あるもので、それが道徳公園近くにもあったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/16 20:53
鯨のいる街
 金曜日に『鯨の哭く海』が放送されていたので思い出したのが、あの道徳クジラ。道徳公園に鎮座ましますコンクリート製のクジラは昭和2年(1927)の製作。古い時代の作品と侮るなかれ、その不敵な面魂が実に頼もしい。聞けば昔は潮も吹けたし、口の中に入ることも出来たのだそうだ。クジラ池も今よりずっと大きかったのだという。今はもちろんそんなことは出来ないし、池も小さい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/15 21:33
好ましいチーム編成
 今日、納屋橋のあたりをウロウロしていたら、織田信長と出会った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/14 22:32
藤が丘駅と私
 大体名古屋の地下鉄は乗車賃が高いのだ。1区乗るのに200円もかかる。これでは地下鉄路線の半分が赤字を出すのも致し方なく、市民の脚はますます地下鉄から遠のき、マイカー依存傾向を強めてしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/11 22:30
ごとうさん
 実体験ではないのだけれど、ある名古屋本(こういうジャンルがあるというのもある意味すごいと思うが)に書いてあった話。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/10 22:13
名古屋の地名・「猪子石」(名東区猪子石ほか)
 この間の図書館の話題の時「名東図書館は猪子石の方に」というような事を書いた。ネット上での「猪子石」は名古屋の難読地名の一つに数えられている事が多いが、果たしてこれは何と読むか。私はずっと名古屋通ぶって「いのこし」だと思っていたのだけれど、「なごやの町名」という本によると「いのこいし」が正しいらしい。そのままではないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/01 22:20
5人殺した!
 都合3回このブログでとり上げてきた国道41号線・東片端の大楠だが、ついに「切ろうとした人間を5人殺した」としているサイトを見つけた。最初に断っておくが、バタフライ効果の類や「風が吹けば桶屋が儲かる」式の迂遠な関連付けでも持ち出さなければ、木を切ろうとする事と人が死ぬ事に何の因果関係もあるはずはない。工事関係者が5人死んだという事実そのものを否定したり、「切ろうとしたから死んだ」と主張する人を説得しようとも思わないが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/30 23:01
【大都会】名古屋の図書館を使い倒したい
 名古屋市の一部図書館にはAV (視聴覚資料)が収蔵されている。一般図書ほど新しい作品は入らないのでいわゆるJ-POPなどはすっかり盛りを過ぎたようなタイトルしか見つからないことが多いのだが、クラシックとなると話は違ってくる。実質的に新作・旧作の区別がないジャンルだから(本当のファンは誰の指揮でいつ録音の音源というのにもこだわるだろうが)、わざわざレンタルショップで金を払って借りるのがあほらしくなる道理である。難点は、数が多くないのですぐにストック全部が出払ってしまう事だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/23 23:11
歴史的確執に決着を
 自動車のナンバープレートに関して、愛知県ナンバーと呼ばれるものは4種類ある。三河地方の「三河」「豊橋」、尾張の「尾張小牧」そして「名古屋」だ。一昔前の資料しか見つからなかったのだが、平成8年当時、名古屋ナンバーの車は日本一の台数(196万台以上)を誇っていたようだ。2位の神戸ナンバーとは20万台近い差をつけていたようだから、現在でも首位を保っているような気がする。大体愛知県は、一家に一台どころか家族一人に一台の割合で車を保有している事も珍しくない異常な県なのだ。もちろん18歳未満や高齢者は除い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/22 22:37
名古屋の地名・「烏森」(中村区烏森町・中川区烏森町)
 烏森は「かすもり」である。「からすもり」でないのが難しいところだが、地名の来歴を知る上では読みより字面が重要になる。烏森は文字通り多くの烏の集まる森の事だった。ヒッチコックの映画ではないが、夥しい数の鳥が集まる森というのはあまりゾッとしない。金沢に住んでいた頃、夕方になると兼六園付近に鳩や烏が無数に集まってくるのを見て肝を冷やしたことがある。烏森にも、鳥にまつわる怖い話はある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/16 21:40
ももいろ都市伝説・生出しの池
 ローカル色の強い話ながら、東名高速道路を頻繁に利用する人ならば多少はなじみ易い話だろうか。愛知県の日進市にAG大学という私立大学がある。東名を東京方面から下って行った場合、名古屋ICの直前にこの大学の校舎が自己主張も高らかに建っている。近年では同じ場所に、万博訪問客の便利に供するために造られたと思われる名古屋瀬戸道路とのジャンクションも存在しており、ランドマークとしてはむしろこちらの方が通りが良いかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/13 21:04
名古屋の地名・「星ヶ丘」(千種区星ヶ丘、星が丘元町)
 星ヶ丘はきわめて人工的に発生した名前である。昭和30年(1955)にこの地の宅地造成が行われた時、主体となった公団により「星にもっとも近い丘」という意味で命名されたのだそうだ。微妙に距離を置いた書き方をしているけれど、理由はネタ本が「〜と言われる」などと微妙な表現をしているためである。せいぜい50年前の命名話なのだけれどそんなに不確かな話なのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/07 23:07
街の谷間
 当サイトでは豊臣秀吉のゆかりや中村遊郭のあった土地としてたびたび紹介する中村界隈だが、古くは鎌倉街道が通っていた関係で宿場が発達していた。今に残る「東宿」とか「宿跡」といった地名は宿場だった頃の名残なのだろう。その東宿に、宿場で働いていた飯盛り女を弔った「女郎墓」があると聞いた。飯盛り女は宿場の宿で雇われていた女性で、給仕もするが事実上の売春婦でもあった。ただし、厳密には公娼ではなく私娼という事になるらしい。余談だが、飯盛り女の他にも、傾城、湯女(ゆな)、売笑(ばいた)等々、いわゆる売春婦の呼... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/04 22:06
伊勢の名物 赤福餅はええじゃないか
 幕末の慶応3年(1867)7月14日、三河国渥美郡牟呂村(現豊橋市)に伊勢神宮外宮のお札が降りました。翌日には伊雑宮と伊勢神宮内宮のお札が発見され、牟呂村では、二夜三日に渡って祭礼が行われました。その後、お札降りは牟呂村以外の地域へと広がり、東は江戸、西は広島へと全国的な広がりをみせていきます。お札降りがあった地域では、降札の連続により祭礼が連続し、日常生活の機能が麻痺してしまうほどの騒ぎとなりました。そして、騒ぎは、慶応4年4月4日の播磨国(現兵庫県)まで続くのです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/31 21:59
【寺ホーミング】清浄寺(矢場地蔵尊)
 名古屋のことではないが、最近とある地区で子供たちを集めて催される行事「地蔵盆」が問題になったのだそうだ。町内会の住民から集める町会費を使って特定宗教の行事を行うのはけしからんと、さる新興宗教を信仰する住民からクレームが付いたのだそうである。私は事件の顛末は知らないのだけれど、「地蔵盆」という行事には興味を惹かれた。と言うのも、私は未だにこの宗教行事を見たことがないからである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/28 22:26
名古屋における自転車の意義は?
 最近、ブログ内のとある記事のPVが1000を突破した。当然古い時期にアップした記事の方がヒット数を稼ぎやすいし、都市伝説系の記事もメインサイトからのリンクが存在しているのでコンスタントに伸びるのだが、初の1000オーバー記事になったのは意外にも「【大都会】名古屋の駐輪場事情を熱く語る」(以下「駐輪場」)だった。ちなみに2位が「火曜日に『暗い日曜日』」、3位が「韓国ガンダム裁判」 である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/26 23:57
樟の木は残った
 高知県安芸市の国道55号線中央分離帯には、場違いな木が一本、立っているのだそうだ。なぜそのような事になったのかといえば、木を切ろうとして死人が出たらしい。「噂」によれば死者は一人きりではなかったようだし、道行く車が運転を誤ってこの木に突っ込んだときも、木は折れることも枯れることもなく生き残ったという。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/22 21:46
名古屋の地名・「古井」(千種区千種、今池界隈)
 千種区内の国道153号線(飯田街道)に、「古井ノ坂」という名前の交差点がある。どうということのない小さな交差点だが、角地にカレー屋があり、通るたびにいい匂いをさせているのが印象的だ。「古井」は「こい」と読む。町名から来る交差点名ではなく、現在付近に「古井」という町名もない。交差点がある場所の住所は「名古屋市千種区千種」である。千種の、1丁目から3丁目にまたがっていそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/20 20:45
不思議の町・北名古屋へ行こう
 名古屋におけるエリートとは、名古屋に生まれ名古屋以外を知らずに育ち、名古屋の最高学府・名古屋大学を卒業した後、名古屋市役所や愛知県庁といった名古屋政庁、中部電力、トヨタ、かつての東海銀行のような地場の有力企業に就職したような連中の事を指す。まあ今でもそうなのかどうかは良く分からないが、少なくとも一昔前まではそう言われていた。東大卒だろうが京大卒だろうが名古屋では外様だった。戦国大名で言えば、前田、伊達、島津レベルである。東大京大にしてからがそんな調子だったのだから、東海地区外の大学に進学するこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/08 21:55
市政どう?
 近頃では名古屋市営バスのバス停の改修工事が進んでいるようだ。都心部を中心に屋根とベンチが備え付けられた真新しいバス停が増えている。バス停名が「臨時停車場」となっている場所も多く、路線の再編期間中なのかもしれないし、バス停新設ラッシュなのかも知れぬ。新しいバス停は、金属製の骨組みとアクリル素材らしきもので出来ていて小奇麗なのだけれど、広告スペースがとにかくでかくて、遠くからでも目に付く。名古屋市交通局の経営はなかなか厳しいようだが、このようにして副収入を稼いでいるわけだ。写真は資生堂シャンプー「... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/07 20:17
おシャチの国の人だもの
 今さら念を押す事でもないが、欧米では日本の商業捕鯨に対する反対ムードが根強い。あちらではイルカ・クジラに対して愛玩動物に近い感覚を持っているのだろうか。日本で犬猫を食おうとする者が現れた場合の感覚に近いのかもしれない。対する国内の捕鯨推進派は、「捕鯨をやめたからクジラが増えて、増えたクジラがサンマなどを食い荒らすのでサンマやイワシの漁獲量が減っている」などとして、生態系のバランスを守ると言う視点から捕鯨の正当性を主張している。私などは、「じゃあ人間が海に出る前にクジラの餌になる魚が絶滅しなかっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/01 22:13
【大都会】名古屋の天変地異をとりとめなく語る【地震編】
 仮に引越しを果たしたとして、現在に引き続きマンション住まいを続けようという思惑はあるのだが、高層マンションには耐震性の問題もある。姉歯某がやったような耐震強度の偽装など論外だが、どうやら法律に適合する強度が保障されていたとしても安心とは行かないらしい。地震時のマンション住まいを一考してみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/29 21:30
次の10年は大曽根か
 引越しは一人者の楽しみだ。同じ場所に住み続けるのに飽きてくると、身軽なのを良いことに次はどこに住もうかなどと考え始める。別に今の場所に不満があるというわけではないのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/27 21:02
名取裕子の花魁道中を見ていると泣けて来る
 中村遊郭がらみのことをやっていた時期、中村だったか大須だったかの祭りで花魁道中をやっているというような話を見かけたことがある。花魁道中とは「吉原炎上」で名取裕子がやっていたアレである。花魁は、狭義では遊女の中でも最高位の者の事をさし、お客が大名クラスであることも珍しくない。従って、お出ましも仰々しく絢爛豪華になるのだ。ちなみに京都島原では、最上位の遊女は「花魁」ではなく「太夫」なのだそうだ。何も下調べせずに書くけれど、名古屋の遊郭はその成り立ちを考えるにさほどの格式があったとも思えず、本当の意... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/26 20:41
August 8
 名古屋の市章は「丸に八の字」である。何やら家紋っぽくて古めかしい印象を与える。何しろ制定されたのは明治40年の10月のことで、意匠が今風でないのは当然である。実際に「丸に上文字」とか「丸に本の字」とかいった家紋もあるが、八の字は尾張徳川家の合印であり、藩政期には葵の紋の略称として使われてきた。それが明治も終わりが見えてきた時期に引っ張り出されてきたのは、やはり八が「末広がり」の吉字だった事が大きく影響しているらしい。もちろん、御三家筆頭という過去の栄光にすがるような気持ちもあったのだろうけど。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/25 21:01
どっこい生きてる
 鶴舞にはうらぶれた温泉地のような雰囲気を漂わせるストリップ劇場がある。小さくて自己主張も弱い建物なのだけれど、これがニュースになっていたらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/25 19:50
【大都会】名古屋ラビオリ迷子
 今は昔、私が金沢に住んでいたころ、近所に「ニュー三久」と言う名前のスーパーがあった。名前も垢抜けないのだけれど店構えも1970年代を彷彿とさせる何かがあり、決して若向けの店ではなかったのだが、どこかに出かけた帰り道には便利な場所で営業していたため、ちょくちょく買い物をしていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/22 20:31
【大都会】名古屋はまだゴミ問題に悩まされるらしい
 以前こちらでゴミに分別について触れたところ程なくして、名古屋市内で分別回収されたゴミの一部が結局一緒くたにされて焼却処分されていた件が報道された。何でも焼却炉の性能が向上し高温でゴミを抹殺できるようになったため、旧来なら有毒ガスが発生するとして別個に処分しなければならなかったゴミも普通に燃やしてしまってOKになっていたのだが、市民への説明がなかったということらしい。焼却炉の性能の向上などでゴミの処理方法がちまちま変わったとして、その度に分別のルールが変わったりすると鬱陶しい事この上ないのだが、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/18 21:26
ビッグイシュー
 名古屋の街を歩いていると、草臥れた面持ちのおじさんが雑誌のようなものを売っているのに出くわす事がある。一概には言えないが、その雑誌はおそらく「ビッグイシュー」という雑誌で、売っているのはホームレスの人たちだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/18 21:25
俺は疲れているのか?
アンピョンはジョブジョブ星に住んでいる。 ジョブジョブ星は、1年中おだやかな気候でみんな仲良し。 アンピョンの長所は、明るくて、元気で、 好奇心いっぱいなところ。 だから、興味をもったことには、 どんどんチャレンジしちゃう。 もちろん、シゴトもね! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/16 22:11
【大都会】名古屋の水がめを今から心配しておく
 沖縄の梅雨は少し前に開けたけれど、東海地方は未だ梅雨の真っ只中らしい。確かにはっきりしない天気は続いているが、土砂降りの雨が降ったり、そうではなくともしとしとと長雨が続いたりと言う事はない。出かけるときに鬱陶しい思いをしなくてすむのは良いのだけれど、この調子だと夏本番が到来した時に水不足になりそうで不安である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/12 21:41
上前津に邪悪な意志を感じる
 もうかれこれ7年前の話になるようだが、桶川ストーカー殺人事件の時、犯人は最後の一線を超える直前に被害宅周辺に被害者を誹謗中傷する内容のビラをばら撒いたという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/04 23:09
【大都会】名古屋には路上禁煙区域があります
 ニュースなどを見ていると、この7月1日からタバコが値上がりしたらしいのだけれど、それに合わせてか名古屋市内でも一部地域の路上禁煙条例が動き始めた。やはり動き始めはいろいろなトラブルがつき物らしく、今日のローカルニュースでは禁煙指導員に対して逆切れする喫煙者の様子が報じられていた。曰く「俺は他所から来たんだから知らねーよ。過料なんて払ってられっか」てなことらしく、大阪から来たという中年夫婦などは「名古屋はサイテーや」となどとのたまっていた。2chの痛いニュース板なんかは韓国の性犯罪(在外韓国人の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/03 21:39
【大都会】名古屋の国道管理者を熱く語る
 国道とは読んで字のごとく国の道なのであるが、管理者が国であるとは限らない。国道マニアの道に踏み込んでその辺の法律の概形は分かってきたのだけれど、まだまだややこしい部分はある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/14 22:30
【大都会】名古屋の動物園を熱く語る
 最近、サーカスから虎が逃げ出しててんやわんやの大騒ぎになる漫画を読んだ。劇中で逃げ出した虎の種類は「アムールトラ」とされていた。別名は「シベリアトラ」。調べてみると、地球上に何種類か存在する虎の中でも最も大型の種類なのだそうだ。かつての金沢時代には「石川県の高校生の体格は全国でも最も大きい」とか聞いたことがあるし、同種の動物は低緯度地方に生息するものより高緯度地方のものの方が大型化するというアレだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/11 19:06
毎年よ 初夏の県図書が 暑いのは
 青葉若葉のみぎり、名古屋の夏は暑いったら暑いのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/07 22:09
ゴミとガラクタの山
 名古屋市内を東西に走る国道153号線の隼人池横の上り車線側に、地元ではそこそこ有名なゴミ屋敷がある。前回のネタもゴミで今回もゴミ、普段から取り上げる内容もゴミ同然と来てはこのブログももはやゴミブログの様相を呈してきている。もう少し綺麗にいけないもんだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/01 21:23
【大都会】名古屋のゴミ事情を熱く語る
 名古屋はゴミの分別にうるさいことで知られている。その分け方は、大別すれば「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「粗大ゴミ」「資源(紙)」「資源(プラスチック)」「ビン・カン」の6系統となる。なお、「資源」に分類されるものに関しては、あくまでも「資源」であって「ゴミ」ではないというのが公式の見解らしい。それぞれを廃棄するには市指定の袋につめて自宅前もしくは所定の収集所に出さなければならないが、粗大ゴミは専門の機関に連絡して、有料で引き取ってもらわなければならない。南区にある大江の破砕工場まで自分で持ち込めば格... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/25 20:22
お住まいはどちらですか?
 ずいぶん前の話。そのうち書くこともあるかもしれないと思いながら結局今日まで書かずに来たのだけれど旬の話題でも何でもないので特に問題はない。名古屋在住のある人が家はどこかと尋ねられた時、「熱田に近い南区」というようなニュアンスの答え方をしていた。「熱田に近い」というところに結構力点を置いていたようで、その人の中で熱田近くの南区は南区っぽくない南区という印象があるのか、では彼女の思い描く南区らしい南区とはどこなのかと、気になったことがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/07 22:03
エビちゃん、ラシックに来たる
 今朝方たまたま入手した情報なのだけれど、あろうことかエビちゃんが、今日30日に栄のラシックに来るのだという。時間は午後3時。トークショーなのだそうだ。確かな筋からの公式情報ではないので、眉につばをつけながら3時ごろにラシック周辺をうろついてみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/30 19:59
上の空
 一般的な表現なのかどうかは定かではないのだけれど、「名古屋駅前超高層ビル群」というような言い方があるらしい。いや、ググってもそのものズバリ言葉はヒットしないのだけれど、それに類似した単語を検索していてこのブログにやって来る人がちょこちょこといる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/25 23:10
【大都会】名古屋の起伏を熱く語る…そして…
 ずいぶん前に「濃尾平野は平らだなあ」と言うようなことを書いた。それはそれで間違いの無い事実である。何しろ日本国内では関東平野に次ぐ広さを誇り、ビルなどの高所に上ってみても山は遠くに見えるばかりなのだから。この地勢を生かせば、潜在的には窮屈そうに都市圏を広げている大阪周りを超えられる可能性もあるのだけれど、とてもその様を想像できないあたりが名古屋の名古屋たるゆえんであろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/16 22:03
つまるところ「名古屋」とは?
 前回までのあらすじ:北名古屋は他人の褌で相撲を取っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/06 22:30
甘いものが好きったら好き
 何を隠そう私はイオンカードの会員である。折に触れイオン社からイベント告知などの葉書が届くのだけれど、最近もまた同じような連絡があった。今回の告知内容は、イオンナゴヤドーム前ショッピングセンターオープンの知らせだった。それによると、オープン期日は今日になっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/28 21:40
北名古屋問題をもっと突き詰めて考えてみる
 何だか気になる北名古屋という地名について、新たに北名古屋市民となった人に問いただしてみた。「北名古屋はもともと名古屋でもなんでもないじゃん」と。するとその返答は、「愛知県の人にはバレちゃうけど県外の人にはわからないからいいの」とのこと。調べてみると新市名の候補には「西名古屋」もあったようで、さすがにそれは地理的条件からも無理があったのでふいになったようだが、しかし、う〜ん、徹頭徹尾「名古屋」という名前を僭称しようとする意識が仄見える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/26 21:54
【大都会】名古屋・安らぎの岩盤を求めて
 最近なんだか右の上腕部が痛む。これはもしかして、「肩こり」というやつだろうか。ずいぶん前に「医学都市伝説」さんで、「肩こりという単語の存在しない国の人間が日本にやってきて肩こりという言葉を覚えると、それまでは経験したことのなかった肩こりの症状に悩まされるようになる」というような記事を読んだことがあるが、肩こりとはそういうものなのかもしれない。知らなければ知らないで意識されることもないまま通り過ぎてしまうものなのだけれど、しかし変に意識しだすと性質が悪く、朝の起き抜けなどは腕が痛くて仕方がない。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/25 22:26
びっくりするほど北名古屋
 ほとんど気にも留めていなかったのだけれど、どうやら風のうわさに聞いていた北名古屋市とやらが誕生していたらしい。旧師勝町+西春町で北名古屋なのだそうである。命名の発想としてはあの南セントレア市と大差はあるまい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/23 21:40
【大都会】名古屋の格安スポーツ教室事情を熱く語る
 今日は庄内川にかかる水分橋から新州崎橋あたりまでの堀川沿いを自転車で1時間ほどかけて流した後、今日も今日とての中スポーツセンター通いをしたのだけれど、回を重ねるごとに次第にエスカレートしていく運動強度がまずかったのか、絶望味の発作に襲われてしまった。そのまま欠神発作に移行してしまうとスポーツセンターへの出入を禁じられそうな気がしたので、気持ちはまだ折れていなかったのだけれど、いつもよりも短めの時間でトレーニングを切り上げた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/21 20:54
堀川ぶっこぬきサイクリングへ出かけよう
 少し前に堀川でオオサンショウウオが発見されたことがあってちょっとした話題になった。このブログでもネタにしたのだけれど、オオサンショウウオは国の特別天然記念物に指定されていて、基本的には水のきれいなところにしか生息しないということになっているのだ。そんな生き物が汚い川というイメージが強い堀川で発見されたものだからちょっとしたセンセーションだったのだ。このサンショウウオはもともと堀川に生息していたものではなく上流の方から流されてきたものだと見られており、専門家によるそのあたりの見解も前回記事にした... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/19 21:51
名古屋今昔物語
 「へぇ、中村に遊郭があったんだ」と思ったのは、2003年の夏頃だったはずである。もともとは「カーネル・サンダースの呪い」について調べていた時期で、その流れで「人形の誘惑」という本を手にし、その中にちょっとだけ中村遊郭の存在が書かれていただけだったのだけれど、そこから細い糸を手繰って「聞書・遊郭成駒屋」へとたどり着き、さらにその既述を元に「大須物語」と言ったような本を見つけ出し、とにもかくにも調べた上げた成果をまとめたのが「中村遊郭探訪」であった。すべての始まりになった「カーネル・サンダースの呪... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/12 21:00
【大都会】名古屋の桜と花見を熱く語る
 このブログにはデフォルトでアクセス解析がついていて、訪問者諸氏がどこからやってきたのかはある程度わかる仕組みになっている。大体は何かしらの検索エンジンを通じてのお客様で、名古屋関連記事では意外にも(?)、「名古屋(駅) 駐輪場」というキーワードが目立つ。実際のところPV数も多い。他、最近になって多くなってきたのが「名古屋 ホワイトデー」という組み合わせ。そろそろ名古屋の男どももホワイトデーのお返しに頭を悩ませ始めた様子だ。参考になるかどうかは分からないが、丸栄、松坂屋、高島屋あたりでは、大々的... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/03 23:07
【大都会】名古屋のスポーツ施設を熱く語る
 なんと言うかまあ、また青春18きっぷを買った。毎度毎度、シーズンの最後の方はその使い道に困っているような気もするのだけれど、シーズン終了から次のシーズンまでのインターバル期間の内に、どこかしら出かけてみたい場所が出て来るのだから因果なものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/27 21:29
今さらだけどラシックいいんじゃない?
 そういうわけで今日は市内のデパートを巡ってみた。どうも昨日ならば高島屋のイベントに押切もえ嬢が来ていたようで、少し惜しいことをしたような気もする。押切嬢、今は東京で生放送番組に出ていて色々大変そうだが頑張って欲しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/19 22:52
大須の靴屋は過当競争に曝されているのではないか
 というわけで、今日は大須へ靴を買いに行ってみた。靴屋を探してぶらぶら歩いていると、色々な店が目につく。よくよく見ていると、電器・PC系の店はいつの間にやら随分とその数を減らしているようだ。代わりにオタク向けの店が増えているのだろうか。また、アジア雑貨の店はアジア雑貨の店同士で寄り集まっていたり、たこ焼き屋やブラジルやトルコといった外国系の軽食店も同様に近い場所に店を出しており、まるっきり無秩序な街づくりが行われてきたわけでもないらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/12 22:16
【大都会】名古屋のホワイトデーを熱く語る
 来る2月14日はバレンタインデーだ。もっとも、今回のテーマはさらにその一ヵ月後に控えた3月14日のホワイトデーの方だ。今年はおそらく一つたりともチョコをもらうことがなさそうで、必然的にホワイトデーとも無縁になりそうなので、この期にホワイトデーの話題に触れておくものである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/11 18:55
いなざわHG
 名古屋のちょい北、愛知県稲沢市にある「国府宮」こと尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)で行われる儺追(なおい)神事は、裸の男の肉体と肉体がぶつかり合う勇壮な祭りで、「稲沢の裸祭り」として知られる。聞くところによると天下の奇祭の一つとして有名なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/08 22:03
靴を買いに大須へ行こう
 おしゃれじゃなさに関しては人後に落ちないという自負のある私だが、靴にだけは妙なこだわりを持っていて、「着たきりスズメ」ならぬ「履いたきりスズメ状態」で同じような靴ばかり履いている(そういう状態を本当におしゃれというのかどうかは定かではない)。もっとも、スーツ用の革靴と都会の雪道をザクザク歩くためのエンジニアブーツなどの変り種をあわせても5足しか持っていないため、同じような靴ばかり履く結果になるのも当然といえば当然なのだけれど。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/05 22:15
桜通21時のつぶやき
 深い理由はないが、最近密かに桜通りに注目している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/01 21:44
【大都会】名古屋のえびふりゃーを熱く語る
 最近マックのエビフィレオがレギュラーメニューになったとかで、我が愛しのエビちゃんが街にテレビにPCに(マックのHPでエビ紙ver3を配布中)溢れかえっていて、エビファンの私としては嬉しい限り、折に触れエビちゃんのご尊顔を拝見する度に「世の中には美しい人がいるんだなあ」とニヤニヤすることしきりである。悩みはくだんのHPで見られるCM画像がいつも途中でフリーズしてしまうことだ。最初にまとめてドカンとダウンロードしておけばこんな障害も起こるまいにそれができない。一時期は何とかそれを実行することに血道... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/29 21:56
名古屋の記事が増えすぎた?
 メインサイトの整理統合を思い立ち、実験的に名古屋ネタのブログ引っ越しを画策してみたが、その結果テーマごと記事数のバランスが著しく崩れそうな気がしてきた。もし本格的に引っ越しを開始したらテーマ名古屋の記事数が50ではきかなくなるような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:27
名古屋の地名・羊神社
 少し前に犬年に沸く伊奴神社のことをネタにしたところ、細々とやっているこのブログにしては珍しくそこそこのPVがあった。やはり今年の干支と同名ということもあって、伊奴神社への関心は高いらしい。そこでふと思い出したのが、やはり十二支動物の名前を持つ羊神社のことだ。言うまでもなく干支と言うのは12の動物の回り持ちであるから、もう10年もすれば羊神社がワーキャー言われる時代がやってくるはずである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/28 21:15
名古屋の地名・「八事」(昭和区・天白区)
 今で言う八事のあたりには、その昔「八琴」という琴の名手の老翁が住んでいたという。それにちなんで八事となった…というのはいかにも昔話チックな起源説だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:14
名古屋の地名・「鶴舞」(昭和区鶴舞1〜5丁目)
 どこの街にも難読地名というのはあって、これが読めるかどうかで生粋の地元っ子かヨソ者かを区別することがあるようだ。まあそこまで露骨ではないにしても、ヨソ者に「これなんて読むの?」と質問し、相手が予想通りの誤答をかました時にはニヤニヤしたり…程度は間々あるだろう。別にそのことの良い悪いを言うつもりはない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/28 21:14
名古屋の地名・「極楽」(名東区極楽1〜5丁目)
 名東区極楽は、名古屋市の東のはずれに位置する。隣はもう愛知郡長久手町という場所だ。名古屋市東部は基本的に丘陵が発達しており、植田川や天白川の流れによって削られた河岸地区だけが低地になっている感じである。極楽も、高台の上に位置する町だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:13
名古屋の地名「清明山」(千種区清明山1・2丁目)
 日本各地には弘法大師空海にゆかりの史跡がたくさんある。多くは「大師はこの地でこんな奇跡を起こされたのです」式の逸話が残る場所なのだが、優れた宗教家と言うか呪い師は、この種のエピソードには事欠かない。安倍晴明(921?-1005)も、同じように超人的エピソードを今に伝えるシャーマンだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:11
名古屋の地名「今池」(千種区今池1〜5丁目)
 名古屋で一番の盛り場といえば錦3丁目である。次いで、錦・栄エリアを出し抜こうと鼻息も荒い名古屋駅周辺地区であろう。では3番手はと聞かれると、かなり微妙な問題だ。金山駅周辺か今池かと言ったところか。若干今池の旗色が悪いような気がするが、大型店舗に雑居ビル、飲食店から風俗店まであり、表通りは賑やかだ。それでいて路地裏に入れば住宅地という、雑駁な街並みになっている。終戦直後には闇市があったとも言うから、その流れか。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 1

2006/01/28 21:09
名古屋の地名「猫洞通」(千種区猫洞通1〜5丁目)
 猫洞通とは、大カマキリと並んでいわく因縁のありそうな地名である。この近くには山猫なり化け猫なりが住むと言われる洞穴でもあったのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:08
名古屋の地名・「大蟷螂町」(中川区大蟷螂町)
 大蟷螂町。字面だけで判断するなら、でかいカマキリの町である。庄内川の河川敷が町内の大部分を占めるようなので人口はさほど多くないと思うが、住んでいるのはもちろん普通の人ばかりである。過去にもカマキリの化け物が現れたと言う伝説は残されていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:07
名古屋の地名・「○女子」(中川区二女子、四女子、五女子)
 金山総合駅から尾頭橋を渡って八熊本通りを西に向かうと出くわす意味深地名が、信号交差点にも見られる「五女子」である。「数字+女子」という地名は他に、五女子に隣接する二女子、中川運河を渡って少し行ったあたりの四女子がある。なお、「八熊」という名も少し気になったので調べてみたところ、これは昔、五女子にある八劔神社と二女子にある熊野神社の頭文字をくっつけて「八熊村」としていた事に始まる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:06
路傍の樹・41号線東片端の大樹
 国道41号線の下り車線、東片端の交差点から少し進んだところ名古屋都市高速東片端料金所の並び、清水への坂を下り始める直前、道行く車を見下ろすようにそそり立つ一本の古木がある。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 1

2006/01/28 21:04
路傍の樹・御園のタブノキ
 例の「ことわりの松」よりもはるかに貫禄のある立ち姿を見せているのが「御園のタブノキ」だ。所在は名前が示している通り、国道19号線登り車線の伏見近く、ちょうど御園座の蓮向かい辺りである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/28 21:03
路傍の樹・ことわりの松
 広小路通りと東山通りは連続した一本の道だ。けれど私の中では未だに、どこまで広小路通りでどこから東山通りなのか判然としていない。池下から覚王山に向かう上り坂の辺りから、この道の歩道はパステルカラーのタイル舗装に変わる。深い理由はないが、このパステルカラーこそが私の中での東山通りのイメージである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/28 21:03
いぬ神社、ねこ神社
 昨日の記事で老松町近傍の謎の石柱=道しるべをネタにし、当初の疑問は氷解したのだけれど新たに「おからねこ」という謎のワードに行当たった。少し調べてみると、上前津辺り伝わる民話もしくは神社の通称のようなのだけれど、ネット検索だけではイメージが曖昧模糊としている。そこで今日は謎の「おからねこ」を求めて出かけることにした。ついでなので、西区にあるという伊奴神社(いぬじんじゃ)にも行ってみることに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/09 20:36
道しるべ・そこに立っている
 中区丸田町交差点近くのマンション・ジャルダン老松の前には、大仰な金属骨格で補強された数十cmほどの高さの石柱が立っている。このビルの前の若宮大通を通勤路にするようになって以来、この石柱は長らく私の中の謎だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/08 22:36
バベルの塔
 今改めて調べてみると、名古屋駅前でにょきにょきと伸び続けていた超高層ビルの名前は「ミッドランドスクエア」に決定していたらしい。負け惜しみでは無いけれどこの名前、まだあまり浸透していないような気がする。件のビルの向かいに鎮座するJRセントラルタワーズから見ると、現在ではこのミッドランドスクエアが唯一視界に立ちはだかる構造物となっている。それだけに展望の客(なぜか地元民が多い)の注目度も高いのだが、大方の人はこれを「豊田毎日ビル」と呼んでいる。一応それはそれでも間違いでは無いらしく、サブ名称として... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/11 22:33
【大都会】名古屋の治安問題を熱く語る
 今日、出掛けにマンション管理人に呼び止められた。壊れた自転車を処分して新たなものを購入したのは良いのだけれど、いろいろあって未だに駐輪許可を得ていかったのでそのことを指摘されるのかと思った。まあこの機会に正式に許可を貰うのも良かろうと思ったのだけれど、話はそのことについてではなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/04 08:15
冬場の名古屋駅は光る
 冬になるとチカチカ光る名古屋駅のアレは、「タワーズライツ」と呼ぶのが正しいのだろうか。それとも「タワーズイルミネーション」なのだろうか。ポスターなんかを見ていると、どうやら「タワーズライツ」となっている。ともあれ、今ではすっかり名古屋の冬の風物詩となった光り物の話。夜間撮影で露光時間が長くなったために写真の手ブレが甚だしくなっているのはご愛嬌。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2005/12/03 20:39
伏見駅で走ってみた
 伏見駅は東山線と鶴舞線の接続する駅である。相互の乗り換えのためには、名古屋地下鉄駅の中でも屈指の長さを誇る階段を上り、あるいは下らなければならないのだけれど、東山線から八事・豊田方面行きの鶴舞線に乗り換える時には、階段に負けず劣らず長い直線通路を歩かなければならない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/01 22:18
川はいろいろなものを運び、流れる
 名古屋の都心近くを貫流する堀川の風情は、やはり都会の川である道頓堀川になぞらえられることもある。つまるところ日本一汚いとさえ噂された旧悪(別に堀川本人は悪くないが)によるものだ。その堀川になんと、国の特別天然記念物に指定されているオオサンショウウオが棲みついているのだと言う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2005/11/26 20:27
とまどうシャチホコ
 名古屋には「シャチホコ崇拝」とでも呼ぶべき土俗的な信仰の形が存在することは以前述べたとおりである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/09 21:17
ハロウィンは銭にならん
 最近この国では、ハロウィンなどという洋物の祭りまでもが晩秋の風物詩として定着しつつあるらしい。ニュース番組でも(ヒマネタとしてではあるが)「今日はハロウィン」みたいなことを言うようになったし、当日のYahooニュースでも大阪でハロウィンにちなんで発生した椿事(そういう扮装をした外国人の群れが地下鉄の一部車両を占拠して周囲に迷惑をかけたのだそうな。見出しには「仮装集団地下鉄を占拠」みたいに書いてあったので「また2ちゃんねるか」と思ったのだが)が取り上げられていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/05 19:43
あらためて感じる平らかな濃尾平野
 秋晴れと言うのは今日の朝の空のようなものを指して言うのだろう。そのくらい今朝の空は青く高く晴れ渡っており、無性に旅情を誘われた。気がつけば明後日は文化の日とやらで休みである。どこかに行きたいなあ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/01 22:40
どんまい名城線
 Toppy.Netの主宰者であるToppyさんが発行されているメルマガ『名古屋みゃーみゃー通信』によると、名古屋市交通局のバス・地下鉄の2004年度決算が発表されたのだそうだ。その詳細を見ると、地下鉄では東山線が約109億円、鶴舞線が約13億円の黒字を出したものの、名城線および名港線が約58億円、上飯田線は約10億円、桜通線に至って175億円の赤字になったのだという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/27 22:33
馬が魚でないのと同様に
 根っからの名古屋人というわけではないのだけれど、かなり昔から納屋橋という地名は知っていた。名古屋には「納屋橋饅頭」という銘菓があって、これが一頃盛んにテレビコマーシャルを流していた関係である。そしてそれに洗脳されたのかどうかは定かでは無いが、なぜか私は納屋橋と言う場所が好きだ。龍が咆哮するかの如き東京日本橋のような派手さは無いのだけれど、実際に渡ってみるとなかなかどうして味のある橋なのだ。最近気がついたところでは、夜などは堀川の一つ上流側に架かっている錦橋から眺めると、ブルーグリーンの独特の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/23 22:07
Moon Light ゆれて Last Night Concert
9月も終わり、本格的に秋だ。秋といえば月見。月見と言えば「鶴舞公園ムーンライトステージ」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/30 22:18
名古屋メシ事情
 今日、街中をうろついていたら観光客らしい関西人から道を尋ねられた。何でも「山本屋」に行きたいのだが、道が分からなくなったのだそうだ。山本屋とは、名古屋市とその周辺部にある味噌煮込みうどんの店である。「山本屋総本家」と「山本屋本店」という屋号の酷似した二系列が存在するが、相互間の関係はまったくないらしい。いずれにせよ、「山本屋」が味噌煮込みうどんの店であるのは間違いない。まあ観光客ならば、最初から名古屋駅の上に上ったほうが無難だろう。13階あたりに山本家総本家がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/18 21:50
名古屋の信号がそっぽを向いている
 タイトルそのまま、出オチみたいな話ではあるのだけれど、最近名古屋の歩行者用信号機がそっぽを向いている。もう少し具体的に説明すると、信号待ちで横断歩道の前に立つ歩行者に、歩行者用信号機が正対しないのである。こういう信号機は探すまでも無くわりと簡単に見つけられるので、そのうち写真でもアップしようかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/16 20:58
何かを目論むうどん屋
 名古屋のほぼ真ん中、大須の町の一角に、「長命うどん」という屋号のうどん屋がある。いや、長命うどんというのは名古屋市内で(かなり地味に)チェーン展開しているうどん屋の名前で、大須にあるのはあくまでも長命うどん・大須店なのだ。しかしこの店には、他の長命うどんには見られない特徴がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/30 20:55
信長は南蛮合羽(マント)くらいまとうべき
 去程に尾張国八郡なり。上の郡四郡、織田伊勢守、諸侍手に付け進退して、岩倉と云ふ処に居城なり。半国下郡四郡、織田大和守下知に随へ、上下川を隔て、清洲の城に武衛様置申し、大和守も城中にて守立て申すなり。大和守内に三奉行これあり。織田因幡守・織田藤左衛門・織田弾正忠、此三人諸沙汰奉行人なり。弾正忠と申すは尾張国端勝幡と云ふ所に居城なり。西巌月巌・今の備後守・舎弟与二郎殿・孫三郎殿・四郎二郎殿・右衛門尉とれこれにあり。代々武篇の家なり。備後殿は取分け器用の仁にて、諸家中の能者御知音になされ、御手に付... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2005/05/29 19:55
桜の名所で考える
 名古屋市はどういうわけか公園好きだ。小さな物から大きな物まで、規模は様々ながら市内の至る所に公園が点在している。私のごく限られた経験からの物言いにはなるが、住宅地と言わず繁華街と言わず、普通にその辺を走っていると、何かしらの公園が目に付く。鶴舞(つるま)公園はそれら名古屋公園群の中でも、トップクラスの規模と歴史を誇る公園だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/10 20:55
金鯱降臨
 今日、名古屋城の天守閣から金のしゃちほこが下ろされた。ローカルニュースはその話題で持ちきりで、つくづく名古屋人はしゃちほこがお好きなのだと実感した。私は名古屋のしゃちほこ熱を、お役所のえらいさん主導のものだと思っていたのだが、どうもニュースを見ているとそうではないらしい。まさに老若男女を問わず、多くの名古屋人が「しゃちほこ様、大地に立つ」の図を目の当たりにしようと、名古屋城公園に詰め掛けていたのだ。その熱狂ぶりたるや、まさに宗教である。あの公園、入るだけで500円くらい取られたと思うのだが。 ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/03 21:02

トップへ | みんなの「名古屋」ブログ

ディープ・ダンジョン〜夕庵〜 名古屋のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる