古人曰く「うわさを信じちゃいけないよ」

 今週後半にちょっとしたニュースになった出来事として、お笑い芸人スマイリーキクチ氏のブログを炎上させたかどで、警視庁が特に悪質だった者18人の刑事責任を追及する方針を打ち出したというものがあった。それだけならことさらこのブログで取り上げる理由はないのだけれど、一連の動きの背景には、ネット上で古くから燻っていたあるうわさが存在している。実を言うと、私はこのうわさとの絡みでしかスマイリーキクチという人物を知らない。

 そのうわさとは、1986年に東京都足立区で発生した女子高生コンクリート詰め殺人事件に、キクチ氏が関与しているというものだ。このうわさは、数年前から憶測が憶測を呼びながら膨張し、息を永らえてきたものなのだが、その寄って立つ根拠となると、甚だ薄弱である。そう言うと、うわさ肯定派は多分、「本当に危ない情報は易々とは表面化しない」というような理屈を持ち出すだろう。それもまた一面の真理だろうが、それを言い出すときりがなくなるため、まともな議論においては全くナンセンスな言い分でもある。

 とまれ、客観的に確認可能なうわさの根拠となると、どうやら「キクチ氏の地元がこの事件の犯人連中のそれと近く、かつ同年代で、しかも若手時代に所属事務所が『元不良』の謳い文句でキクチ氏を売り出していたので、事件に関わっていた可能性がある」といったところしか見当たらない。いわゆる状況証拠というやつだ。今でも「2ちゃんねる」では、「この事件には逮捕された主犯格以外に地元の不良百数十人からが関わっていた」というような書き込みが散見され、「それならば元不良のキクチ氏が関わっていてもおかしくない」ということになるのかもしれないが、そもそも百人以上が関わっていたという情報も風聞でしかないのだ。

 キクチ氏のブログを炎上させた18人、おそらくは炎上というより恐喝まがいの書き込みをした手合いだと思うが、彼らの多くは、基本的にはうわさを信じてキクチ氏を攻撃したのだろう。彼らのリテラシー能力が低かった、と切って捨ててしまうのは簡単だ。しかしこの一件もまた、人間誰しもが多かれ少なかれ信じたいものを信じてしまう、いわば心の落とし穴とでも言うようなものにはまり込んで発生した可能性もあるのかも知れない。もちろん、闇討ちみたいにして他人を誹謗中傷するような行為はとても擁護できるようなものではないのだけれども。

 くだんの殺人事件は、まさに反吐が出るような、最悪の事件である。今その概要を読み返してみても、犯人に対する殺意にも似た憎悪の気持ちが沸々とこみ上げてくる。少年事犯だったため、主犯格として起訴された連中も、少なくとも命は永らえているだろうから、そのことを考えると、まさしく憤懣やるかたない状態となり、精神衛生上好ましくないこと夥しい。事件記事を読んだ人間の皆が皆、私と同じような反応を示すとも思えないが、執拗にキクチ氏を攻め立てた者の中には、ある種の防衛機制としてそのような行為に走った者もいるような気がする。もちろん、単に彼の事が気に入らないから、騒動が好きだから、そんな理由でバッシングを行った者もいるだろう。ただそういう向きにしても、自分が卑劣漢にならないよううわさを大義名分にするため、無意識のうちに古いうわさに対する警戒を解き、うわさを信じようとする心の働きがあったのかもしれない。

 仮にキクチ氏を中傷した者の心中にそのような動きがあったとするならば、それこそがまさに大人のいじめの迂遠にして狡猾な部分と言える。身も蓋もないことを言えば、人間とは本質的に他者を嘲って優越感と安心感を得る生物なのかも知れないが、高度な社会性を持つに至った生き物であればこそ、そういう本質に抗うところに人間の価値もまた存在しているとも思う。

 ところで、昨日言ってたはだか祭りには行けなかった。来月のちんこ祭りに期待である。


噂の一人歩きでブログ炎上

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スマイリーキクチ

    Excerpt: 「10年間ネットで中傷」――スマイリーキクチさんがブログで告白 「炎上で摘発」報... Weblog: りさのつぶやき racked: 2009-02-07 23:18
  • スマイリーキクチ 本名

    Excerpt: まるで生チョコ!おどろきの濃厚さ『ショコラ・クリュ』【送料無料】【バレンタイン限定】よく今ニュースで話題になっているスマイリーキクチさん・・・ニュースでは確か人殺し...よく今ニュースで話題になっ.. Weblog: アイスクリン強し racked: 2009-02-08 06:29