テーマ:生活

【大都会】名古屋の駅地下で幻のアウトドアショップを見た

前回までのあらすじ ザイテングラートでずりずりしたらお尻が破れた。  自らの行いに恐怖しているところなのだけれど、9月3連休の八ヶ岳で小屋の予約をしてしまった。首都圏からも近く、それでなくても人気が高いと言われる八ヶ岳のしかも、赤岳鉱泉である。きれいと言われる小屋ながら、野戦病院のような状況に放り込まれることは今度こそ避けられそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨晴間

 雨に煙る福地温泉は、しっとりとした佇まいで、まさに名湯と呼ぶにふさわしい風情を備えていた。これでこそ、わざわざこの地に足を運んだ買いがあったものだ…などと思わなければやってられない。その実は、梅雨の晴れ間を狙って福地山を登りに来たのだが、高山地方に晴れ後曇りの予報が出ていたのに、平湯峠を越えたあたりから小雨がぱらつきだし、福地温泉の温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏山フェスタ

 かねてからの予定通り、今日は夏山フェスタに行ってきた。例年梅雨時の手持無沙汰に冷やかす感じになることが多いのだけれど、今年はそれなりに有益な情報を入手することができたので良かった。ただ、諸般の事情により土日の二日にわたって足を運ぶことになったのはなんとなく間抜けである。セミナーを除けば、出展ブースが変わることはないので、両日様子を覗く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れの梅雨

 梅雨だというのに晴れの日が続く。悪いことではない。いや、盛夏に水不足になる恐れが出てくるので手放しで歓迎はできないのだけれど、やっぱり心のどこかに「雨の日が続くよりは…」と言う感覚がある。もっとも、梅雨入りの頃には雨が降ることに対して諦めの気持ちがあったのも事実なので、今度の週末は遠出する計画を立てていなかった。代わりに、毎年恒例の夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定例・かなでチャレンジ

 毎年のことなのだけれど、この時期には都のかなでというイベントに応募するのが年中行事となっている。10月くらいに上賀茂神社で開かれるクラシックのコンサートのことで、JR東海が催している。本来京都はJR西日本のシマなのだが、この種の対外的に観光客を呼べるイベントごとは東海が力を入れており、西の存在感は希薄な感じがする。  深まる秋を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年ジャンプ的世界

 ゴールデンウィークというのはもともと映画業界の用語らしい。今日は御池岳に行く予定だったのだけれど、寒気が流れ込んでくる関係で天候は不安定、場合により雷雨に見舞われる可能性ありということだったので、ワイスピの新作を見に行ってきた。昨日の金ローで放送された「スカイミッション」は途中で寝落ちしてしまったが、ブルーレイで過去の全7作を見ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大都会】名古屋でPCを買う

 先代機の故障後、旧PCで急場をしのいではいたものの、さすがに辛くなってきたので新しいものを買いに行くことにした。今となってはさほど高性能は必要としていない。使い道となれば基本的にはネットを見てメールを取るくらいのものである。なので、安い機種で十分だろうとたかをくくって市内の主だった店を冷やかしにかかる。    最近は、「丸い緑の名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土は土に、灰は灰に、忌まわしき人形は歯車に

 一昨日、家に帰ってPCを起動しようとしたが、うまくいかなかった。うんともすんとも言わない。電源が入らない。コンセントが抜けているのではないかと思い、プラグ周りをごちゃごちゃといじったのだけれど、状態は改善しない。以前使っていた別機のアダプタを使っても状況に変化はない。電気系統に不具合があるわけでもなさそうで、旧式機の方で二つのアダプタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の国セントレア

 この夏、北海道の奥地まで足を運び、日本国内に残されたフロンティア両翼のうち、片方には肉薄することができた。しかしその一方、未だ全く足を踏み入れたことの無い県が一県だけある。沖縄県だ。鉄道が通じていないので、18きっぷシーズンに同期する必要はないのだけれど、冬のボーナスを原資に沖縄旅に行ってみようかと思い、その足掛かりとするため、中部国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月雨をあつめて早し付喪神

 最果てを目指す北への旅を前にして、カメラが壊れた。今調べてみると、2008年の正月頃から使っているものらしい。思った以上に長い。8年余りも使ったのだから、潮時と言えるのだろう。最近では、スマホやタブレットのカメラ機能も向上している。今後はこれらで代替することも考えたが、取り回しが悪いのと、長旅の中でこれらのデバイスに撮影機材としての役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大都会】名古屋の釣り銭を熱く語る

 私の帰宅時間は、大体決まっている。よほどのことが無い限り、残業などしないからだ。残業するのが偉いのか、しないのが偉いのか、それは未だによく分からないのだけれど、毎日同じような時間帯に家路につくのだから、同じような人と行き会うことになるのも、別に珍しいことではないのだろう。ただそこはそれ、大都会名古屋に暮らす者のことである。東京ほどのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗濯機の逝く日

 そんな調子で、中山道腰抜けハイキングウォーキングは終わりを迎えたのだけれど、その時あれほど恐れていた寒波の到来は、東海地方においてはさほどの被害をもたらさなかった。いや、正確にはこの地方では滅多にない極低温を記録したのだけれど、都市機能がマヒするほどの大雪と言ったものはなかった。今となっては、旧中山道歩き自体は、さほどの問題もなく、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒のその間に無限の色が広がってる

 贈り物を求めて、星が丘テラスにある星が丘LUSH店に行く。テラスに行くこと自体は無いわけではないのだけれど、せいぜい無印良品かユニクロ、ABCマートに行く程度のものだ。LUSHは、その存在こそ知っていたが、まあこの店に行くことは一生ないだろうなと思っていた。そんな店に足を踏み入れることになってしまった。  このアウェイ感はどうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中部ネイチャープロジェクトのこと

 「金とく」のことは、以前に話題にしたことがある。BHKのローカル番組のことだ。中部地方のNHK各局が週替わりで番組を制作し、内容にはほぼ一貫性がなく、各局の地力の差みたいなものが透けて見えて悲しくなることもある。つまり、回によってかなり当たり外れのある番組なのだが、山に登る人の間では、夏場に山のシリーズが放送されることで良く知られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機種変更をする

 今まで使ってきたスマホが、いろんな意味で限界を迎えつつあったので、ついに機種変更した。最近のドコモショップは予約制になっているらしく、マイショップ登録している店舗からのメールもしきりにそのことをPRしていたのだけれど、土日は基本的に予約でいっぱいになっていることが多く、確信犯的に予約なしで店に行ってみたところ、結果として所期の目的は達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暇人の業

 「うしおととら」が深夜帯でアニメ化されたらしい。キー局はTOKYO MX。地方在住者にとっては、テレ東と同義、つまり愛知県だとテレビ愛知で放送されているのだけれど、放送時間がよろしくない。キー局なら金曜の22:30という視聴しやすい時間帯に流されているものが、月曜の26:35から放送されることになる。ここ数年来、録画装置と言うか録画環…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

流れ弾

 京都駅で、たまに「まんが王国とっとり」と書かれた列車が止まっているのを見かける。あれがスーパーはくとなのだろうか。よく分からない。ちなみに気動車である。ラッピング列車と言うにはいささか地味なこの列車、「○○モデル」と言うようなことが書かれている。○○はたぶん、作家名だ。しかしいつも気になるのは、この○○さんをまったく知らないことだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのね、ベイマックスが使えないの

 前回のツムツム記事に書き足しても良かったのだが、ポコパン部が長いところに追記していくと、なんだかわけのわからないことになりそうだったので、別立てにする。その後に引き当てたツム寸評。 ●デイジー  メスのアヒル。  デイジー自身とつなげて一緒に消すことのできる高得点ドナルドを出せる。とは言え、ハピネス基準の高得点なので、結局の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツムツムを始めた

 遅まきながら、周りで「ツムツム」が流行りはじめたので、何となくその不毛なスコア争いに参加する今日この頃である。  LINEゲームの中では、もはや古参の部類に入るこのゲーム、基本的なルールが「ポコパン」とほぼ同じの一筆書きパズルだ。グラフィック、サウンドともツムツムの方が明らかに上を行っていることは別にして、ゲームシステムの根幹は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大都会】名古屋で住むならこんな区は?

 今の場所に引っ越してきて、今年で6年目となる。差し迫って引越しをする必要性には迫られていないが、そろそろ次を考えても良い時期なのかもしれない。といった所で、数か月前からつらつらと次の引っ越し先を考えるための分析を進めてきたのだが、今のまま行ってもものにはならなさそうなので、ここでその書き溜めてきた概論的なものをリリースして、新たな方向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢は枯野を

 京都行の時から気になっていた風邪の症状は、いつまで経っても回復には向かわず、むしろ重症化しながら8月の終わりを迎えてしまった。近くの町医者に行って風邪薬をもらいはするものの、もらえるのはいわゆる風邪薬でしかない。風邪は要するに症候群なので、似たような症状が出ていたとしても人により病原体は千差万別で、その意味で特効薬もなく、確立された治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違う意味で悪霊にとりつかれた男

 最近、伏見界隈の広小路通りを歩いていると、名古屋市科学館のバナー広告が出ている。最近掲出されているのが企画展「ドラゴンボールで科学する」に関するものだ。私は常々、生命体を通して発せられるエネルギーで星を一つ消し飛ばそうとするとどのような化学反応が必要なのかが気になっていたので、そういうものを解明する展示なのかと思ったら、もう少しまっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならヤマトンガー

 名古屋では、週末になると右翼の街宣車が良く走っている。我が家の近くにもやってくる。正直騒々しいことこの上ないのだけれど、デモの類が近所で行われることは少ない。それがどうしたわけか、今日はうちの近くにまでやってきていた。  差別は良くないが、騒ぎ立てるの自体が目的みたいなものだからと諦めがつく街宣車の場合と違い、一応それよりは分別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この一生だけでは辿り着けないとしても

 NHKの中部地方ローカルの番組で「金とく」というのがある。中部地方各局が持ち回りで制作する番組である。実は明確にジャンル分けできるスタイルの番組でもなく、回によってドキュメンタリーだったり、討論みたいなことをしていたり、きつい内容のコントだったりする。が、特に最近評判になっているのが、「やっほー! 日本アルプス」シリーズらしく、これを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿敵

 前回の同ネタからだいぶ時間が経ったが、最近になってようやく「if」のアキラルートをクリアした。もともとの予定では年末あたり、悪い子にしていたハザマ少年のところにサタンさんとして破滅を届けに行く予定だったのに、ブラフマーストラの入手とか仲間メンバーの充実に時間をかけていたため、年をまたぐことになってしまった。最終戦に参加した仲魔は、シヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポイント・オブ・ノー・リターン

前回までのあらすじ  「ZIP!deポン!」の枡アナは味わい深いが、曽田ちゃんやがんばりーなが踊っていないと物足りないと思う。  「ZIP!」で7時半前後に展開されているコーナーでは、水曜の枡カレッジと月曜のきょう検定が双璧だと思う。枡カレは単純に面白いのだけれど、きょう検定は、かの舌禍事件を思い出させる曽田ちゃんの前のめりで何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の蛍

 スタジオジブリがかぐや姫物の映画を公開するとかで、季節はずれに「火垂るの墓」が放送されていた。終戦ムードのない季節はずれの放送だったが為か、今まで気にも留めなかったシーンが気になった。  日テレが繰り返し放送するので、ストーリーはほぼ周知の事実になっているだろうが、この記事の構成の都合上、あらためて簡単になぞっておく。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとなになれなかった中年たちに…

 「if」のレイコルートが終わった。最終的にアタックチームに参加させた仲魔は、ルシファー、シヴァ、イシュタル、ケルベロスだった。スサノオは作らなかった。ルシファー、シヴァがアタッカー、イシュタルが回復役と言う役割分担をしていたため、さらに攻撃一辺倒のスサノオを加えると、補助魔法担当が不在となるためだった。レイコのガーディアンを育てきれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖獣チェフェイ 弱いまま倒すか、強くして倒すか

 女神転生シリーズに概ね共通するシステムとして、敵とのレベル差により獲得経験値が増減すると言う物がある。自分より高レベルの敵からはより多く、低レベルの敵からはより少なく経験値を獲得することになる。従って、LVカンストを狙おうとする際などには、非常に厳しい経験値稼ぎに挑まなければならない。カンスト狙いとまでは行かずとも、道中にとどまって経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでレイコすぐ死んでしまうん?

 というわけで、「真・女神転生if...」をはじめた。選んだパートナーにより、ストーリー展開に差が出てくる本作、すべてにおいてスタンダードとなるユミルート、シナリオが短いせいでラスボス戦突入時のレベルが低くなるため最終盤の難度が高くクリア後が苦めの後味となるチャーリールート、敵首魁の背景が見えると共に重い余韻のあるレイコルート、そして他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more