静岡平定戦

画像 静岡県の山間部を走る鉄道路線で、大井川鐵道と言うのがある。SLを走らせていることでも有名で、最近ではきかんしゃトーマス風に改造した車両にも乗車できるということで、観光路線としてはかなり成功している。この大井川鐵道を取ることで、私の静岡平定は成就する。難物と思われた伊豆半島を比較的早くに片づけたので、身延線とともに最後まで残るだろうという予感はあったが、一方でいつか必ず足を運ぶ機会は訪れるので、制覇は時間の問題だろうとも思っていた。その機会がついにやって来た。東海自然歩道歩行の再開である。前回の旅は、この路線沿いにある家山駅で中断していた。

 朝の比較的遅い時間帯の列車で名古屋を出発し、まずは在来線で金谷駅まで向かう。ここから大井川鐵道の旅が始まる。北進するばかりの路線で、どこに抜けられるというわけでもない。その前途は、最終的に南アルプスにさえぎられる。それゆえ、「南アルプスあぷとライン」なんていう愛称がつけられた区間もあるほどだが、改めて地図を見ると、確かに南アルプスの深南部なんて言われるエリアまで肉薄していることがわかる。もっとも、南アルプス南部のメジャー山域へのとりつきとされる畑薙ダムまでは。なお20㎞ほどはあるようである。アルプス登山のために大井川鐵道を活用できるのかどうかは良くわからない。

画像 大井川鐵道に乗るのはこれが初めてではないので、この路線が、他の鉄道会社で使われていた型落ち車両を運用する路線だというのはすでに知っていた。ところが、金谷駅で私を待ち構えていたのは、予想以上に古い車両だった。鉄道のことは詳しくないが、昭和も40~50年代頃の物のように見える。もちろん、どこの会社の車両なのかもよくわからない。「元近鉄の特急」だとか言われれば、そう言えば何となく見覚えがある程度のことは言えるのだが、後になって大井川鐵道のホームページで調べてみたところでは、その名も「電車 21000系」と言い、「1958(昭和33)年に南海高野線の急行・特急用として製造されました」とある。とんでもなく古いが、もともと高野山に向かって走っていた車両のようで、山間部を走る大井川鐵道を走る上で、地形適性はあると言えるのかもしれない。さらに、大井川鐵道の駅間距離は短い。普通列車ならなおのことスピードが乗り切る前に次の駅に着いてしまうので、致命的な故障に見舞われなければ、60年前の車両のスペックでも十分だということなのだろう。列車は、濁流と化した大井川を時に右手に、時に左手に見ながら走る。中継地点となる千頭駅までは、1時間半ほどを要した。

画像 繰り返しになるが、私が何となくでも知っていたのは途中の家山駅までである。それより奥の駅は全くの初見となる。今回大井川鐵道に乗ってみて感じたのは、結構味わい深い駅や町並みが多いということだった。そして思っていたより僻地感がなく、途中の温泉地などで逗留するのも面白いかもしれないと思えるほどには魅力的な車窓風景が広がっていた。同じことは千頭駅にも言え、山間に位置するだけに小さな終着駅みたいなのを想像していたのに、実際は車両基地のある結構大きな駅である。しかも、駅舎はうどん屋や土産物屋などを備え、無人駅に毛が生えた程度の物とは到底言い難い。さらに今回に関しては、トーマスフェアなんてのも催されていて、子供連れを中心に大変な人出だった。駅構内の線路には、トーマスの仲間たちもいる。不勉強のため、今千頭駅にトーマスがいるのかどうかは良くわからなかったが、玄田哲章みたいな声で「トーマスはいいやつだ、もう会ったかい?」みたいなことを言っている機関車もいる。誰がしゃべっているのか、門外漢の私にはよくわからなかったが、なんだか優しい世界が広がっているのに、甚く感銘を受けてしまった。

画像 しかし、まさか千頭駅界隈がこんなことになっているとは知らなかったので、私が今日組み上げた旅程は、最短の待ち時間で井川線の極北を目指すというものになっていた。何となく後ろ髪をひかれつつも、さらに先へ向かう列車に乗り換え。そしてここで、再度カルチャーショックに打ちのめされる。なんだかおもちゃみたいに小さな列車が少し離れたホームに待機していて、終着を目指すのはこの車両らしい。強いて言うならトロッコ列車などに近いのかもしれないが、一応壁と窓は完備しつつ、ガタイはトロッコ列車より一回りか二回りほど小さい。しかも、列車入口の扉は完全手動式と来ている。寒冷地の列車では半手動の扉も珍しくはないが、見たところ電気的な機構は備えていなさそうだ。そして車両の中に乗り込むと、編成こそ4両から5両ほどはありそうな列車なのに、それぞれが中でつながっていないのだった。まったく、今まで乗ったいかなる列車とも似ていない。こういう経験があればこそ、旅はしてみるものなのだ。そして、恐るべきは大井川鐵道である。オヤジが熱中するわけだ。駅メモメモによれば、大井川鐵道の中でもこの井川線は、出自がダム開発のための資材運搬車両だったことから、こういう特殊な規格の車両が今に至るまで走っているのだそうである。

 やがて、列車は走り出した。JR指宿枕崎線のように、あるいは琴電のように、ぴょんぴょん跳ねるような乗車感なのではないかと身構えていたが、意外に落ち着いた走りぶりである。ただ、脚は極めてのんびりしている。千頭駅周辺はともかく、先に行くとまさに秘境列車の様相を呈してきて、時にダム湖に面した断崖絶壁や、湖面から数十m上空の鉄橋を走るようになっていくそうだから、安定走行性に問題があってはアウトなのだろう。そして秘境車両の面目躍如とでも言わんばかりに、列車は線路上の落石、倒木で二度ほども不意の停車をした。そのうち野生動物をはねたとかいう展開があってもおかしくなさそうだが、体感的には自転車並み程度のスピードしか出ていないこの列車にはねられる動物はいないのかもしれない。

画像 先に話題に上せた南アルプスあぷとラインの愛称は、千頭駅以降始まるこの井川線につけられたものである。列車は、周辺に土本さんばかり住んでいて昭和の末まで道が通じていなかったと伝えられる土本駅など、いかにも秘境路線らしいエピソードを車内放送で伝えながら先に進んでいくのだけれど、アプトいちしろ駅から先は、いよいよもって南アルプスあぷとライン面目躍如たる区間に入っていく。アプト式と言うのは、車両側につけられたギアと、レール側のラックを噛合わせることで急勾配を登っていく鉄道の走行方式だとかで、日本の営業列車では、ここ井川線にしか現存していないのだそうである。それほどの急勾配だと言われるアプトいちしろ駅より先の勾配は、90パーミルに及ぶとされる。聞きなれない単位だが、例によって車内放送では、1000m進むうちに90m登る斜度であると説明されている。

 アプトいちしろ駅では、客車の後ろにアプト式電気機関車を連結し、後押しする形でこの先の長島ダム駅に進んでいくのだという。たっぷり時間がとられるわけではないが、見たい人は列車を降りて連結の様子を見ても良いということなので、話のタネに見ておくことにした。見ると、やっぱりそんなに躯体の大きくない車両が後ろからやってきて、客車の後ろに連結した。

画像 ほどなく、列車は再出発した。長島ダムを望む坂道は、なるほど、列車に乗っていても体感的にわかるほど傾斜していたが、本当に息を飲んだのは、その通り抜けてきた坂道を振り返ったときだった。鉄道車両の走る傾斜ではなかった。ちなみにアプト式電気機関車の出番は長島ダム駅で終わりである。出番の終わった機関車は、気が付けばいずこへともなく去って行った。そしていよいよ井川線は佳境に差し掛かる。噂に名高い奥大井湖上駅は、乗車している車両の側からだとさほど特徴あるものには見えなかったが、山奥とは思えない繁栄を見せている接岨峡温泉駅を過ぎて、尾盛駅に到着したとき、その秘境ムードは頂点に達した。

画像 この駅、周辺に集落がない。と言うか、どことも道でつながっていない。車道はおろか、まともな歩道も存在しない。強いて言うなら、半ば藪化した南アルプス深南部への登山道は存在するが、尾盛駅へのアプローチを目的としてこのルートを踏もうとすると、南アルプス南部の縦走路をたどらなければならない。それ以外のルートで無理に来ようとすると、大井川を自力で渡り、道なき斜面を尾盛駅まで登り返すという手段は考えられる。まあ、線路伝いに歩いてくるという方法もなくはないのだろうし、道中そういう方法で道なき林の中に遺棄されたと思しき廃車も見かけたりしたが、松本伊代が線路に入り込んだ様をインスタに上げて大炎上したように、これなどは問題外の違法行為である。当然携帯の電波は通じず、普通では駅の思い出も拾えない。ただ、レーダーによるアクセスは容易なので、ゲーム的にはさほど難関と言うほどでもない。今でこそこんな有様の尾盛駅だけれど、往時はダム工事の人たちが住まうちょっとした町が駅周辺に形成されていたのだという。もちろん今はそんなものも存在せず、役割を終えているのだが、wikipediaによれば「当駅はダム建設に伴う補償措置として設置された経緯があるため、廃止を免れている」のだそうである。

 そして、電波は復活しないまま終点の閑蔵駅へ。本来の終点は井川駅なのだけれど、この春にあった土砂崩れにより、井川‐閑蔵間が不通となったため、現在は閑蔵駅が暫定終着駅となっている。復旧を待つというのも一つの選択肢だったのかもしれないが、聞けば井川線でこの種のトラブルはしょっちゅうあるという。道中あった倒木・落石対応の停車が思い出される。下手をすれば井川まで全通するより先に閑蔵までの道も閉ざされかねない危うさはあるので、今回を良い頃合いとして閑蔵まで来ることにしたのだった。

画像 もともとの予定では、閑蔵まで来た後は、千頭行きの列車を待って帰るつもりでいたのだけれど、閑蔵駅からは千頭行きの路線バスが出ているのだという。そしてこのバス、鉄道でここまで来た観光客に便宜を図る目的があってか、ほとんど間髪入れず閑蔵駅前を出ると言うので、計画を変更してバスで戻ることにした。駅前と言うにはあまりに頼りない駅周辺の建物の群れの前を通り過ぎると、すぐに片側一車線程度を確保した道路に行き着き、そこがバス停となっていた。そして驚いたことに、こんなところにも商店があった。恒常的に営業しているとは思えなかったが、休日などには商売として成り立つほどの客がやってくるということなのだろう。

画像 バスは、30分ほどで千頭の駅まで戻った。井川線ののんびりとした列車が閑蔵駅まで1時間半ほどかけて走ったのを思えば、拍子抜けするほどあっさりとしたものだった。千頭駅周辺は相変わらずの盛況ぶりだった。何なら駅周辺をそぞろ歩いてみるのも面白そうな気はしたが、構内放送によると間もなく金谷行きの列車が出るということだったので、やむを得ず、これに乗ることにした。ところが、ホームに待機している列車は見るからに古色蒼然とした客車だった。来るときに乗った型落ち車両なんてレベルではない。アンティーク級である。と言うことから導き出される結論は一つ、これはSL列車なのだ。長い編成なので先頭の様子がわからないのだが、一番前には蒸気機関車がつながれているような気がする。乗車券だけで乗ってはいけないやつだというのは想像に難くなく、そのことを近くにいた駅員に確認してみたのだが、座席指定券を発行するので車内で待てという指示。思わず言われるがままにしてしまったところで列車は走り出した。が、別にそんなに急がなければならない用事があるわけでもないし、SLはかつてSL山口に乗ったことがあるので、今となってはそれほどの思い入れがあるわけではない。どうせなら千頭駅でトーマスたちと戯れていた方が良かったのかもしれないという思いはいつまでも残った。もっとも、この日乗った車両は、いい意味でSL山口より古ぼけていたので、これはこれで貴重な体験になったのだと思うが。

 予定より1時間半ほども早く用事が片付いたので、その後は焼津市内で押さえていた宿にチェックインした。なんていうこともないビジネスホテルだが、個人経営風の、これまた古ぼけたホテルだった。何の相似なのか、入口は故障した自動ドアを人力でこじ開ける半手動仕様となっており、館内の廊下や客室の床には垢じみて擦り切れたカーペットが敷かれ、その年代物ぶりだけは大井川鐵道と通じるものがあったが、要するに経営状態が芳しくなく、料金設定が比較的安価なことをもって辛うじて客をつなぎとめているという雰囲気だった。これまで泊まった古めかしいホテルの中では三指に入る。一応列挙しておくと、鹿児島、大町、そしてここである。僅差でそこに長崎、高崎がつけてくる感じか。幸い、リネンと水回り、あとはテレビだけは新しい感じになっていたので、さほどストレスなく寝起きすることはできたが、そんな有様なのでいつもやっているように実名を出して寸評を加えるのははばかられるところだった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック