凄腕の旅人

 一応、白馬行き、北海道行きの算段は済んだ。次に考える必要?があるのは、夏の貧乏旅行の計画なのだが、これはもう、できることなら青春18きっぷだけで交通費すべてをまかなえるくらいの旅にしたい。一方で、足を運んでみたいところとなると、いまだ宿泊空白地となっている秋田、福島、山口といったところになる。それぞれ鳥海山だとか、浜通りの小高城、萩などネタはある。

 ところで、18きっぷ旅を取り巻く状況は悪魔のソシャゲを通じて得た知見により変わりつつある。まずは季節によらない乗り放題切符の存在。東海圏にはもとより休日に使用可能な、JR東海の青空フリーパスがあるけれど、これは適用範囲が比較的狭めなので、乗り放題負けしないためにはそれこそ日帰り利用くらいにしか使えない。名鉄のまる乗り1DAYフリーきっぷも同様と言うか、販売価格に比して利用可能範囲が狭く、JRで行けないニッチな範囲を周遊する感じの使い方でないと強みを生かしきれない。強いて言うなら、これがあれば特急特別車も乗り放題というのはアドバンテージと言えなくもないが、特急が走る区間と言うのは基本的にJRと競合する区間が主なので、使い方が難しい。

 乗り放題切符ではコストパフォーマンスが良すぎるのが、近鉄週末フリーパスである。使用可能なのが金土日もしくは土日月の連続三日間に限定され、また利用当日には購入できないという制約と誓約があるが、これさえあれば奈良・京都・大阪の主要エリアに加え三重県もかなりの部分を網羅できる。それでいて販売価格は4,100円と、フル活用すれば一日1400円足らずで近鉄路線を乗り放題というバランスブレイカーぶりである。つまり、専ら奈良京阪神エリアに行くためだけに18きっぷを使うのは、宝の持ち腐れと言うことになる。

 そして、実際に購入したことはないのだが、九州には旅名人の九州満喫きっぷというのがあるらしい。利用に関するルールは青春18きっぷと似通っていて、要するに3人日分の切符が10,800円で通年販売されている。一見割高風に見えるが、とんでもないことに、JR以外の九州各私鉄と市営交通の類ほとんどすべてに乗車可能と言う恐るべき切符である。もちろんベースルールはJRの乗り放題切符に準じているので、特急や新幹線には乗れないのだが、効果範囲が広すぎる。例えば青春18きっぷ(1日分)+おれんじ18フリーきっぷのコンボより旅名人1日分の方が安上がりと言うことになってしまう。と言うか、前回の九州旅行で乗車したすべての鉄道は、この九州満喫きっぷで乗車できてしまうのだった。九州に行く場合、とにかく九州に上陸するまでと九州を離脱する際には青春18きっぷ以外で費用を賄えない交通手段を用い、九州内での移動に18きっぷを充てることが多いのを思い合わせると、値段の18きっぷか自由度の満喫きっぷかで切実に悩むことになりそうだ。

 と言うのを踏まえ、この夏の18きっぷシーズンに、どこに行くかをもう少し突っ込んで考えたいと思う。今のところ東北が最右翼ではあるけれど、山口・瀬戸内の線も少し検討してみたい。

 ちなみに、以前に京都の新しい安宿の可能性を探る試みについて触れたことがあったが、実は割と最近になって安心お宿の京都店ができたらしく、これも探りを入れたいと思うところ。本来は東京の宿泊地として注目していたものだが、もしかすると京都での利用が先行することになるかもしれない。惜しむらくは、所在地が四条烏丸付近で、祇園や三条木屋町ほどの京情緒が感じられないところではあるのだが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック