テーマ:世情

失われた時を求めて

 ひょんなことから始まる物語は駄作と言われているが、ひょんなことから名古屋市役所の改善事例研究を発表する催しに参加した。そうしたところ、河村たかし市長が、審査員として出席していた。  もともとこの人物に対して良い印象は持っていなったが、予想以上のひどさに愕然とした。開会の辞では有松絞りのネクタイだかシャツだかを買った話に始まって自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まとめサイトの文章

 ちょっと唐突な印象は否めないが、まとめサイトがにわかに問題になっているらしい。一口にまとめサイトと言っても、素人が趣味の範囲で作っているものから、いちおうどこかしらの企業名が前に出る形で編集されているものまで、その裾野は広いけれど、今回はDeNAのそれが騒動の渦中にあるようだ。要するに、他人の意見の引用というより、剽窃・改変に近いこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉狩

 タイミングが良いのか悪いのか、名古屋市が全国の主要8都市(札幌、東京23区、横浜、京都、大阪、神戸、福岡)のうち、行ってみたい都市の最下位にランクされたというニュースが流れていた。結果自体は至極真っ当なものだと思う。よく分からないのは、ネットでその詳細を後追いしようと思っても、調査自体が夏場に行われたものと言う情報しかヒットしないこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクトリン・ダーク

 アメリカ大統領選挙は、トランプさんが勝利し、本国アメリカを中心にえらい騒ぎになっているようである。かくいう私も、過去これほど他国の大統領選挙に関心を示したことは無いような気がする。よく分からないのだが、アメリカ合衆国大統領の場合は解職請求が制度化されていないのか、ネットで見ていてもよほどのことが無い限り約束された任期を走りきることにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レザレクション

 明日はハロウィンだが平日なので、代わりに昨日・今日などは、思い思いのコスプレをした少年少女らを街でよく見かけた。日本の場合、USJに倣ってゾンビの扮装をするのが流行っているのだそうだが、良識ある大人として、若者たちが間違った方向に進もうとしているのなら、それを正す必要はあると考える。あえて指摘せねばなるまい。「諸君らがしているのはゾン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナリスク

 耐用年限の問題か、はたまた使用環境の影響か、鹿島槍に登ったとき、これまで使ってきたモバイルバッテリーが壊れた。普段限定で持っているのなら対応策もあるけれど、一番重視したいのは充電がままならなくなる一方で情報収集に連絡にと、スマートデバイス類の需要が高まる旅先への持ち出しである。これでは非常に具合が悪い。特に山へ携行することを考えるとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大都会】名古屋の駅で迷う

 春の青春18きっぷシーズンがやって来たので、これを購入するために名古屋駅へ出かけた。別に大曽根駅でも千種駅でも良かったのだけれど、窓口の来客処理能力が低いし、第一、印字される発券場所がマイナー駅となるのも、なんだかパッとしない。そこで名古屋駅に足を運んだのだが、移動には珍しく桜通線を使った。珍しく利用する程度なので、どうすれば目的の場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却とは忘れ去る事なり

 前回も似たようなパターンだったけれど「PS純金」を見ていたら、またしても名古屋住みたい街ランキングをやっていた。今回は、1位星が丘、2位覚王山、3位本山と言うような内容だった。5位くらいまでは順位付けを行っていたが、4位より下は覚えていない。そして今回、穴場だと思う街ランキングも合わせて放送していたが、またしても住まない方が良い地域が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスの旅

 昨夜「天空の城ラピュタ」を漫然と見ていたら、寝落ちしてしまった。夜半、つけっぱなしのテレビが、次々と人名を読み上げているのに気づき、目が覚めた。唐突に、「明日の犠牲者」の話を思い出したが、すぐに軽井沢のバス事故の話だろうなと思い至った。なんだか大学生みたいな年恰好の被害者が多い。中には随分とかわいらしい娘さんもいるのが痛ましいが、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大都会】名古屋の地縛霊を熱く語る

 例年10月の土日は鉄道の日記念旅に出ていることが多く、時期を同じくして開催される名古屋まつりを見物する機会と言うのは、思ったほどには多くない。しかし、今年はたまたま仕事で祭に絡まざるを得なくなり、久しぶりにその様子を見ることになった。  一応今年で60回を数えることになったとかならないとか、そんな話も聞こえてきた名古屋まつりだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血は水よりも濃い

 少し前に少年マンガの記事をアップしているが、その関係で面白い話題を見つけた。「ジャンプマンガの主人公は、そのパワーアップの裏付けとして血統に頼るパターンが非常に多い」というものだ。といった所で、私が、それなりに読んだことのある古今のジャンプバトルマンガの場合を思い出してみた。 ●キン肉マン  キン肉マンことキン肉スグルは、一応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣れて行くのね自分でもわかる

 ゆっくり台風が到来し、去っていった。本体は四国から兵庫を通って日本海に抜けていったので、名古屋にはさほどの影響もなかったのだけれど、東海地方でも西部地域は大変だったようである。私は運が良かったのだろう、先だって走った国道157号はやっぱり崩れた。現在までに出ている報道によれば、能郷集落の孤立を招く箇所らしいので、酷道の核心部ではないだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

電信柱の明り見てた

 日テレで系列の長寿番組のランキングみたいなのを放送していた。上位陣は、「3分間クッキング」とか「笑点」、「遠くへ行きたい」など、見るからに長寿番組というラインナップだったのだけれど、番組中で「名探偵コナン」も取り上げられていた。なるほど、テレビアニメの放送期間は20年近い。と言うことは、原作マンガの連載期間と言うのは、それに輪をかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内容がないよう

 このブログでは、政治向きの話とかはできるだけ避けるようにしている。もちろん、床屋政談よろしくぶち上げたくなることは確かにあるのだが、何となく実際的過ぎるのに抵抗を覚えるので、じっと我慢し、世の中の関心が他に移ろっていき、自身の一言言いたいパッションが冷めるのを待つようにしている。都議会のセクハラ野次もその類のものなのだけれど、厄介なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語義とニュアンス

 伊達に歳を食って余計な知識を身につけたせいか、最近マスコミ関係のおかしな言葉遣いが良く気になる。活字メディアはまだしも、テレビ関係は言葉遣いがわりとルーズで、なんとなく聞き流しにくいことが多い。たとえば、以下のような言葉だ。 ●告白  本義は、言うまでもなく、秘密を打ち明けることである。ただ、日常の他愛もない会話の中では、「異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車は難しい

 自転車が加害者となる死亡事故で、4700万円の賠償命令が下された件について報じられた。ニュースになるほどだから、各方面である種の衝撃をもって受け入れられるような事実なのだろう。最近では自転車の重大事故に重い判決が下されることも珍しくなくなりつつあるが、一般に自転車事故と言うと軽く見られがちだし、私もそういった感覚はある。しかし、相手を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット社会の個人情報開示

 若人に大人気のメッセンジャーアプリ「LINE」。ポコパンやってる私のスマホにも入っているが、これを使って友達を増やそうとか言うのには全く消極的なので、友だち自動追加のチェックは外しているし、友だちへの追加も許可していない。昨日、1年半ぶりくらいで友だちデータの同期を行なってみたところ、電話帳にデータの残っていた昔の会社の同期の名前が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大都会】名古屋のあったか鳥鍋をせめて熱く語る

 職場の人に誘われ、現在久屋大通公園で行われている社会実験「あったか鳥鍋 だんらん」に行ってみた。その実態は公園に仮設テントを立てて、そこで飲んだり食べたりができるというイベントである。夏にビアガーデンっぽいことをやっていたことの冬版と言って良いだろう。市長肝いりの減税により税収が減る中、公園を使って地域の賑わいを創出すると共に、増収を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐の週末

 この週末、夏の初めにふいになった金川城と、昨年秋の攻略に失敗した若山城を取りに行くつもりでいたのだけれど、周知の通り、九州から中国地方西部に台風が接近していたため、計画を見合わせることになった。実際には、わりと早い段階で台風は温帯低気圧になったようだが、金曜から土曜にかけて大雨が降ったことに変わりはなさそうである。特に山口県は、この夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来た道と行く道

 もはや旬も過ぎた話題だが、アルバイト店員が悪ふざけ写真をツイッターにアップし、問題になった件は意外に大きな反響があったようだ。一部には、不祥事のあった店舗をたたみ、億単位にもなるというその損害賠償をアルバイトに請求した会社もあるという。騒ぎを起こした張本人にしてみれば、軽い気持ちで起こした愚行のせいで、高い授業料を支払うことになったわ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鬼籍の人

 この2日ほど、どういうわけか恍惚の人読書感想文へのトラフィックが増加していた。久しぶりにこの記事を読んでいて気がついたのだが、感想文を書いている時点では、まだ片方の祖父が存命だったようだ。何しろ8年前の話である。前回の主題からは外れていた明治末年生まれの祖父の方だが、記事を書いてから3年ほど経ったころに亡くなった。大往生だった。折りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳人の運命

 日本テレビ系列で平日朝から絶賛放送中の「ZIP!」は、朝から美女が何気に一杯出てくる豪勢な番組である。以前は佐々木もよこさんとか宮崎瑠依さんとかに入れあげていたのだが、最近はチューモークの子・高山璃奈さんに注目していたりする。今朝はさらに、名前の漢字が難しい曽田茉莉絵さんが良くがんばっていたので、「要潤 皇潤」を検索するような感覚で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星になったゴウト

 この一ヶ月ほどをかけて、「葛葉ライドウ対超力兵団」をクリアした。デビルサマナーシリーズに連なる一作だが、ぶっ飛んだタイトルと、登場悪魔の少なさ、さらに私のお気に入りであるシヴァが登場しないことなど、マイナス要因が多かったため、最近まで手が伸びず、発売から五年越しのクリアとなったものだ。とは言え、隠しボス的扱いであったベルゼブブを先に倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チープインパクト

 ネットでは少し前から、「キン肉マン」の作者であるゆでたまごの一人が、吉野家の不義理を「ツイッター」上で暴露して話題になっている。騒いでいるのは主に、キン肉マン世代で、かつ吉野家を利用しているおっさん層だと思うのだが、私もご多分に漏れず、吉野家を愛好するキン肉マン世代のおっさんである。もっとも、日常生活で頻繁に吉野家を利用するというより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キラキラ星ヶ丘

 仕事終りに星が丘を通って家に帰った。この時期の星ヶ丘界隈はイルミネーションでキラキラしている。イルミネーションだけなら、名古屋駅にも栄駅にもあるが、星ヶ丘のそれはちょっと趣が異なっている。仰々しく飾り立てた感がないというか、控えめで上品な感じがする。都会の雑踏の中にあるのではないから、そのように感じるのかもしれない。  星ヶ丘は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレ伝説・パチンコ店の場合

 大阪でパチンコ屋が放火され、客や従業員が巻き添えになって死亡した。で、漫然とそれに関する掲示板の書き込みやらブログやらを読んでいたら、ちょっと気になるうわさを見かけた。「表沙汰にされていないが、パチンコ屋のトイレで自殺する人は非常に多い」のだそうだ。パチンコ叩きの流れの中で出てきた話である。  私はパチンコが嫌いだ。以前にも書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナリオのあるドラマ

 週刊文春に「ホリイのずんずん調査」あれば、週刊新潮に「見ずにすませるワイドショー」と言うコラムがある。ちなみに前回、「ホリイのずんずん調査」を「文芸春秋の…」とか書いていたが、あれは週刊文春の誤りだ。まあそれはいいとして、「見ずにすませる」の2009年4月2日号分に、ちょっと気になる話が載っていた。コラム全体から見れば瑣末な話題ではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっかくだから地方の実情に思いをいたしてみる

 拙ブログでも時折ネタにする文芸春秋の連載コラム「ホリイのずんずん調査」、近刊では非常にタイムリーなことに九州の県庁所在地駅の都会度ランキングをやっていた。筆者堀井氏は、博多→熊本→鹿児島中央→宮崎→大分→という感じで、私が回ったのとまさしく同じルートで九州を一周し、各地の駅についての感想をまとめたようである。注目すべきそのランキングは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古人曰く「うわさを信じちゃいけないよ」

 今週後半にちょっとしたニュースになった出来事として、お笑い芸人スマイリーキクチ氏のブログを炎上させたかどで、警視庁が特に悪質だった者18人の刑事責任を追及する方針を打ち出したというものがあった。それだけならことさらこのブログで取り上げる理由はないのだけれど、一連の動きの背景には、ネット上で古くから燻っていたあるうわさが存在している。実…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインの声を聞く1月の末に

 小魚みたいなネタなので、昨日のエントリーに紛れ込ませとけばよかったのだが、懐かしい噂話を久しぶりで耳にしたので書き残しておく。私が子供の頃、ビックリマンチョコと言うのが大層流行った。もちろん、チョコ自体が特別おいしかったと言うわけでもなくて、おまけでついていた天使VS悪魔シールが当時の男の子の間で大変な人気を博したためである。最近の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more