ディープ・ダンジョン〜夕庵〜

アクセスカウンタ

zoom RSS たとえばこんな聖地巡礼

<<   作成日時 : 2017/07/11 22:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 遅ればせながら「ゴールデンカムイ」に手を伸ばす。面白い。ギャグマンガとして始まったものがいつの間にやらバトル路線にシフトしていくのが週刊少年ジャンプにありがちな展開なのだが、ヤングジャンプともなるとシリアス路線で始まってギャグ寄りにシフトしていくらしい。まあこの漫画の場合、単純にバトル漫画とは言い難く、公式には「和風闇鍋ウエスタン」ということになっている。

 北海道に行きたいなあと思う。もちろん、漫画の舞台となっている日露戦争直後の北海道と平成北海道とではまったく事情が異なるのだけれど、それでも杉元やアシパさんの冒険の舞台となった北海道を放浪したい思いはやまない。作中で物語の舞台となった地名は、漫画とは無関係に興味のあった鰊御殿や鰊番屋もある小樽、殺人ホテルのあった札幌…の手稲山口バッタ塚、江渡貝くんが剥製を作っていた夕張、樺戸集治監のあった月形町、北鎮部隊の拠点である旭川、これまでのところ最終目的地となりそうな網走ほか。札幌と網走を結び小樽をプラスアルファして旅したい。ただ、この順に進むよりは女満別をスタートに網走→小樽と進んだ方が何かと都合が良さそうなので、そこだけは妥協のしどころなのかもしれない。また、夕張は鉄道移動を考えた場合に経路から外れそうでもある。何となく、まあ、主たる舞台ではないので切りどころかもしれない。

 あと、さすがにその辺の野生動物を捕まえてヒンナヒンナすることも難しいと思われるので、食に関しては札幌で食べてもいいオソマや、食べてもいいオソマのラーメンを食べるくらいで我慢するしかないのだろう。ただ、チタタプまでは望まないにせよ、オハウやルイべは意外と今の北海道でも簡単に食べられるようだ。

 北海道ではまだ開拓の村や白老のアイヌ民族博物館などが宿題のままになっているし、のぼりべつクマ牧場なんかも、ヒグマが良く出るこの漫画にちなんで足を運んでおきたいところ。北海道は一度旅したところで全域を見て回ることなどできはしないのだけれど、同時にそうそう行ける場所ではない。その気があれば、この夏もう一度北海道に行くことだって考えられなくもないのかもしれないが、夏は東北に行くつもりで心を決めてしまっているし、秋から冬にかけては寒そうだ。冬に行くなら沖縄だろうななどとは思っても、ゴールデンカムイ聖地巡礼はまだまだ先のことになりそうである。


ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社
2015-02-19
野田サトル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たとえばこんな聖地巡礼 ディープ・ダンジョン〜夕庵〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる