アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ディープ・ダンジョン〜夕庵〜
ブログ紹介
方向性の定まらない、愚にもつかないサイトを開設しています。
メインサイトからお越しの方、「ブログはやらない」とか言っていたのにすみません。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
まとめサイトの文章
 ちょっと唐突な印象は否めないが、まとめサイトがにわかに問題になっているらしい。一口にまとめサイトと言っても、素人が趣味の範囲で作っているものから、いちおうどこかしらの企業名が前に出る形で編集されているものまで、その裾野は広いけれど、今回はDeNAのそれが騒動の渦中にあるようだ。要するに、他人の意見の引用というより、剽窃・改変に近いことをやってのけたらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/08 21:58
道の先バスは走る
 年末年始の帰省時に、三河の山に登ろうと思う。基本的には気候温暖で、降雪も少ない三河ではあるけれど、いわゆる奥三河まで行くとその限りではないので、的にするのは東三河の低山である。特に目先を変えて渥美半島の山が良いなあと思って、大山(おおやま)を狙ってみることにした。問題は、現地までの足があるかどうかよく分からないところで、頼みの綱となりそうな豊鉄バスのホームページに行ってみた所、所期の目的以外の物に目が止った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/07 22:21
君の那覇・序
 気が付けば沖縄行が来週に迫っている。沖縄に行くとなれば、グスクを拾い集めることと、沖縄戦の戦績を辿ることの二つはどうあっても外せないと思うのだけれど、沖縄勉強は遅々として進まない。何と言っても沖縄には琉球国としての歴史があり、普通に日本史として倣う範囲の内容に地域補正を加えれば済むようなものではなく、一から勉強しなければならないので、どうしたって手ごわくなる。結局、行こうと思う場所にちなむ歴史を予習して行くのが精いっぱいになりそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/04 21:28
紅葉狩
紅葉狩  タイミングが良いのか悪いのか、名古屋市が全国の主要8都市(札幌、東京23区、横浜、京都、大阪、神戸、福岡)のうち、行ってみたい都市の最下位にランクされたというニュースが流れていた。結果自体は至極真っ当なものだと思う。よく分からないのは、ネットでその詳細を後追いしようと思っても、調査自体が夏場に行われたものと言う情報しかヒットしないことで、それがなぜ今になって報じられたのかと言う部分だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/29 22:00
京は燃えているか
京は燃えているか  よく言われるように、京都は夏暑く冬寒い。気候が落ち着く春と秋は観光好適のシーズンと言える。が、秋は、好適過ぎて夥しい数の観光客が集まってくる。酷いことになる一因は紅葉にあると言っても過言ではないだろう。ホント秋の京都は地獄だぜ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/28 21:43
山登ってみよう【京都一周トレイル・伏見・深草ルート】
山登ってみよう【京都一周トレイル・伏見・深草ルート】  京都一周トレイルは、盆地の町・京都を取り囲む山につけられたハイキングコースだ…と始めるのも久しぶりな気がする。と言うより、二度とこの書き出しを使うことはないだろうと思っていた。京都一周トレイルの歩行は、昨年初夏に西山コースを歩き切って、いちおうの完結は見ている。京北コース、あとは自己満足でしかない「南平地コース」もいつかやろうと思ってはいるが、いずれも真正の一周トレイルとは言い難い。しかし私の踏破から少し後の2015年10月に、東山コースからひげ根のような、伏見・深草ルートが延びた。ならば、歩... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 10:07
ミッドナイトプレジャー
 今日のブラタモリは、知床がテーマの回だった。世界自然遺産に登録され、文字通り手つかずの自然が残る北海道の秘境、知床。我が終生の宿敵と言っても良いだろうクマの、そのうちでも最強の一派であるヒグマが数多く生息する地域だ。夏の大冒険が思い出される。そして、次いで思い出されるのが、やっぱり未知の領域を舞台にする、刻々と迫りつつある沖縄旅だ。飛行機と宿は予約したので、柱となる部分はすでに出来上がっていると言って良いが、実はその先を詰めていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/19 23:37
魔性の残り火・羅城門の跡に行く
魔性の残り火・羅城門の跡に行く  羅城門とか羅生門とか言われるものは、平安京の大門のことだ。都の外からこの門をくぐると、その先は朱雀大路になっていて、ついには宮城に至る。つまりは都を左京と右京に断ち割る通の入口と言うことになる。その東西には、東寺と西寺と言う大寺院を配していたと言われるが、西寺は早い時期に廃れ、現在まで残るのは東寺のみだ。しかしこの東寺が、現在の京都で見ると、東と言うよりは西に寄った位置にある。そもそも、二つの寺院を結ぶ線に正中するはずの京都御所よりも西にある。京の都は早くから西側が廃れ、東に伸張して行った証だ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/14 21:41
見ようよ!人ごみ
見ようよ!人ごみ  近場でぐでんぐでんに疲れようと思い、伊勢神から明智に向かって歩く東海自然歩道恵那コースの歩行を思い立ったのだけれど、当日になって朝寝したい欲望にどうしても勝てず、半ば確信犯的に寝坊した。目が覚めたら8時半。どうあっても当初の計画は実現できそうにないが、何となく香嵐渓まで行くだけは行ってみた。紅葉の時期の香嵐渓は鬼門である。しかし、思ったほどには渋滞もしていなかった。最盛期にはもう少し早かったせいだろう。本当の見ごろは来週半ばあたりに来そうな気がする。来週末では、下手すれば散り始めなのかも知れな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/13 22:08
ドクトリン・ダーク
 アメリカ大統領選挙は、トランプさんが勝利し、本国アメリカを中心にえらい騒ぎになっているようである。かくいう私も、過去これほど他国の大統領選挙に関心を示したことは無いような気がする。よく分からないのだが、アメリカ合衆国大統領の場合は解職請求が制度化されていないのか、ネットで見ていてもよほどのことが無い限り約束された任期を走りきることになるという説明が多い。そんな仕組みの中で、あれだけアクの強そうな人が勝ってしまったのでは、なんぼ正当な選挙の結果とはいえデモだなんだと騒乱の火種が尽きないわけだ。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/10 22:12
秘された御土居
秘された御土居  実を言うと今回の京都行では多少紅葉を期待していたのだけれど、どうやらそうも行かなさそうだというのは、京都盆地より多少涼しそうなイメージのある鞍馬界隈や、三尾のもみじの類が丸っきり青葉のままだと分かった段階で予感していた。しかしその一方で、11月に入るや各地で「紅葉」と銘打った季節ものの行事が行われているのも事実で、それは京都にもある。例えば北野天満宮のもみじ苑公開がそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/08 21:53
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・貴船口〜高雄・後編】
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・貴船口〜高雄・後編】  11:58、鷹峯の交差点に到着。住宅地の一画の、広くもない交差点である。東海自然歩道の指導標も一応は立っているが、その実歩行者が歩くところはみなし歩道程度のものでしかない。そんなところにバス停があり、そこにだけ多くの人が集まっている。その様に、マイナーながらこの周辺が観光地であることが思い出される。もっとも、京都駅前から鷹ヶ峯をダイレクトに目指せる路線はない。のみならず、四条河原町や三条京阪前ともつながっていない。二条駅や四条大宮駅、あるいは北大路バスターミナルから目指すしかないという観光客泣... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/07 21:32
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・貴船口〜高雄・前編】
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・貴船口〜高雄・前編】  いよいよ、東海自然歩道本線の京都府区間を終わらせる時が来た。最後に残ったのは、貴船口から槇ノ尾までの区間だ。京都一周トレイルの北山コース西部と兼用の歩行記で済ませようと考えていた時期もあったが、その後本格的に東海自然歩道の旅を始めたので、取り残しのこの区間に再挑戦することにした。言い方を変えれば、そんないきさつがなければわざわざ歩こうとしなかった程度には、魅力が薄い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/06 20:27
魔性の残り火・将門公に会いに行く
魔性の残り火・将門公に会いに行く  神田明神は、「江戸の総氏神」などと言われる。東国で新皇を名乗り、ついには敗れた平将門の首は、都に運ばれ晒されたが、その首は故郷を目指して飛び帰り、ついに力尽きて墜落したのが現在の東京大手町の将門塚のあたりだと言われている。一昔前だとオカルトスポットとしての扱いが専らだったような気がするが、現在はそうした風潮の後押しも受け、パワースポットと言われることが多いようだ。下地には、もともと平将門が関東周辺の人々の、畏敬と言うか尊崇を集めていたことがあるような気がする。神田明神の存在は、それを伝統的に証... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/05 23:10
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・熊〜秋葉山〜犬居城・後編】
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・熊〜秋葉山〜犬居城・後編】  天竜川左岸に渡った時点で12:05。歩き始めから約3時間が経過していることになる。消耗と言うほどに消耗はしていないが、ここから700m以上の山登りが始まる。休憩に適したところはなかったけれど、いよいよ山に向かっていくと言う階段の登り口に、簡易なベンチのようなものを見つけたので、座って人心地着いた。体力が十分にある状態なら、1時間で600mほどは登れる。今このコンディションで700mの登りとなると、1時間半で山頂付近の秋葉神社上社まで行ければ御の字か。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/02 22:18
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・熊〜秋葉山〜犬居城・前編】
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・熊〜秋葉山〜犬居城・前編】  とうとう新幹線を使うことになってしまった。東海自然歩道歩行東部セクションは、長らくほったらかしにしていた熊からの区間に着手することにしたが、隣県であるにも関わらず、浜松の山奥は遠い。歩行時間を確保しようとなると、朝一番のひかりに乗って浜松駅下車、そこから遠鉄に乗って終点の西鹿島駅下車、さらに同じ遠鉄バス秋葉線のくんま水車の里まで移動しなければならない。バスの発車まで若干の待ちがあったとは言え、家を出てから約3時間を要している。次の区間はもっと厳しいことになり、多分浜松前泊も考えなければならない... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/02 22:11
レザレクション
 明日はハロウィンだが平日なので、代わりに昨日・今日などは、思い思いのコスプレをした少年少女らを街でよく見かけた。日本の場合、USJに倣ってゾンビの扮装をするのが流行っているのだそうだが、良識ある大人として、若者たちが間違った方向に進もうとしているのなら、それを正す必要はあると考える。あえて指摘せねばなるまい。「諸君らがしているのはゾンビのコスプレではなく、怪我している人の真似である」と。本来ゾンビとは、もっと生気がなく、代わりに腐肉感があるべきものなのだ。それをうまく表現できないのは若さゆえか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/30 20:14
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・紫香楽宮跡〜太神山〜石山寺・後編】
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・紫香楽宮跡〜太神山〜石山寺・後編】  路傍にあった指導標に従い、先に進む。歩道のない、片側一車線対面通行の道だ。交通量は多くはないが、それでもごく当たり前に車が通り過ぎて行く。田舎道ではあるけれど、自然歩道感は希薄である。11:20、移築古民家風の建物のある秀明自然農法しがらきの里の前を通過。何だか気になる施設ではあるけれど、新興宗教色のようなものを感じ、近づきがたい。さらに20分ほど歩いて三筋の滝に到着。近くには路傍休憩所もある。間もなく、今日唯一の山登りとなるであろう太神山への登りが始まる。正午も近いし、ここで一息を着く。 ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/27 21:21
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・紫香楽宮跡〜太神山〜石山寺・前編】
山登ってみよう【縦走東海自然歩道・紫香楽宮跡〜太神山〜石山寺・前編】  ついに鈴鹿峠を通過した東海自然歩道旅だけれど、滋賀県進入のための山場としては、その先に控える加太越えが本番である。が、その加太越えは荒廃し、現在通行止めの状態となっていると判明したのが1週間足らず前の話。追加調査をしてみると、その次に歩くつもりだった余野公園から紫香楽宮跡の区間も状態が良くないのだそうだ。これまでは順繰りに歩くのを基本にしてきたけれど、現地を歩いてみて括りがおかしくなるのを警戒していたというのが多分にある。けれど、西側完歩はもうおおよそ目途が立った。紫香楽宮跡から先、石山寺まで... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/26 21:42
からくりサービス
からくりサービス  飛騨古川駅で次の列車を少し待ち、高山へ。鈍行で名古屋まで戻ろうとする場合、次は普通の美濃太田行に乗り継がなければならないが、高山駅で2時間以上の待ちが発生する。どうしたって高山市内観光をすることになる。高山駅は、最近改修工事が終わった。ホームの見栄えは変わらないが、自由通路を備えるようになったのをはじめ、面目を一新した駅舎に上がった。旧市街に面しているのは東口の方だが、乗鞍口と言う通称がつけられているようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/24 20:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

ディープ・ダンジョン〜夕庵〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる