山登ってみよう【五岳山縦走】

 過ぐる、四国の善通寺に行ったとき、その背後に控える山に心惹かれるものがあった。今ではだいぶ観光気分のものになったとは言え、四国には現在もお遍路さんの文化が残っており、もっと言えば弘法太師信仰もいまだ息づいている。弘法大師空海の生家跡に建立された善通寺は、言うまでもなくその核心に当たり、善通寺の裏山は、幼少の日の空海が遊んだとも修行した…
コメント:0

続きを読むread more

アルプス、その後

 年末、ペルソナ4ゴールデン(Steam版)がとてもお得な価格で売られていたので、思わず買ってしまった。1月の余暇のほとんどをペルソナに費やし、約90時間かかったけれど、ようやく1周目が終わったので、本格的に2周目に着手する前に、その後少し検討したアルプス攻めについて、ここまでのまとめを書いておくことにする。  まず、中央アルプス…
コメント:0

続きを読むread more

姫の旅(後編)

 三ケ日まで来ると、豊橋だとか豊川だとかいった地名が目に付き始める。土地勘も十分の地域だ。と同時に、本坂峠に関するあまり気持ちの良くない思い出もよみがえる。本坂峠には国道用のトンネルがあり、それより早く役目を終えた旧道のトンネルもある。峠越えの幹線道路には良くある話で、土木工事の技術進歩に伴い、鞍部を越える徒歩道だったものが、明治~昭和…
コメント:0

続きを読むread more

姫の旅(前編)

 まだ熊野古道伊勢路が完結を見ていない段階だけれど、そろそろあっちも交通費が高くつき始めてきたので、空き時間にもう少しお手軽に歩ける古道はないかと物色した結果、姫街道に行き着いた。姫街道は、東海道の見附宿と御油宿を結ぶ脇往還で、東海道の本線が浜名湖の南側を伸びていくのに対し、北側に延びる。名の由来は、お姫様の利用が多かったからだと言…
コメント:0

続きを読むread more

山登ってみよう【三上山】

 今は昔の平安時代、藤原秀郷という武人がいた。通称を俵藤太。妖魅の類を退治したという言い伝えで知られるが、史実上確かな事績というと、平将門を追討したのがこの人である。将門は、同時代の都人から人外とばかりに恐れられたので、これを討った秀郷が妖魔退治の豪傑と言われるようになったのかもしれない。そんな秀郷にまつわる最も有名な伝説が、近江国…
コメント:0

続きを読むread more

山登ってみよう【データ収集の鳩吹山・継鹿尾山】

 鳩吹山は岐阜県可児市に、継鹿尾山は愛知県犬山市にある山だ。ともに低山で登りやすく、ハイキングには好適である。県こそ違えど隣り合うと言って良いような位置関係の山なので、別個に登られることもあれば縦走されることもある。かくいう私は、東海自然歩道がらみで継鹿尾山の方に登ったこともあるし、それとは関係なしに縦走したこともある。何より名古屋から…
コメント:0

続きを読むread more

夏山を目指して

 例年、年末か年始にそのへんの低山に登っては、新年の的たる高山に狙いをつけるのが慣例となっているけれど、今年は最強クラスのわりには数年に一度程度やってくるレベルというよくわからない寒波が襲来する予報が出ているので、何となく見送ることになりそうな雰囲気だ。ただ、今年登りたい大きな山の選定も終わっているので、今回はいつものようにだらだらと書…
コメント:0

続きを読むread more