バカな暇人のブログ

 雑誌書評で評判の良かった「ウェブはバカと暇人のもの」を購入。一銭の得にもならないのに(まあアフィリエイトの目はあるが)、あんなサイトを作り、こんなブログを書き、なおも新たなサイトの構築に血道を上げる私は間違いなくバカで暇人だから、異様に説得力を感じるタイトルだ。

 それはさておき、挑発的なタイトルである。前半部分はネット世論とでも言うべきもの特徴、すなはちネットヘビーユーザー(≒ネット上で声の大きい人たち)の習性を的確にまとめている。なかなかクールな印象だ。中盤以降に入ると、挿話的に筆者の実体験に基づくウェブマーケティングの話が取り上げられるようになり、私などではもう一つ実感を伴わなくなってくるし、終盤ではビジネスの場で自説がいまいち認められないことに対する筆者の鬱憤晴らしのような話も散見されるようになってきて、相対的に前半ほどの切れ味も感じられなくなってくるのだが、頭の方を読んでみて、自分が悪し様に言われていると感じない人であれば、一度読んでみると良いかもしれない。

 通読してみた印象から著者は、本のタイトルどおりに、ネットを頻繁に利用するのは、日本人の中でも比較的限られた範囲の人たちであると想定していると思われる。そこは私も同感である。「ネットを頻繁に利用」というのは、さしずめ仕事や日常の調べ物や買い物の範囲を大きく超え、ネットサーフィンを生活の一部にしてしまっているレベルか。そういう人たちが概ねどういう人種で、どういった行動パターン、どういう思考形態を持っているかを指摘しているという点において、この同書はいわゆるネットロアの特性を考察するのにはかなり有用だと思われる。私が特に注目したのは、要するにこの点である。

 もっとも、幼少のころからネットがあるのが当たり前の生活をしてきた若年層に限れば、ネットに向かう動機も大人とは違っているだろうし、したがって誰もが日常の一部として頻繁にネットを利用し、そのため誰もがネットの話題をネット以外で共有でき、ネットと現実の世間話の境界は曖昧で大きな相違がないなど、かなり事情が違うことも考えられる。


ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
光文社
中川淳一郎

ユーザレビュー:
わざわざこの本を読む ...
ネットは発想を均一化 ...
ネットのバカども完全 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック