誰が二度とガンダムなんかに乗ってやるものか!

 昨年の末ごろ、暇つぶしで久しぶりにゲームセンターに行ったところ、「ガンダムVSガンダム」と言うゲームが入ってるのを見つけた。名前そのまま、新旧のガンダムがくんずほぐれつしながら戦うと言う内容だ。分かる人にしか分からないが、いわゆる「VSシリーズ」の流れを汲むやつである。最初のうちこそΖガンダムとかνガンダムを使っていたが、最近ではザク改とかソシエお嬢さんばかりやっている。ガンダム同士がどつきあう趣旨のゲームなのに、今ひとつガンダムに馴染めないのか。どうもすでにPSP版が出ているようなので本体もろとも買おうかと言う気もする。

 ところで、ガンダムと言えばアムロである。VSにも若アムロと大人アムロの二人が出ている。声の出演は古谷徹氏。基本的には素ガンダムもνガンダムも使わないので古谷氏の台詞を耳にする機会は多くないのだが、昔録音した声を使いまわしていたりするのだろうか。声優はそれが出来るのが強みだが、それが災いしたのだろうか。私は全然知らなかったのだが、つい最近、その古谷氏の死亡説が流れていたらしい。

 現在騒ぎはすっかり沈静化しているようだが、騒動の経緯はおおよそこんなところらしい。まず、誤報やガセネタの多いことで知られるというサイバッチだかプチバッチだかというメルマガが古谷氏死亡の報を伝え、その後どういう経緯をたどったかは良く分からないが、いしかわじゅんと言う漫画家が自身のホームページで未確認情報として死亡説を話題にした。うわさの爆発的拡大に関してはいしかわ氏のブログが決定的役割を果たしたらしく、「2ちゃんねる」あたりではいしかわ氏に対して非難轟々の様子である。

 多少関心のある人の死亡説だったのでひとまず書き残しては見たものの、結局事後に騒動を知ったこと、またくだんのメルマガや漫画家を全く知らないので、どうもうわさのインパクトが見えてこないというのが実感。途中までは、いしかわじゅんのことをみうらじゅんと勘違いしていたたまれない気持ちになってはいたものの。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック