モミハンクロス

画像 今季はえらく早いころから紅葉狩り紅葉狩りと息巻いていた気がする。何のことはない、紅葉の訪れが早い涸沢を狙っていたので紅葉シーズンが長かったかのような錯覚に陥っていたのだけれど、その割に息をのむほどの紅葉には恵まれなかった気がする。例年通り?香嵐渓にも行ったし、東山植物園にも行った。悪くはなかったけれど、今年は色づきの鮮やかさで例年に一歩譲るような印象を受けたし、むしろ感動したのは香嵐渓で頑張っていた猿回しの猿だったりする。そんな中でやっぱり、今年も人を見に行く覚悟で京都に行ってきた。足を運んだのは、嵐山エリアで祇王寺と常寂光寺、東山エリアで永観堂と清水寺だ。失敗したくなさが如実に表れたゴリゴリのラインナップだ。

画像 祇王寺は、いつか散り始めの時期に行った時のことを思えば、なかなかいい感じだった。観光ガイドで見るほど真っ赤に染まってはいなかったし、散紅葉もまださほどではなかったので世の中には思うに任せないことが多いのをしみじみ感じたが、まあよかったと思う。

画像 次いで常寂光寺。こちらは完全に当たりだった。今回の旅でこれ以上の紅葉は望めないのではないかと、そんなことさえ思った。ちなみに、祇王寺が既訪なのは自覚の上で行ったのだけれど、実は常寂光寺も過去に行ったことがあったのを現地で思い出した。その時は、これら二か寺に加えて二尊院と嵐山の定番紅葉名所を経めぐったのだった。

画像


画像


画像 そして日を改めて東山エリア。紅葉に限らず、永観堂はずっと行ってみたいお寺だったので、ちょうどよい機会だと考え、ついに足を運ぶことにした。清水寺と組み合わせようとしたとき、八瀬の方に近い瑠璃光院だとか赤山禅院だと不都合だったのもある。現地についてみると、「京都の秋は永観堂」とコピーの打たれたポスターが目に付き、大きく出たなと思ったが、強ち大言壮語の類でもなかった。京都に紅葉の名所は多いが、その中でも随一と言えるほど圧倒的な紅葉の景色が広がっていた。激烈なまでに紅い。

画像


画像


画像


画像 その後、歩いて清水寺へ。なんだかんだ言って京都を散歩したいから今回の紅葉旅行があったのかもしれないが、歩いてみたら意外にも1時間かかった。終盤が大渋滞だったのもあるけれど。ただ、それが苦痛だったというわけではない。1時間の道のりは変化に富んでいて、散歩コースとしてはむしろ心躍る。

画像 わかってはいたが、現在清水の舞台は工事中である。紅葉と古刹のコラボレーションを見たかったのでそこは残念ではあったけれど、完全無欠のコラボは工事完了後の楽しみとして残されたと思うことにした。なんことはなくて、ルーマプラザのカプセルホテルの方に泊まると紅葉に染まる清水寺の写真が掲げられているのでそれを見に行きたかったのだった。まあお寺は残念だったけれど、紅葉は綺麗だったので、今回の旅は成功だったと言って良いだろう。

画像


画像


 ところで、京都に行った時の夕飯は九割方餃子の王将で済ませている。定期的には行くので、たびたびスタンプカードをもらって、ほどほどのところまでスタンプを貯めるというのを繰り返してきたのだけれど(王将のスタンプカードは基本的には有効期限が切られているもののようである)、これまではわりかしがっつり貯めたときにもらえる餃子倶楽部カードと言うのに届かないまま終わることが続いていた。今回の上洛は、スタンプ倍押し機関に当たっており、かつ2000円食べれば餃子倶楽部に届くという状況だったので、かなり頑張って2000円分食べた。さらに高額を目指そうとすると、言い換えれば一品余分に注文するとなるとかなり厳しい戦いになっていたが、2000円だったのでどうにかなった。と言うかアルコールを頼めばもっと楽だったのかもしれないが、別に好きでもない酒をスタンプのために頼むのもあほらしい。

 とにかく、餃子倶楽部カードに届く状況になったのだが、その場でカードをもらえばよかったものを、うっかりスタンプだけ押してもらって店を出てしまった。仕方ないので、今度は餃子倶楽部カードをもらいに京都に行くことにした。無論それだけではあまりにもばかげた京都旅行になってしまうので、京都一周トレイル・真完結編を表テーマにするつもりである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック