ドラゴンレール 復活のM

 とてもショックなことがあったが、それでも駅取りの旅は続けなければならなかった。岩手コンプリートが再び遠のいたとは言っても、今回の旅では秋田コンプリートも目指しているのだから。そのためには結局、花輪線に乗る必要があった。

 花輪線は、岩手県の好摩駅と秋田県の大館駅を結ぶ路線である。距離にして100㎞超と言ったところのこの路線は、岩手山や八幡平と言った東北地方有数の山岳地帯を眺めながら、岩手・秋田・青森の三県境地域を走っていく。岩手・青森の県境ではJRの在来線が消滅するので、18きっぷの旅などで盛岡よりさらに北を目指す場合に有用な路線であるかのように錯覚しそうになるが、実は好摩駅と盛岡駅の間がすでにJR路線で結ばれていないので、JRオンリーの旅をしようという視点に立つと、花輪線は大館駅から伸びる長大な盲腸線ということになる。

morioka.jpg
 ただ、岩手県北部の鉄道交通を担うIGRいわて銀河鉄道線は、東北新幹線の延伸により三セク化した東北本線の成れの果てでもある。早朝の5時過ぎに盛岡駅を出る始発列車は、いわて銀河鉄道からそのまま直通運転で大館駅を目指すので、移動効率はさほど悪くない。ということで、昨日のうちに乗り場を確認しておいたIGRの盛岡駅改札に向かった。JRの駅が前面に出て来る大きな盛岡駅の中にあって、IGRの駅は実に小さなものだったので、あっちへうろうろこっちへうろうろしながらようやく見つけ出したといった感じになった。それだけに、予習しておいてよかったわいと思いながら早朝の盛岡駅構内を歩いたのだが、いざIGRの駅にたどり着いてみると、改札・窓口とも開いていない。のみならず、自動券売機すらも使えない。その代わり、始発列車はJRのホームから出発するので、JR駅に回り込むようにと表示されている。

 まあ、そういうからにはそういうことなのだろうと思い、JRの改札に向かうが、好摩までの切符の買い方がわからない。車中で車掌から買うとかいうような方式なのだろうか。そう考え、とりあえず遅かれ早かれ使うことになる18きっぷにも日付を入れてもらいつつ、大館行きの列車に乗り込んだ。が、結論から言えば、大館行き列車はワンマン運転の列車だった。盛岡から好摩まではIGRの職員が乗車して客あしらいをするという雰囲気でもなかった。結局のところ、盛岡~好摩間運賃の問題はうやむやのまま、花輪線に進入することになった。

 花輪線は、想像していたのよりは都市部を走る路線だった。都市部というのに語弊があるなら、電波も通わないような山奥を走るというほどのものではなかったというべきか。県境付近を中心に、一部山間部を走りはするけれど、トンネルも少なく、ゲームの進行上は特に障害となるほどのこともない。ただ、町→山→町と展開される景色は、ともすれば単調な印象を否めない。この地域のアイコンとなれるほどの風景がないのは、観光視点からは痛いところなのかもしれない。

odate.jpg
 特に歩みが鈍いわけではないけれど、盛岡駅を出てから大館駅に着くまでは3時間近い時間がかかった。大館駅は、以前青森県と秋田県の両取りを狙った際に、エクストリーム折り返し乗車を決めた思い出のある駅だが、その時は早春の晩だったこともあり、すでに日が落ちたタイミングでの到着だった。この駅にどんなものがあったのか、見えてない部分も多かったが、日のある時に来てみると、思っていたよりは大きな駅だった。大館は忠犬ハチ公のふるさとでもあり、駅構内にはハチを祀るハチ公神社なんてものもある。

 昨夜、大船渡線の新廃駅を発見した後、念のため今日の段取りを確認していて気が付いたことがある。鷹ノ巣から東能代間の奥羽本線を取っていなかった。確か前にここに来たときは、東能代側から鷹ノ巣に進むつもりでいたので残していたものと思われるが、結局計画が破綻した結果、取りこぼしが発生したものと思われる。ここでまた奥羽本線を取りこぼすと、この地を再訪するのは容易でない。何とか今度の旅で秋田を制覇する必要があった。いろいろ善後策を講じたところ、鷹ノ巣より東能代寄りの二ツ井駅というところまで進めば、レーダーで未取得駅をすべて取ることができ、かつ鷹ノ巣への折り返しも可能だと分かった。今回たまたま紙の時刻表を持参していたので比較的簡単にこの作戦にたどり着くことができたのだが、乗り換え案内アプリだけだとこの結論に達するのに苦労したのではないかと思う。こうしてみると、昔ながらの時刻表もまんざら悪いものではないような気がする。

 二ツ井駅は、そんな事情でもなければ一生降り立つこともないような駅だった。一応、特急停車駅なので無人駅でこそないのだが、乗降客もそんなに多くないと見え、改札から外に出ようとしたとき、降車客などいないものと思って持ち場を離れようとしていた駅員に驚かれたほどだった。

futatsui.jpg
 駅前に出てみる。何て事のない田舎町の風景が広がっていた。個人商店があるほか、意外と大衆食堂風の飲食店が多そうなのは、どういうわけだったのだろうか。駅自体田舎の駅ではあるけれど、駅舎の壁面にモバイルSuicaの広告が貼りついているのが、何となくシュールだ。Suicaというと、どうも東京近郊のものというイメージが強い。

 二ツ井駅で折り返すための時間は30分に満たなかったが、それでも若干持て余し気味になった。繰り返すが、曲がりなりにも特急停車駅であるこの駅には自動券売機があり、これで鷹ノ巣までの乗車券と特急券を買えたが、私以外誰もいない駅の待合室で列車を待っていると、駅員とサシで向き合っているような気づまりな感じがあった。田舎の有人駅は、列車の入線が近づいてくるまで改札をしてくれないところも珍しくなく、この駅もどうやらそんな感じだった。たった一人の客である私のために、次の特急乗車の改札を行う案内放送を入れたとき、たった一人の駅員は何を思っていたのだろうか。もし私がいなかったとしても同じように放送を入れたのだろうか。たぶん、そうしたのだろうと思う。

takanosu.jpg
 特急料金とは思えない安価な運賃を払い、鷹ノ巣駅まで戻った。JR鷹ノ巣駅は、国鉄時代の風情を引きずるあまり愛想のない駅舎だったけれど、それに並んで立つ秋田内陸縦貫鉄道鷹巣駅は、もう少しローカル線らしい特色を出した、小さな駅舎の駅だった。ただ、その小さな駅舎の中では、駅の規模に見合わないほど多くの客が、やってくる列車を待っていた。以前、笑神様で鉄道BIG4と佐々木希さんがこの路線に乗っているのを見て、なかなか味のある路線だなあと思って以来、軽いあこがれを持っていたのだけれど、一般的にもそこそこ人気の路線ということなのだろうか。

kamihinokinai.jpg
 本当ならここ秋田内陸鉄道では、途中の阿仁マタギ駅で下車し、マタギ資料館に立ち寄って行きたかったのだが、列車本数がかなり少ないため諦めざるを得なくなった。代わりと言っては何だけれど、沿線には数カ所の田んぼアートが存在している。割と凝った図案のもの、シンプルなものと、見た目のインパクトには少々ばらつきはあるものの、長閑な農村地帯の風景にちょっとしたアクセントを加えている。また、「日本の名峰 DVD付きマガジン」でその名を知った森吉山も、この路線の沿線地域にあるらしい。この山に登ろうという日が来るのか、なったとして秋田内陸鉄道を軸にアクセスすることがあるのか、そこは何とも言い難いが、ロケハン旅としての側面もある駅取りの旅では、まずまずの収穫と言ったところか。

kakunodate.jpg
 この路線は駅間の距離が短いところが多く、駅数も多いので、地図上受ける印象よりもだいぶ長い時間をかけて全線を走り抜けることになる。終点の角館駅にたどり着いたときは、鷹巣駅を出発してから2時間半が経っていた。

akita.jpg
 角館は、改めてまた観光気分で歩きたい街だが、今回はそんな時間もなく、ここでまた一つ、不毛な作業が残っている。前回秋田にやって来た時は、諸般の事情により新潟県に回り込んで東京にたどり着いたので、秋田~角館間の奥羽本線を取りこぼしている。ここもレーダーで解決したいところだったけれど、それすらもできなさそうだったので、やむなく新幹線で秋田駅まで進み、そのまま横手駅にとんぼ返りすることになった。

 横手駅から先は、北上線で一ノ関に戻れば済みと言いたいところなのだけれど、ここでもう一つ宿題がある。羽後交通などのいくつかの廃駅を取りこぼしていた。廃駅の多くの例にもれず、現存路線の車中から取れない位置関係にあるため、こういったことになっていたのだが、特に羽後三輪駅は横手から北上線に入る経路上のどの地点においても、どのようにしても、レーダー射程に入って来ない。どうも、柳田駅の位置まで進んで射程を目いっぱい伸ばせばギリギリ届きそうではあるのだけれど、柳田駅まで行ってしまうと、ほどほどの時間では今日のキャンプ地仙台まで戻れなくなってしまう。鉄道はもちろん、バスもダメ。ただ、横手駅の乗り換え待ち時間だけは1時間余りが存在している。この時間を何とか有効に活用できないか。

 苦心惨憺して作戦を考えたところ、横手駅西の国道13号沿いに南へ歩いていくと、イオンを通り過ぎたあたりで柳田駅にチェックインが可能になることがわかった。一度柳田駅の領域の端っこから柳田駅にチェックインしておいて、オモイダースで現在地をズバリ柳田駅の座標に置き換えれば、理屈の上ではそれで羽後三輪駅に届くことになる。1時間あれば、ギリギリのところで横手駅領域を抜けて柳田駅領域に入ることもできそうだ。すべて机上の話だったけれど、これ以外に方法はなさそうだ。

 夏の夕暮れ、日が西に傾き幾分か暑さも和らいだ中、足早に国道を歩いた。本当にうまくいくかどうか不安はあったが、30分近く歩いたところで、柳田駅にチェックインできた。そのまま踵を返しがてら、少し待って位置情報を柳田駅に更新。果たして、羽後三輪駅にレーダーが届いた。定められた路線を順繰りになぞって駅を集めていくのは、作業感が否めないところだけれど、こういったパズル要素がゲームとしての駅メモの醍醐味と言える。というか、時刻表や路線図とにらめっこしつつ旅行の計画を練ることも含め、作戦を考える部分がこのゲームにして最大の楽しみなのかもしれない。

 今日最大の山場を片付け、再び宮城県に戻る。使うのは北上線。横手と北上を結ぶ路線で、直通列車こそ存在するが、運行本数は2~3時間に1本程度と、かなり使いづらい。下手に残すと、これも後々の禍根になることが考えられたが、今回の計画にうまくはまって良かった。日没が迫る中、列車は北上に向かって走り出す。実際的な東西移動の手段としては、田沢湖戦や仙山線がその役割を担う感じになっていると思われるが、道中、錦秋湖周辺の風景は美しかった。多少なりとも観光路線の一面を見せている区間だった。北上からだと、道中のほっとゆだ駅まで行く列車がある分、横手から北上を目指す場合よりは若干運行本数が多めになる。もちろん、秋田岩手の通り抜けの役には立たないけれど。

 北上駅から先は、新幹線で仙台まで移動した。東北の南北方向の長さが未だに実感できないが、隣り合う県と言っても仙台と北上は結構距離がある。在来線移動だと2時間半ほどかかる。今回、最終日まで目いっぱい動きまわる関係で、3夜連続で睡眠が不足しそうだ。ちょっとでも夜の自由時間を確保するため、節を屈した形だ。が、浮いた時間で地下鉄の取り残し駅まで実乗してしまった。地下鉄はもともと地下から取れない可能性が少なからずあるので、明日レーダーで片を付けるつもりでいたのだけれど、レーダーが届かないパターンも心配になったので、確実に取れそうなところ以外を念のため潰しておくことにした。

 結局、当初の予定くらいの時刻でハピナ名掛丁のカプセルホテル・駅前人工温泉とぽす仙台へ。当然と言えば当然だが、最近この業態は苦戦が続いているらしく、やけに宿賃が安い。もともとそんなにハイクラスのカプセルホテルという感じでもないが、風呂関係が個室シャワーではなく、サウナ+大浴場(中浴場?)程度となっている割に、一昔前のカプセルホテル並みの価格で今風のカプセルに泊まれる。ロッカーもカプセルの中にあるため更衣用のスペースが無いのは好みが分かれそうだが、とにかく手荷物類をコンパクトな収納スペースににまとめておいてから、最終日の段取りを確認する。

 明日は、そんなに難しいことはない。仙石線で女川まで行った後、小牛田を経由して陸羽東線で山形県に入る。左沢線を取った後で仙台に戻り、最後まで取り残した地下鉄長町南駅を回収して宮城県コンプリート。そのはずだった。なんだか妙な胸騒ぎを覚えて、最後に現時点で未取得の宮城県の駅情報を確認する。何ということか、この旅を終えても未取得の駅が1つだけ残る。何となく嫌な予感はあったが、大船渡線の後から湧いてきたバス停だった。こうして、今回の旅で片付くはずの宮城県は、最後の最後でまさかの復活を遂げたのだった。

つづく

この記事へのコメント