サマーソルトジャスティス

 夏山フェスタに行ってきた。回を重ねるにつれ、だんだんマンネリ感は否めなくなってきてはいるものの、それでも夏山戦略を立てる上での情報収集の場として、それなりに有用である。とりあえず、小屋の情報を集めつつ、昨年同様小林千穂さんの講演を聞いてきた。

 まあ小屋の情報と言っても、白馬行きは、それこそ大荒れの天候が事前に予想されない限りはもはや当確となっている。少雨決行、強雨で立山黒部アルペンルートに変更、豪雨で富山平定狙いくらいの感じの予定でいる。泊まるとなれば白馬山荘以外に考えにくい。しかし、もう一発くらい夏山があっても良い。その的を穂高にするか八ヶ岳にするかで悩んでいるので、その辺の判断材料を探してきた。そろそろ北岳リベンジも考えなければならない段階に差し掛かっており、今シーズンはないにせよ、来シーズン北岳と抱き合わせるなら八ヶ岳よりは穂高、そうすると今期は白馬+八ヶ岳だろうかと思っている。

 ついでに、名古屋駅で北海道フリーパスを買ってきた。これまた2週間ほど先に迫っている北海道旅行で使う虎の子のフリーパスだ。特急も含めJR北海道の列車に7日間乗り放題というものである。決して安くはなく、2万円以上の出費を強いられたが、通用期間の長さと特急にも乗れるという効果範囲を考えると、もしかすると18きっぷより割がいいのではないかと言う気がしないでもない。まあ北海道は特急社会で、ここを鈍行で旅するのはかなり厳しいものがあるのと、さしものフリーパスも北海道新幹線には乗れないという弱みがあるのだけれど。ちなみに、名古屋への戻りは前回の北海道旅行同様、特急と新幹線を乗り継ぐ。往路はLCCを使う。シーズンを外していることもあって、航空運賃はかなり安い。

 そしてある意味肝心の18きっぷ旅についても、おぼろげながら概形が見えてきた。例年金曜夜に発つ長めの旅と、土曜朝一で動き出す週末小旅行を組み合わせるのが慣例となっているが、今年の長め枠は、毎年晩夏に設けている町中の喧騒を逃れる旅と兼ねようかと思う。すなわち水戸行き夜行バスを基点にした福島旅行であり、決行のタイミングはどまつりの裏。調べてみると今年は8月24日から祭りが動き出すようだ。

 これ以外の小旅行枠は若狭+丹後と広島周辺で行こうかと思っている。何となく原子力づくしみたいな取り合わせとなっているが、どちらかの小旅行をオミットして福島旅行に東京一泊を繋ぐかもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック