京都の真ん中へ

 旅の記録はできるだけ残しておきたいと思う。18きっぷ消化旅行とか、よっぽどどうでもいいようなのはともかく、この間の沖縄旅行みたいな大冒険は、記憶が鮮明なうちにあらかた書き残しておきたい。その結果、大労作が出来上がったが、しばらくがっつりブログを書こうと言う気にはならなさそうだ。それに、読み返す日が来るのは当分先の話になるだろう。と言うか、通しで読むとこ一時間かかる代物になってしまった。

 北海道旅行の時もそうだったけれど、大作主義的旅行の後は、やっぱり質素な18きっぷ旅に出かけたくなる。方針は、もう決まっている。今度の週末に喰種買付若狭周り京都旅行と紀伊半島周回旅行、年が改まったら箱根+鎌倉+東京旅行。

 紀伊半島旅行は、新宮城、補陀落山寺、淡島神社と大坂夏の陣狙い。ちょうどこの文章を書いている時、「真田丸」をやっていたので。「江」の出来に深く傷ついて以来、大河ドラマの視聴習慣はなく、日曜の夜8時はもっぱら「イッテQ」を見ていたのだが、先々週滞在した沖縄には日テレ系の局がなく、昨日はサッカーを中継していたので、二週連続でNHKに流れた程度のものである。大阪市内の関連しそうな史跡とか、信太の森とかその辺りに行ってみるのも良いだろう。社寺のチョイスはいつになく怖い系になってしまった。箱根は伊豆に切り替えるかもしれないが、もう少し研究はしてみる。

 京都は、京の冬の旅と干渉しないところを狙おうと思う。当然の結果かもしれないが、京の冬の旅キャンペーンと関係しないエリアとなると、市内中心部の御所から四条通り辺りまでの地域となる。この周辺で、ずっと気になっている京都市歴史資料館、廬山寺を狙ってみるのもいいし、結局高台寺や六波羅なんかとかぶって来るのだが清水三年坂美術館狙いもいいかもしれない。後は最近、ギオンコーナーも気になり始めている。安くはない施設だが、ここ最近は祇園に入り浸っている者として、一度くらいは行ってみるのもいいだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック